自己愛性人格障害の被害にあってしまったあなたが次の恋愛で幸せになるうえで気をつけたいこととは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまったあなたが

次の恋愛で幸せになるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

相手に寄り添いすぎる面が

あります。

 

男性に尽くす女性というのは

日本の美徳であったり、

理想の女性だと言われることが

あるのですが、

あまり自分を犠牲にしてまでも

相手に尽くしすぎると

自己愛性人格障害ではなくでも

調子に乗ってしまう男性も

多くみえます。

 

付き合いだしたばかりのころは

相手に尽くすことによって

いい子だな、と思われたり

感謝されたりということも

あるのですが、

だんだんとあなたの優しさに

無意識のうちに

甘えてしまうようになります。

 

そしてそれも時間がたち

お付き合いが

どんどん進んでしまうと

それが当たり前になってしまい

感謝すらされなくなってしまい

やっていないと逆に

「やっておいてよ!」などと

怒られたりして

あなたが大切に

扱われなくなります。

 

 

一度、自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまった女の子は

ただでさえ

とても長い時間、無駄にしていると

思いますので

次の恋愛はできるだけ早く

いい人をつかんでほしいと

思います。

 

まず、あなたの自己肯定感が低いと

こんな自分が

付き合ってもらえるなんてと

それだけで感謝してしまい、

少しくらいひどい扱いを

受けたとしても

我慢してしまったり

彼を怒らせないように

あなたの方ばかりが努力するように

なってしまいます。

 

 

ですので、次は

彼の方もあなたのために

同じくらい寄り添ってくれているか

よく見たほうがいいと思います。

 

本来男性は、女の子に頼られると

自分がそれだけ頼りがいがあると

思われていると思い

自尊心を上げて満足する

生き物です。

 

 

もちろん自己愛性人格障害のひとも

自尊心を上げてくれる人は

好きですから

尊敬してもらったり

自分が頼りがいがある男性だと

女の子に思われていることに

関しては

とても満足するのですが

それでも、

自己愛性人格障害のひとは

そんな女の子も自分よりも上に

立ちそうになると

全力でつぶしたくなります。

 

あなたにそんな気がなくても

たとえばあなたに得意なことが

あったり

彼が好きなあなたの魅力にですら

やきもちを妬くようになります。

 

 

だからあなたが次に

男性を選ぶときは

あなたが彼を認めたり、

彼の魅力に惹かれることも

もちろん大事なのですが、

彼もあなたのことを認めてくれたり

いつまでもあなたの魅力を

喜んでくれるか

きちんと見てください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の彼女が魅力的になるだけでも

(例えば美容院に行くとか

新しい洋服を買うなど)

やきもちを妬いて

つぶしたくなります。

 

 

Tiaraの経験で言うと

いくらTiaraがおしゃれをしても

新しい靴を買っても

「あ、新しいの買ったね!」などと

褒めてくれたことがありません。

 

彼自身もおしゃれな人だったので

そういうところに

目がいかないはずはないと

思ったので

少し変だなとは思ったのですが

恥ずかしくて言えないのかな?

などど勝手にいい方向に

考えてしまっていました。

 

ちなみに

恥ずかしくて

褒められないタイプでも

ありません。

 

映画のワンシーンのようなセリフも

さらっとさりげなく

なんの照れもなく言える人です。

 

自己愛性人格障害のひとには

こういった人が多いのですが。

 

もしくは顔を赤らめて

「可愛いね。」

と言ったりするタイプも

いるようですが

共通して言えるのは

だんだんとそういった

誉め言葉を言わなくなることです。

 

これは普通の男性と

お付き合いをしていても

付き合いが長くなると共に

あることだとは思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

本当に全く徹底して

言わなくなるのです。

 

言うとしたら

あなたが離れていきそうだと

予感したときや

別れるまで行かないとしても

あなたの方が

少し冷めてきてしまったときに

(いわゆるマンネリ化したときなど)

いうことがありますが、

基本はディスってからかったり

何も言わなくなることが多いです。

 

普通の彼の場合、

マンネリ化して、

だんだん言わなくなったとしても

ふとした時に

「あれ?これ可愛いね!」と

ほんとにたま~に言うことは

あるのです。

 

とにかく普通の男性は

いい時も悪い時も自然です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

気づくとどんな時も

不自然にあなたの気持ちを

不安にするような

行動や表情をするのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

普通の人の違いが分かるようになると

明確に違うということが

分かるのですが

これも感覚的なものなので

言葉で表現するのは

少し難しいです。

 

ですが、一度

自己愛性人格障害の被害に

遭ったあなたなら

ある程度は見分けがつくでしょう。

 

次にあなたがパートナーを

選ぶときは

あなたが彼といて

自然にふるまえるかを

常に意識してください。

 

あなたの方が彼に気を使って

前もって不安を隠したり

言いたいことが言えなかったり

なぜか彼が不自然に機嫌が

悪くなる機会が多いと

感じたときは

彼はあなたの気持ちを

大事にしていないかもしれません。

 

普通の男性は好きな子が

無意味に不安になったり

けんかになりそうになる原因を

避けようとします。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたが不安になるような

要素をちらつかせ

あなたが普通でいられなくして

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

本当に他人の気持ちは

どうでもいいので

どれだけ傷つこうが

どんだけみじめになろうが

まったく気にかけないのです。

 

むしろあなたが

みじめな気持ちになればなるほど

高揚して興奮するので

こういった男性と一緒にいることは

あなた自身を不幸にしてしまうと

自覚し

あなたの心を

大切にしてくれる人を選び

あなたのそばに置いてください。

 

あなたの気持ちを

大切にしてくれる人が

あなたがそばにいるべき

パートナーなのです。

 

優しい人ほど

自分を大切にしてくれる人を

選ばないといけないということを

頭に叩き込んでおいてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください