モラハラの被害を受け続けている人は、だんだんと他人に対して攻撃的になっていく


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラの被害を受け続けている人は

だんだんと他人に対して攻撃的になっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

モラハラの被害を常に受け続けていると

だんだんとあなたの方が

ストレスが溜まっていき

自分でも気づかないうちに

自己愛性人格障害のひとではない

関係のない他人に

だんだんと攻撃的になっていきます。

彼からは嫌われてしまうのが怖いので

彼に逆らうことができないのですが

その分どんどんあなたの中に

フラストレーションがどんどんたまっていき

だんだんと日常的に

イライラするようになります。

自己愛性人格障害のひとから向けられる

攻撃が理不尽なものだとなんとなく分かっていても

自分のほうにそういう態度に出られる理由に

納得ができていないので

少しづつイライラするようになるのです。

そして、その怒りをあなたはなぜか

自己愛性人格障害のひとには

その怒りを向けられないので

なんとなく日常的にあなたは

イライラをおなかの中に変えやすくなるのです。

これは、あなたが

普通のひとよりも優しいために

我慢してしまうため

そのせいで余計にイライラが

たまってしまうのです。

それでも自己愛性人格障害のひとは

容赦なくあなたを攻撃してきますから

あなたはだんだんと怒りが

爆発しそうになってくるまで

あなたを攻撃することをやめません。

自己愛性人格障害のひとは

いくらあなたが優しくても

どれだけでも限度なく

落ち込ませるようなことを言ったり

あなたの自尊心や品格を

損ねるようなことを言ったりするのです。

そのままあなたが我慢をし続けてしまうと

自己愛性人格障害のひとだけでなく

あなたに優しくしてくれた人たちにまで

あなたは攻撃的になってしまうので

だんだんとあなたから人が離れてしまいます。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

あまりにも彼にイライラするために

攻撃てきになってしまったという人は

ごくたまにお見えになります。

でも、その中でも

別れた彼に怒りをぶつけることができた人は

まだ自尊心を失ってはいないので

彼が自己愛性人格障害だと気付いた後は

意外とさっぱりとしているのです。

自己愛性人格障害の彼とは離れたくないあなたは

あなたのことを分かってくれる人に

あなたのその怒りをぶつけてしまうのです。

自己愛性人格障害の被害にずっと遭い続けてしまうと

あなたの心がどんどんすさんでいきます。

あなたは本来普通のひとよりも優しいのに

あなたが攻撃的になってしまっては

誰もあなたのことを

救ってあげることができないのです。

こうなってしまうと

被害者のほうが

だんだんと魅力を

失っていってしまうのです。

我慢できないときは

黙っていてもいいことは何一つないでしょう。

かといって面と向かって注意してしまうと

今度は自己愛性人格障害のひとから

敵認識されてしまいますから

本当に怖い目に遭ってしまうのです。

あなたは

自己愛性人格障害のひとのために

輝きを失ってしまうのです。

もう少し早く

あなたは自分が傷ついていると

考えるべきなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする