恋愛依存症について

こんにちは♡

今日は、恋愛依存についてお話していきたいと思います。

Tiaraも恋愛依存症だったのか、自分ではよくわからないのですが、

今までは、ほとんど恋をしていない時期は

ありませんでした。

 

とはいえ、必死になって探す、ということはしたことがなく

まあ、言ってしまえば人と仲良くなりやすいタイプだと思います。

 

でも、いったん恋が始まると

その人しか見えなくなってしまうので

それは盲目的にその人のいいところを

無意識に探し出し、そして認めていきます。

 

誰でもいいところも悪いところもありますので

悪いところはあまり気にしないようにしているというか、

こんないいところがあるんだから、と

多少の欠点には目をつむってしまいます。

普通だったらこれが良いことのように思えるんですが、

自己愛性人格障害の人には

これがダメだったわけですね。。。

 

恋愛依存の人や、共依存の人というのは、

相手から離れていかれることに

非常に恐怖心を持っていますので

全力で努力して、その人に認めてもらおうとします。

 

それはいいことなんですけど、

自分の気持ちをおろそかにしてしまってはダメです。

 

あなたは大事にされるべき存在なんです。

 

人はだれしも幸せになるために生まれてきています。

誰かのために一生懸命になることは

とても素晴らしいことだと思います。

 

でも、あなたも

その誰かに一生懸命になってもらえていますか?

恋愛依存もすごく素敵なことだと思うのですが、

一方的では、

あなたがすごくかわいそうだとは思いませんか?

 

せっかく生まれてきたのですから、

あなたも幸せになってくださいね。

 

幸せになる、といっても恋愛だけではありません。

 

幸せになる方法は世の中にいっぱいあると思いませんか?

それでもその幸せになることを

誰かと一緒に体験したいのでしたら

まず、あなたが幸せになれる恋愛をしましょう。

 

 

お互いに認め合って助け合い、思いやり合うのが

恋人同士です。

あなたに辛い思いをさせる人はあなたのパートナーではありません。

 

そこのところ、よく考えてくださいね。

あなたのことを本当に大切にしてくれるパートナーに出会うために

あなたがあなた自身を

一番大切にしてあげてくださいね。

 

そうすると、不思議なことに周りの人も

あなたを大事にし始めます。

 

あなたは一番大事な人を大切にしていないのです。

あなたが幸せじゃないと

あなたは誰も幸せにすることができません

 

幸せな恋愛をするためには、

まず、自分自身をいたわって幸せにしてあげないと

誰もあなたのことを幸せにすることはできないのです。

 

 

あなたが幸せになるとあなた自身も

気持ちに余裕ができて、ほかの人を幸せにすることができるのです。

 

我慢の上に成り立つ幸せなんてありません。

特に、日本には昔ながらの伝統で

我慢強いほうが美徳とされていますが、

もうそろそろそういう風習はやめにしませんか?

 

加害者と被害者が、あべこべの世界が、まかり通るような世の中は

もうそろそろ間違っていることに気づかなければ

いけないときが来ているような気がします。

 

まず、あなた自身の心の目で

相手のことをよく見るようにしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください