別れた後に彼から恨まれていないか心配なあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れた後、彼から恨まれていないか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは、あなたの彼が、もし

自己愛性人格障害だった場合、

別れるのが、一番良い方法だということを

話していると思います。

 

Tiara自身、

自己愛性人格障害の彼と別れています。

 

別れた後は、本当に苦しいと思います。

彼が怖くて、夜逃げ同然に逃げてきた人でも

自己愛性人格障害の彼を、

しばらく忘れることはできません。

 

それは、あまりにも理解しがたい事実と

経験したことのないような恐怖、

それに加え、こんなにも人を愛し、

愛されたことがない、という思いまで様々です。

Tiaraも別れると決意してからも

心がついていかず、

でも、別れないと大変なことになる、と

自分に言い聞かせ

これでいいんだ、と思い続けながら、

彼の存在をさも何とも思っていないように

ふるまい続けました。

 

 

彼の中で、こんなにもしてやったのに、という悔しい思いがあること

同時に一切Tiaraを近づけないようにする

回避的な部分2つがあって、

本当はどう思っているのか、

Tiaraに恨みは残らないのか、

怖くてたまりませんでした

 

と同時に

一緒にいることも怖かったのですが。。。

 

 

自己愛性人格障害は、本当に不思議です。

怖いのに、好きだという気持ちが残るのです。

 

もし、あなたが、

まだ彼にこだわっているようでしたら、

自己愛性人格障害に対して、

まだ理解が足りないと思います。

 

自己愛性人格障害を理解すれば、

一緒にはいられないと納得できるのです。

 

彼をどんなに好きでも、

決して一緒にはいられないので

それが理解できれば彼から離れることが

できるのです。

 

ただ、彼のほうは、自分がまさか病気だとは

思っていないし、

自責の念がないので、

相手が悪いと思い込みます。

だから、彼から別れる、と言い出した場合は、

まだいいのですが、

あなたから言い出した場合、

恨まれるのではないかと

不安になる気持ちはとても分かります。

 

でも、自己愛性人格障害には、

不思議な特徴がいくつかあって

あんなにも怖いのに

とても臆病という特徴があります。

(Tiaraの元カレの場合、怖いものは何もない、

というイメージがあります)

 

自己愛性人格障害の人は、

自分が安心できる恋人やパートナー、

自分よりも弱い存在だと思ういわゆる

ターゲットには、

嫌がらせ行為をし続けられるのですが、

初対面の人や少し距離のある人には、

非常に親切で穏やかです。

 

それは彼が、

自分が人から嫌われることに関しては

非常に恐れているからです。

 

自分は、特別な尊大で、

世間から尊大な存在だと認められないと

恥ずかしくて生きていけないので、

人に嫌われることを非常に恐れます。

 

 

それが、

別れ話の後のしがみつき行為になるのですが、

あなたが彼から、

どんなにひどいことをされても

離れていかないうちは、

あなたより、自分のほうが上だと見えて

あなたを全力でつぶしにかかるのですが、

あなたが完全に彼を相手にしなくなると

彼は不安になって、

あなたに何もできなくなるのです。

 

Tiaraも彼と一緒にいたら

とんでもないことになると、

彼のことは、本当に好きで

今までのことを想うと

本当に別れたくありませんでしたが、

もう頭では、

自己愛性人格障害を理解していたので、

自己責任で、彼から離れることを決意しました。

 

ここでもし彼が逆襲してきても自己責任

 

彼と一緒にいて

Tiaraの人間関係も心もつぶされて

最後にはごみのように捨てられてしまっても

自己責任。。。

 

この2つをTiaraは天秤にかけました。

彼のことを好きなまま。。

 

それでTiaraは彼と別れるほうを選んだのです。

 

でも、別れたあと、

彼がどんなに顔を見せてきても

相手にしませんでした。。

 

すると、彼の心に

何らかのブロックがかかったのか

彼は、

Tiaraに近づいてこられなくなったのです。

[ad#co-1]

彼のターゲットから外れると

自己愛性人格障害の人はなにもできない、

ということは

本当でした。。

 

Tiaraが彼のターゲットから外れた原因は、

彼が分からなくなったからだと思います。

 

Tiaraが彼のことを、好きなのか嫌いなのか、

何とも思っていないのか、恨んでいるのか。。。

 

普通は、こんなことをしたら、相手が怒る、

とか悲しむ、とか

喜ぶとか、自分の感覚で分かるものです。

 

自己愛性人格障害の人は、

相手の反応を見てしか判断できないのです。

 

自分では、相手の気持ちが分からないのです。

 

これはTiaraが実体験で感覚として

学んだものです。

でも、彼の心にブロックをかけるのは

あなたです

 

慎重に、彼を挑発しないように少しづつ、

彼から心と体を離していって

彼の言動に心を動かされないでください。

 

もし、心が動いたとしても、

それを一切彼に見せないでください。

 

すると彼は、

あなたが何を考えているのか分からなくなり、

何を考えているか分からない人には

怖くて何もできなくなってしまうのです。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください