自己愛性人格障害の人は嫌われることが極端に怖い

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることが極端に怖い

というお話をしたいとおもいます。

 

あなたもどちらかというと

もちろん人から嫌われるに

恐怖感を抱いていると思います。

 

なぜなら、人には

ふつうに承認欲求というものが

あり、他人から自分を認めてもらいたい

と考えていることは

とても自然なことだと思います。

 

最近では

「嫌われる勇気」で話題となった

アドラー心理学のようなものが

流行って来ているので

あまり承認欲求を持つことは

良くないとされてきていて

昔よりは少し

変わってきているのかもしれませんが

そもそも人から好かれたい、

認められたいと思うことは

とても自然な事です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あんなにも堂々としていて

人のことには

興味がないないように見えて

実は普通の人よりも極端に

人から嫌われることに

怯えているのです。

被害者であるあなたも

できれば人から認められたい、とか

好かれたい、と思っていると思うのですが

被害者になるような人や

普通の人は

他人を蹴落としてまで

自分をよく見せたい、とまでは思いません。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

幼い頃に

ありのままの自分を

認められなかったので

その反動で

極端に自己を愛する気持ちが

飛躍してしまっていて

どうしても他人のことを認められません。

 

だからどうしても

嫌がらせをしてしまい

自分のそばに

惨めな存在を作ることで

自分の方がマシだと

安心できるのですが、

それもその一瞬だけで

すぐに

自分は本当は価値がない

と思い込んでしまいます。

 

 

その辛さから抜け出すために

常に尊大な自分を見せつけ

周りの人から称賛されたいがために

同時に惨めなだめな存在を作り

周りを下に下げて

同時に自分を上に見せることで

コスパよく、

自分の才能や魅力や実力以上に

見せるのがとても上手いのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

極端にいい人に見えたり

有能に見えたりするのは

そのためです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

被害者を惨めな存在にすることだけで

満足するわけではなく

その辛そうな状態を常にみていないと

落ち着いていられません。

 

極端に共感力が低いために

その表情や言動を見ていなければ

相手の気持ちを想像することが

出来ないのです。

 

だから被害者が

自己愛性人格障害の被害に気付いて

逃げ出してしまうと

その惨めな姿をみられなくなるので

途端に不安になり

また自分がわかる範囲で

被害者を作り出してしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の人の

そばにいることは

危険なわけですが

被害者がまだ

自己愛性人格障害の人を

魅力的に感じていて

被害に気付いていないうちは

辛い思いをしながらも

それは

自己愛性人格障害の人のせいではなく

自分が悪いために

起きている出来事だと信じ切っていて

自己愛性人格障害の人から

離れようとはしません。

 

それがわかっているからこそ

Tiaraは自己愛性人格障害の人と

距離を置くわけですが、

自己愛性人格障害の人は

初めのうちは

距離を置かれたことがわからず

また引きつけようと

Tiaraの視界に入るところに入ってきて

立派な事をいっているところを聞かせたり

人に親切にしている所を見せたりして

Tiaraの方から

(あ、やっぱりこの人はいい人なんだ。。)

と思って近づいて来ることを期待しますが

ただ、自分がいい人に思われるように

期待しているだけなので

本当に立派なわけでもないし

本当に親切なわけでもないことを

Tiaraは知っています。

 

だから、そんなことをしても

自己愛性人格障害の人に

もう一度なつくことはないのですが、

そうなってくると

今度はTiaraの行動や言動の

真似をし出したりします。

 

それをみて

自己愛性人格障害を知らない人なら

(あ、やっぱりわたしと

仲良くしたいのかな?)と

思ってみたり

(本当はいい人なのかも)と

思ってみたりするのですが、

そうではないという事も

Tiaraは知っています。

 

今までは

そんなキャラで

まったくなかったにも関わらず

平気で恥ずかしげもなく

自分の言動も態度も

ころっと変えてしまうので

ここで自分がないことが

とても良くわかります。

 

ただ

自己愛性人格障害という病気を

知らない人や

優しい人や

相手の気持ちになって考えられる人ほど

この自己愛性人格障害の特徴を

本当はいい人なんだ

と勘違いしてしまうのです。

 

この特徴がわかるようになり

どんなに自己愛性人格障害の人が

態度を変えても

謝ってきても

変わらず相手にしないでいると

あんなにも人には流されないような

強い意思を持っていたように見えた

自己愛性人格障害の人が

今度は怯え出したり

嫌われないように自分の存在を消したり

おとなしくなったり

黙り込んだりして

自分の存在を隠そうとします。

 

これは

自分がひどいことをしていたことが

バレることが極端に怖いので

隠そうとしたり、

これ以上被害者に嫌われないように

何もしてこなくなります。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の被害者の方々に

これを目指して欲しいのです。

 

 

ここまで

自己愛性人格障害の人が

人の気持ちが病気でわからない、

という事が分からず、

いつかわかってくれると希望を抱いて

ズタズタにされた被害者を

Tiaraは何十人も見てきました。

 

あなたにもそんな1人には

なってほしくないのです。

 

自己愛性人格障害の人の罪を

あなたが受けてはいけません。

 

あなたが

人の罪までも自分のせいだと

考えるような

自責の念が強い

責任感の強い人だとわかっていて

自己愛性人格障害の人は

安心して

あなたに嫌がらせをしているのです。

 

こんなに酷い話はないと思いますよ?

 

それに

自己愛性人格障害の人は弁が立つ人が多く

人を

自分の思い通りに

コントロールすることができてしまうので

本当は、自分がひどいことをしていても

平気であなたを悪者にしてしまいますから

あなたは

周りの人からも悪く思われてしまい、

味方がいなくなってしまうのです。

 

あなたがどんなに

思いやりをかけたとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたに感謝をすることはありません。

 

いいことは全て自分のせいだと思い、

悪いことは全て

あなたのせいだと思い込むのです。

 

自己愛性人格障害の人のそばにいれば

あなたはどんどんひどい目にあい

限度がありません。

 

しかし、

あなたが自己愛性人格障害の人を

近づけなければ

極端に臆病な

自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌がらせをしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

自分から

自己愛性人格障害の被害に

遭いに行っています。

 

あなたを少しでも傷つける人は

あなたに近づくことを

許してはいけないのです。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害の人には絶対に近づいてはいけない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

本当は被害者が怖い?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

とても強い人に思えると思うのですが

本当は普通の人よりも

とても臆病です。。

 

だからこそ

虚勢を張っていないと

怖くてたまらないので

あなたがまだ何もしていないうちから

威嚇行為、

もしくは惹きつけ行為を行います。

 

例えば

自分の方が上だと

いわゆるマウント行為のような事をしたり

魅力的に見せたり

必要以上に親切にしたりして

あなたを引きつけようとしてきます。

 

そしてあなたの対応が

それにどう反応するかによって

自己愛性人格障害の人が

今後、あなたにどう反応していくか

決める大きなポイントとなります。

 

本当はあなたが怖くて

虚勢をはって

あなたよりも強く見せた場合も

あなたの態度次第では従順にも

押しつぶしてくる存在にもなります。

 

ですがどちらになったとしても

基本的にはどこかで自分が潰される、

と勝手に思い込んでいるので

逆転できるチャンスさえあれば

随時、あなたの上に立とうとします。

もし、あなたが自己愛性人格障害の人を

脅威に思い、

少しでもへり下って

相手の望みを叶えようとしてしまうと

今度はさらに強い力で

あなたをねじ伏せようとしてきます。

 

これが

自己愛性人格障害の

一番こわいところで

常に気が抜けないのです。

 

が、自己藍性人格障害を疑う時に

最も判断出来る特徴と言えば

この、どうしても上に立とうとしてしまい、

いっときも気を抜かない、

というところにあります。

 

こういった特徴が見えたら

おそらくその人は

自己愛性人格障害と考えて

間違いはないでしょう。

 

もし相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

例えば1日でもあなたが休んでしまうと

その間にあなたのポジションは

怪しくなってしまいます。

ただ、あなたが

自己愛性人格障害の人に

怒りを持ったり、

逆におびえをもったりすると

一瞬であなたは

自己愛性人格障害の人に

押し潰されてしまいます。。

 

自己愛性人格障害の人は

幼い頃に

両親や身近な人から

そのままの存在を受入れてもらうことが

できなかったために

共感力を麻痺させる事でしか

自分を保てなくなってしまっています。

 

そして外からみると

とても自信がありそうに見えると思うのですが

本当は自尊心が恐ろしく低いので

他人を蹴落として、それをながめることで

やっと自分を保つことができるので

病的にそれをやめようとはしません。

 

だからそばにいる人が

自分よりも活躍しそうに見えたり

人気が出そうな感じがすると

自分が惨めな存在になるような気がして

その恐怖から無意識のうちの

その人の存在を価値に無いものに

していってしまいます。

 

だから自己愛性人格障害の人の前で

幸せそうなところを見せる事も

とても危険なのです。

 

まして自分よりも弱そうに見えると

安心して押しつぶしてきますので

弱いところを見せる事も

とても危険なのです。

 

自己愛性人格障害の人から見たら

あなたにそんな気がないとしても

勝手にライバル心をむき出しにして

押しつぶそうとしてきたり

あなたのいいところを

周りから見えなくしてしまうのです。

 

ですが、自分をよく見せる事も

やめられないので

あなたにも初めのうちは

親切にしてきたりするので

あなたから見たら

とてもいい人に見えてしまう場合も

多くあります。

 

ですが惹きつけ行為と

拒否と否定をずっと繰り返されれば

あなたはどうしていいのか分からなくなり

混乱すると思います。

いい人になったり、かと思うと

突然無視をしたり

冷たくなったりするので

あなたはどうしていいか

わからなくなるでしょう。

 

 

周りの人も

あなたも

人は

起こった出来事に

理由を探そうとしてしまいますから

周りに人にも

あなたが何かしたのかと思われてしまったり、

そしてまたあなた自身も

責任感が強かったりすると

自分が何かしたのかと思ってしまい

自責の念にかられ

辛くなります。

 

そうやってあなたの良心を攻撃しながら

惹きつけ行為を行うので

自己愛性人格障害の人が

特に魅力的な異性だったりすると

あなたは胸が締めつけられるほど

苦しくなります。

 

好きな人に冷たくされると

誰でも辛いですよね?

 

あなたが彼を怒らせてしまったのなら

それはわかってもらうしかないです。

 

ですが、もし、

彼が故意に貴方を傷つけるために

何度も何度も

さもあなたに原因があるかのような

言い方をして

あなたに冷たい態度をとって

高揚しているのだとしたら・・・?

 

あなたはそんな彼のことを

いい人だと言えますか?

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だっったとしたら

自己愛性人格障害の人、本人にも

そんな気はありませんが

どうしてもやってしまいますので

そばにいると

あなたのこころがこわれてしまいます。

冷たくした後に

しばらくしてから

またあなたに惹きつけ行為を

必ずしてきますから

あなたは

また彼の事を許してしまい

好きになってしまうでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

一緒にいたらとても危険なのです。

 

貴方の心を壊すと同時に

あなたを周りの人が

受け入れられなくされてしまいますから

とても怖いのです。

自己愛性人格障害の人のカモフラージュ

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の被害は

世間一般の常識通りにしていると

まずますひどくなる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

被害に合うような人は

周りの人から見たら

その人に何か悪い原因があると

思われがちです。

 

相手の人と

きちんと話し合いをしていないから

相手にわかってもらえていないのではないか、

と思われたり、

自分の言い分ばかり言っているから

相手の人の機嫌を

損ねたのではないか、

とか思われたりします。

 

ですが、

普通の人が常識で

アドバイスをするようなことは

あなたはとっくに

普通の人よりも

何倍も努力していることがほとんどなはずです。

 

それなのに

あなたの責任の強さから

まだ自分の努力が足りないのではないかと

これでもか、これでもかと

死にものぐるいで

相手に寄り添おうとする人が

自己愛性人格障害の被害に

あってしまうことが

ほとんどなのです。

 

ただ、周りの人には

分からないために

被害者がわかってもらおうとすると

どうしても言い訳に聞こえてしまい

被害者の方が悪くとられてしまいます。

 

これが、

自己愛性人格障害の被害の特徴で

被害者から見たら

これはとてもツライことになります。

 

だから

あなたがこれ以上

自己愛性人格障害の被害に遭いたくない

と思うのなら

周りの人にはわかってもらおうとしない事です。

 

自己愛性人格障害の人の特徴が分かる人

というのは

残念ながらほとんど存在しません。

 

だから世間の一般的な常識からすれば

そんなひどいことをする人が

いるわけがないと思うので

被害者になんらかの原因がある、

と思ってしまうからなのです。

 

そしてひどいことに

それを深く追求使用なんていう人はなかなかいないのです。

 

なぜなら人は目で見て分からないことは

信じられないし、

自己愛性人格障害の人は

自分がそんなことをする人間だと

思われたくないので

ほんとうにわからないように巧妙に

自分が悪い事をしているときほど

周りの人には

尋常ではないほど親切にします。

 

これをみてあなたはまたさらに

傷つくと思うのですが

自己愛性人格障害の人は

別にあなたを傷つける為に

そんなことをしているわけでは泣く

その自尊心のなさから

そんなことをしていると周りの人にばれてしまうと

自分が世間から受け入れてもらえないことを

知っているからなのです。

 

ではなぜそんなひどいことをしてしまうのか。

 

不思議ですよね。

そんな無理な事をする方が不自然で

だからこそ、

あなたの方が被害を訴えても

信じてもらえなくなってしまうのですが、

それもすべて

自己愛性人格障害の人の極端に

自信がなくなるように

幼少期に育てられてしまったからなのです。

 

この話をして、分かるのは

実際に自己愛性人格障害の

被害に遭われた方のみにしか分からず、

Tiaraのサイトを探して

訪れてくださった方は

本当に理不尽な事を

周りに分からないように

酷いことをされてきたからこそ

わかるのです。

 

自分がされてみないと

本当にそんなことをしている人がいる、

ということはわからず

だから自己愛性人格障害の被害者は

周りに言うことで

さらに自分の首を締めてしまうので

周りの人に分かってもらおうとしないで

とお勧めしているのです。

 

ただ、そんな理不尽な目にあっていながら

誰にも言わない、ということは

相当辛いことだと思いますし、

あなたの中に不満が溜まればたまるほど

押さえれば押さえるほど

あなたは苦しくなってしまい、

おかしな行動をとってしまうと思います。

 

そうなってしまうとさらに

自己愛性人格障害の人があなたをおかしく見せようとしていると

成功してしまうので

あなたはさらに苦しくなってしまうのです。

 

だから感情を完全に押さえることは

いいとは思っていないので

もしあなたをわかってくれる人がいたら

その人にだけは言ってもいいと思います。

 

だだ、わかってもらえる可能性のない場合は

即座にやめたほうが

あなたの身を守ることにもなるのです。

 

ただ、あなたもいつも我慢しているのは辛いでしょうし、

わりと被害者の人がやってしまいがちな失敗とは

自己愛成人確証顔の被害を分かってくれる人に

常に話続けてしまい、

自分の

一番身近にいる人との関係を

壊してしまいがちになってしまいます。

 

だから一番おすすめしているのは

あなた自身が

自己愛性人格障害の特徴を理解し

そばにいてはいけない人間だと

悟ることです。

 

あなたも見るからに精神的に

病気の人からは距離をおくと思いますし、

もし相手が暴れたりしたとしても

ショックを受けたりせず

病気だから仕方がない、と

相手を理解してあげることが

できるでしょう。

 

ですが、

基本的に自己愛性人格障害の人は

自分が尊大なところを見せていなければ

気が済まないので

普通の人よりも魅力的に見えることが

多いです。

 

また特に自己愛性人格障害の人は

こういう病気がある事を知らないと

普通の人よりも親切で

優しかったり、

普通の人よりも冷静で

落ち着いて見えたりします。

 

 

だからあなたの方が

自己愛性人格障害の人から

拒否されることがわかった時

じぶんになにか原因があると

思い込んでしまい、

罪悪感を傷付けられて

どんどん落ち込んでいってしまいます。

 

でも、本当はあなたは悪くないのです。

この話も周りの人には

分からないかもしれませんが

あなたは自分が何をして、

自分が何をしていないか

理解することができると思いますので

あなた自身がわかっていれば

良いことなのです。

 

そしてもちろん周りの人にも

わかってもらえる方がいいのですが

自己愛性人格障害の

自分を守る周りへの言葉は

割と信用されてしまいますので

やはりあなた自身の中で

納得する方が

世間からの2次災害を

受けずに済むのです。

 

それでもそのなかでも

あなたの言っている人が分かる人や

自己愛性人格障害のことが

実際にわかる人も

今の世の中にはいますので

もし、そういった人がいた場合は

迷わず相談してもいいと思います。

 

でもその時も

相手の反応をみて

もし相手が

快く聞いてくれていたり、

もしくはあなたの気持ちに

共感してくれるような

優しい人がいた場合は

聞いてもらってもいいと思うのですが

相手が少しでも迷惑そうな表情をしたり

声を上げたりしたら

即座にやめてください。

 

自己愛性人格障害とは

それほど見つかり難い特徴を

子供の時から持ち合わせているのです。

 

だから彼のことが気になる場合や

もし声をかけた場合は

おそらくですが

距離をとり

あまり近付かないようにすることが

自己愛対策としては

非常に大切なのです。

 

被害者の方が

常に立て続けに理不尽な嫌がらせを

常時、異常なほど

され続けているので

不安症だったり、自分に自信がなかったり

落ち着きがなかったり、

ヒステリックだったり

怒りぽかったりします。

 

ですが、自己愛性人格障害の

被害に遭うような人は

普通の人よりもビックリするほど

優しかったり、穏やかだったりするのです。

 

ですが、そんなターゲットの

いいところが世間に知れてしまうと

周りの人から好かれてしまうので

自己愛性人格障害の人は

とても極端なほどの

恐怖心をいだくのです。

 

これが自尊心が全く無い

自己愛性人格障害の

病的なところなのですが、

これを完全に隠して

魅力的な人物を演じ続けているので

周りの人から見たら逆に見えるのです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人の嫌がらせは

ターゲットに酷いことをしているときほど

周りの人には尋常でないほど優しくするので

優しくされている人は

自己愛性人格障害の人に

魅了されてしまうので

全く気付かないのです。

 

これが自己愛性人格障害の

恐ろしいところです。

 

被害者が世間の人に

信用されてしまうと

自己愛性人格障害の人にとって

都合が悪い悪いので

被害者が孤立する様に

その恐怖から

どうしてもしてしまうのです。

 

そうやって被害者の信用を奪っておけば

被害者が被害を訴えた時に

信じてもらえないようにするため

どうしても被害者を

孤立させてしまうのです。

このことがあなたを

とても悲しい気持ちにさせてしまうことは

知っているのですが、

あなたが悲しんだり

ショックを受けたりすると

あなたはどうしても動揺してしまうし、

周りの人に

わかってもらいたくなるでしょう。

 

でも、

あなたがわかってもらおうとすればするほど

あなたは妙な行動にでてしまい、

あなたが損をする方向に動いてしまいます。

 

人はかわいそうだとは思っていても

うざくなると、

どうしてもいやになってしまうので

あなたがさらに立場が悪くなります。

 

仕方がないのです。

 

これはあなたに

諦めるようにいっているわけではなく

あなたが損をしない為に

自己愛性人格障害の人その行動を

自分で求めることができないのだ

ということを理解してください。

 

だから無関心になることが

とても大切なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

育った環境が辛すぎて

その環境が子供では

解決することができないので

モラハラ思考になることで

楽になる生き方を無意識のうちに選んで

子供の頃から

自分の得になるように

生き続けてきて

モラハラの技術を考えることなく

自然に使うように育っています。

 

だから今さらやめてといっても

止める事ができないのです。

 

無意識のうちに

自然とモラハラ思考になっているので

自分でも

そんなことをしているという自覚が

ないのです。

 

厳密にいうと、

本当は心の奥底には、

自分が、あなたに対して

酷いことをしているという自覚は

あるのですが

それを自覚することさえも

つらくてできないので

全力で自分はそんなことはしていない、

と思いこむのです。

 

そうやって

自分でも自分は本当にいい人なんだ、

と思っていないと

生きていけないほどつらいのです。

 

だから、自分でもあなたの方が悪い

と思い込んでいるのです。

あなたはまだ、

自己愛性人格障害の人の

コントロール下にいるので

わからないかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人から離れると

実はそんなに大したことを

していないことに気づきます。

 

自己愛性人格障害とは

まずターゲットをきめた後

自分の魅力的な部分を見せ続けて

被害者を魅了し

虜にしてしまいます。

 

その上であなたが

自己愛性人格障害の人から

離れられなくなってから

少しづつ

あなたに気づかれないように

突き放し行為を行い様子を見ます。

 

あなたがもし気付きそうになったり

怒ったり、自己愛性人格障害の人から

離れていこうとしたら

即座に気付いて

いかにも

そんなことは無かったかのような顔をして

またあなたに優しくしたり

あなたを気遣ったりして

あなたに気付かれないようにします。

 

それを繰り返すうちに

あなたがもし途中で気づいたとしても

またいつものことだ、と慣れてきたり、

今機嫌が悪いだけでまだすぐにもとに戻る、と

水に流すようになると

少しづつ無視と拒否を繰り返しながら

攻撃を強めていき

また同時にあなたに隠れて

あなたの評判が落ちるよう

巧妙に動いて

周りの人もコントロールします。

 

先ほど申し上げたように

周りの人は

自己愛性人格障害の人のしていることに

気づきませんから

あなただけが少しづつ評判を落とされて

信用されなくなっていき、

まだ同時に自己愛性人格障害の人は

信頼を強めていきます。

 

そしてあなたはそのことに

なかなか気付かないまま

自己愛性人格障害の人を

信用していくのです。

 

これを防ぐ為には

あなたが自己愛性人格障害の人に

無関心になる事です。

 

無関心になれば

自己愛性人格障害の人が

一生懸命あなたを落とし入れようとしても

何もしていない事になるのです。

 

そもそもあなたが

自分だけ信用されていないことに対して

初めからわかっていて

周りの人に必死になって

分かってもらおうとしなければ

周りの人から見たら

自己愛性人格障害の人は

何にもしていない事になるのです。

 

せっかく苦労して貴方を手なずけ、

周りの人の評判を落としたところで

あなたが大騒をしなければ

周りの人はそんなことはどうだっていいので

気付きません。

 

あなたが騒いだり、

わかってもらおうと必死になることで

何かがあったことが

わかる仕組みになっていますから

あなたさえ何の反応もしなければ

何も起こってはいないのです。

 

あなたが孤立したくなくて

必死になって周りに訴えたり、

自己愛性人格障害の人の嫌がらせを

訴えたりしなければ

臆病な自己愛性人格障害の人は

そもそも自分がそんなことをしているとは

周りの人には、

わからないようにやっているので

あなたさえ騒がなければ

何も起こらないのです。

 

だからあなたは

自己愛性人格障害の人に無関心になって

ほっておいてください。

 

そもそもあなたが反応しなければ

自己愛性人格障害の人が

1人でやっていることになり、

何も起こってはいないのです。

 

その為に無関心力は

最強といえるでしょう。

 

さらに理不尽なことは

あなたの頭をいっぱいにします。

 

それを常にされ続けるので、

あなたはその悩みから抜け出せなくなり、

他の事をしている時でも

自己愛性人格障害の人が

頭から離れなくなってしまいます。

 

するとあなたは

他のことをしていても手につかず、

あなたの人生が

無駄になってしまうでしょう。

 

自己愛性人格障害の人に

足止めをくっている場合では

ないのです。

 

自己愛性人格障害の問題に

とらえられていると

マジで時間を消費します。

 

大袈裟でなく、

みなさん何十年単位で

前に進めなくなっています。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことしか考えていないので

そんな人に何十年も足止めを食っていては

あなたの人生がもったいないです。

 

他にやれることがたくさんあったと

後になってから後悔することでしょう。

 

ですが、不思議なことに

あなたさえ自己愛性人格障害の人に

完全に無関心になることができると

不思議と自己愛性人格障害の人も

あなたにこだわることをやめて

平和になっていくのです。

 

とにかく

自己愛性人格障害の人は

自分に優しい人に酷いことをして

自分の罪が

周りの人にバレないように

自分がひどいことをしている被害者を

極悪人にするのです。。

 

本当にひどい話ですよね。。

 

ですが自己愛性人格障害の人は

どんなに心を寄せても

相手のしても

残念ながら

あなたのことを

本当に大切にしてくれることは

ありませんので

自己愛性人格障害の人から

できるだけ心の距離をとれるよう

無関心力を身につけてください。

 

無関心力とは

その相手が生きていても死んでいても

どっちでもいい

と思えるようなレベルの事です。

 

 

自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

今日は、自己愛性人格障害の旦那様に

子供を引き寄せられたときの対処法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

自分の魅力を常に周囲に病的に魅せつけていないと

極端な恐怖心を持つ特徴を持ちます。

 

そのため、常に魅力的にふるまったり

親切にしたり、

自分の得意なことをして感謝されることを

極端にやめられないでいます。


“自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方” の続きを読む

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の空気を読むことのうまさ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の

空気を読むことのうまさについて

お話ししたいと思います。

 

 

最近では

もうあまり言われないのかもしれませんが

ちょっと前まで

空気を読むとかKYと言って

空気を読めない人はダメ、みたいな風潮が

世の中的にありましたよね。

 

 

あれって

空気を読んで

相手の感情を先読みして

周りの人が嫌な思いをしないように

気をまわせるひとが

素晴らしいみたいに

言われていたと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

まさにこの、空気を読むことが

とてもうまいです。

 

相手が嫌な思いをしないように

先回りして

相手のことを肯定してあげたり

相手の気持ちに寄り添って

自分の気持ちは後回しにしてしまう

とてもいい人が多いです。

 

そして、被害者になりやすいタイプの人は

相手に嫌な思いをさせることが怖い

という気持ちも持っています。

 

そして、自分は

いい人だと思われたい

という気持ちと同時に

自分の気持ちを優先してしまって

相手から嫌われることが怖いために

どうしても相手に合わせてしまうのです。

 

被害者のそんな特徴も

自己愛性人格障害のひとは

とてもよく分かっていて

それでいて

ターゲットのせいにして

わがままを言います。

 

自己愛性人格障害の人も

人から嫌われることを極端に恐れていると

以前にもお話ししたことが

あると思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

それと同時に人を蹴落として

自分を持ち上げる、

ということも同時にします。

 

つまり、自己愛性人格障害の人と

被害者になりやすい人というのは

同じ気持ちを持っていながらも

まったく正反対のやり方をするのです。

 

本当は自己愛性人格障害の人が

被害者に対して

ものすごく失礼なことをしているのですが

これを冗談のように見せかけて

笑いに変えたりしてごまかしているので

そこで怒ると怒ったほうが

空気が読めない人のように

なってしまいます。

 

 

被害者の方も

本当は傷ついているはずなのに

自分の気持ちにふたをして

本当は自分が傷ついているはずの

自己愛性人格障害の

彼からの言葉を

被害者本人が

肯定して寄り添って

合わせたりしまいます。

 

時には、

自分がみじめな思いをしているはずなのに

自分が被害を受けている

自己愛性人格障害の人に対して

被害者自らが、みんなの前で

かばってしまうシーンも見られます。

 

Tiaraだけが

はたからみて分かっているのですが

それを話しても、

周りの人にも、被害者本人にも

分かってもらえないことが多いです。

 

ですが、世間でいう常識的な考えを

持っていればいるほど

被害に遭いやすくなります。

 

普通の人からは

空気を読むひとのほうが好かれるはずなのに

あなたが

空気を読んで我慢をすればするほど

自己愛性人格障害の人にかかれば

あなたがどんどん悪者になっていくのです。

 

 

被害者は

本当は自分が傷ついているはずなのに

自分でも「そんなことない」、

と強がりながら

自己愛性人格障害の人の

被害者に向けてのひどい言葉を

被害者自らも

自己愛性人格障害の人をかばったりして

彼を周りの人に分かってもらおうと

したりしてしまいます。

 

ですからはたから見た人も

あなたは平気なのだと思い込んでしまい

自己愛性人格障害の人も

そんなにひどいことをしていないように

見えてしまいます。

 

自己愛性人格障害に気づいてみて

感情を戻して、物事を冷静に見てみると

明らかに

自己愛性人格障害の人が

ひどいことを言ったり

いわゆるディスりのようなことをしているのに

それをジョークだと感じてしまい

深く受け止めないようにして

みんなで無意識のうちに

自己愛性人格障害の人に協力して

自己愛性人格障害の人が悪くないように

見ていることに気づきます。

 

だから、自己愛性人格障害の人が

少々ひどいことを言っても

許されてしまうし

被害者になりやすい人は

何もしてなくても

だんだん味方がいなくなるように

自己愛性人格障害の人が仕向けることも

成功してしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害に

まったく気づいていなかったころは

Tiaraも本当に分かりませんでした。

 

だから世間の人が気づかないことにも

深く納得できます。

 

ですが、これをされ続けた被害者は

どうなってしまうのでしょう?

 

自己愛性人格障害の人のターゲット1人に

立て続けに常にやられることで

被害者本人も周りの人も

本当に被害者自身が

悪いと思い込んでしまったり

被害者が

自己愛性人格障害の人に迷惑をかけている、

と本当に思うようになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

空気を読んで

相手の立場に立って考えられる人が多く

そんなことはおかしい!と

自分の身を守れるような人は

ターゲットにはなりにくいのです。

 

 

自己愛性人格障害の人を

止めることはできませんし

自己愛性人格障害の人も

自分でも自分がそんなことをしているとは

気づいていません。

 

厳密にいえば

本当は気づいているのですが

自分がそんなひどいことをしていると

認めることも怖いので

自分でもそんなことはしていない、

と全力で思い込もうとしてしまいます。

 

今は、そばで見ていると

本当に分かりやすいほど

自己愛性人格障害の人の心情が

とても良く分かります。

 

 

ですから、できれば

自己愛性人格障害の人には

わらないほうがいいのですが

自己愛性人格障害の人は

ちょこちょこ惹きつけ行為を行うので

被害者になりやすい人は

その彼を信じてしまいます。

 

Tiaraはもう

自己愛性人格障害の人の

存在に気付いているので

自己愛性人格障害の人が

人から好かれるように

愛想を振りまいたり

惹きつけ行為をしていることにも

気づくのですが

自己愛性人格障害を知らない人たちは

そんなことにも気づかず

本当はいい人なのかなと

思い込んでしまっていることにも

気づきます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分が嫌がらせ行為をしていることを

なんとなく分かっていて

自分がターゲットに対して

ひどいことをしたときに限って

よけいに被害者やその周りの人に対して

親切にしたり、

話しかけて笑わせるようにしながら

自分が嫌がらせ行為をしていることが

ばれないように

周りの人や時には被害者にも

必死でいい人だと思われるように行動して

回っているのです。

 

それを見て

周りの人は

自己愛性人格障害の人を

いい人だと思ってしまいます。

 

それは、あなたがとても空気を読み

周りの人のことを考え

自分の気持ちを

我慢してしまうからなのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そんな特徴を持っているのです。

 

 

 

 

自己愛性人格障害のいない世界へ

こんばんは♥

しばらくブログを更新していなかったので

ご心配をおかけしたようで

申し訳ありませんでした。

 

ご連絡のないまま

更新していなかったので

ご病気ではないかと思い、という

お問い合わせをたくさんいただいたので

元気ですということを

ご報告させていただきます。

 

現在tiaraは

自己愛性人格障害のほとんどいない世界で

生きています。

 

それでも毎日、

自己愛性人格障害の人の特徴について

ブログを書き続けていきましたが、

おかげさまで記事数も

2000記事を超える数になってまいりましたので

tiaraのサイトを訪れてくださるみなさんには

かなり自己愛性人格障害について

知識が高まっていると思われます。

自己愛性人格障害について

知識をもっていたらかなりの確率で

人を正確に見ることができると思いますので

後はここからあなたがどうやって振舞えば

自己愛性人格障害の人と

うまくトラブルにならずに

過ごすことができるのかということに

シフトをチェンジしていかなければ

何のために

知識を得て、勉強してきたのか

意味がなくなってしまいます。

 

できたら、自己愛性人格障害のことなど

考えずにあなたがあなたらしく

生きていけることが理想ですが、

残念ながら

自己愛性人格障害の人本人も

無自覚のまま、無意識に

他人をつぶすことをしてしまいますので

対策をしていなければ、

あなたのほうが

悪く思われてしまう可能性のほうが

高くなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまうと

あなたがあなたらしく生きることを

とことん邪魔されてしまいますので

あなたはあなたの言葉で

思ったことを口にすることすら

難しくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼と出会ってから

常に自己愛性人格障害の対策をしてきたので

自己愛性人格障害の極端に少ない環境は

貴重です。

 

少しは

自己愛性人格障害らしき人はいるのですが

まだ若く素直なので自己愛対策をすると

tiaraがどんな人かわからなくなるのか

Tiaraのご機嫌を伺うように

急にフレンドーになります。

 

だからほとんど自己愛対策は

必要としないと思われます。

 

ただ、普通の人のほうがめんどくさい人は

ずっとそのままなので

自己愛のようにヤバいと思うと

ぱっと切り替える

ということがことがないので

ひどくなるときは

普通の人のほうが

とことんひどくなります。

 

その代わり

話は通じるし、

時間がたてば反省もするので

うまく仲良くなることができれば

関係は修復することもできるのですが

普通の人も

人間関係は難しいといわれるように

同じ人同士なので

コミュニケーションをとって

考えていかなければなりません。

 

普通の人と

普通の人間関係を考えることが

久しぶりなので

しばらく自己愛性人格障害から離れてみたら

どうなるかという

実験をしていました。

 

それでしばらくブログを書くことも

お休みしようと思って

いました。

 

お知らせが遅くなり

大変ご心配をおかけしてすいませんでした。

 

ずっと自己愛性人格障害の対策ばかりしていると

それが癖になってしまうことがあり、

普通の人とのコミュニケーションが

とても新鮮であり、

逆に不慣れな場面も出てきてしまいます。

 

自己愛性人格障害の対策をしていると

自己愛性人格障害の人とは

穏やかな距離感のある関係を保てるのですが

普通の人から見ると

悪くと取られてしまうことのほうが多いです。

 

そんな中にも自己愛性人格障害の人も

チラッといるので

彼らの威嚇行為を抑えるために

感情を殺し、無口になると

普通の人から見ると感じが悪くなり

何を考えているのか分からない人間に

見えてしまいます。

 

ですが、素直に話していると

自己愛性人格障害のひとから

攻撃される部分を見つけられてしまうので

知らない間にターゲットに

なってしまっていることも

少なくありません。

 

そこがめんどくさいところなのですが

自分を守るためには必要なことなのです。

 

自己愛性人格障害への対策と

普通の人との接し方は

変えなければなりませんし、

対応がまったく真逆です。

 

だからどういう態度をとったらいいか

迷ってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとと

普通の人が混同する環境では

どのように過ごしたらいいのか

判断していかなければなりません。

 

 

この数週間、

自己愛性人格障害について

まったく考えないで過ごした結果、

自己愛性人格障害のことを

完全に忘れてしまえるのか

それともやはり

ターゲットになってしまうのかを

またあなたにシェアできたらいいと

思っています。

 

また何か変わったことがありましたら

ブブログの方を更新していきますので

それまでの自己愛対策と

自己愛性人格障害の特徴については

過去ブログを参考になさってください。

 

またイベントのお知らせも

公式LINE@の方でお知らせしていきますので

楽しみにしていてくださいね。

 

なお、オンラインコミュニティについては

現在、構築中でございますので

今しばらくお待ちくださいますよう

お願いいたします。

 

Tiara 恋愛相談については

現在も行っておりますので

希望者の方は

サイト上部のメニューバーより

「Tiara 恋愛相談室」をご覧ください。

 

よろしくお願いします。

自己愛性人格障害のひとは自分を守るために何の罪もない相手を犠牲にする

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

自分を守るために

人を犠牲にする無関心力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

自分軸よりも他人軸で動く人が多いです。

 

自分の気持ちが少々乗らなくても

相手が乗り気なら

自分の気持ちを100%隠して

「行きたいね!」などと

合わせてしまうことのほうが多いし

それで自分が嫌な気持ちになることも

ありません。

相手が喜んでくれることが一番なので

初めは乗り気じゃなかったとしても

相手が楽しむところを見ていることにより

いつの間にか自分まで

楽しくなってきたりします。

 

ですので

Tiaraはそれが悪いことだとは

まったく思っていませんでした。

 

だって結果的に自分も楽しめてしまうし

恋人同士なら

それで仲良くなることも多いので

特なことしかありません。

 

Tiaraもこの性格のおかげで

小さいころから友達と仲良くなったり

友達の輪が広がることも

多かったと思います。

 

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

この性格は

とてもひどい目に遭ってしまうことに

なってしまうのです。

 

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分の話しか興味がないのですが

他人軸で動く人というのは

それがまったく嫌ではありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとの

魅力的な面を見て

惹きこまれてしまうことが多いのです。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

頭脳明晰でクールに

どんなことでも瞬時にこなしてしまうので

その鮮やかな立ち振る舞いを見るだけでも

とても尊敬できましたし

とても楽しい思いをしていました。

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

尊大な魅力が充分に認められるので

とても満足すると思います。

 

これが自己愛性人格障害のひとと

自分のことはほとんど持っていなくて

他人軸で動く人とくっつきやすくなる

特徴の1つでもあります。

 

そして

尊大な自分の魅力を

魅せつけることができるので

あなたが

周りの人の前で尊敬の態度を

見せますので

こういった人をなかなか離さなくなります。

 

 

結果として付き合いが

とても長くなってしまうのですが

そして相手をののしるときも

何もなくてももっともらしく話をするので

とてもこじつけには見えません。

 

 

あなたが分かってくれないからだよ?

とか

俺の気持ちがわかってないんだね?

と言われてしまうと

突然何の前触れもなしに

機嫌が悪くなってしまう彼に

あなたが気づいていなかったから

彼を怒らせてしまったのではないかと

自分を責めてしまうので

まったく気づかないし、

なんの意味もなく無視をしたり

機嫌が悪くなったりしても

正当化されてしまいます。

 

 

周りの人だけでなく

あなた本人まで

自分が何か悪いことをしたのではないか?

と思ってしまうのです。

 

自分軸で動く人は

自分が何もしていないのに

相手の人が機嫌が悪くなったり

急に無視をしたりしても

自分が悪いとは思いません。

 

明確な納得できる理由もないのに

勝手に反省したりしないので

口に出すか出さないかは別として

自己愛性人格障害のひとに

不信感を持つのです。

 

もちろん納得できる理由が分かれば

反省もするし彼に対して謝ったりすることも

あると思うのですが、

理不尽な目に遭えば

不信感をいだきますので

自ら、自己愛人格障害のひとと

距離を置くと思いますので

彼から別れ話を出されたとしても

納得して別れてしまうかもしれませんので

自分からごめんなさいと謝ったり

むやみにすがりついたりしません。

 

しかも自己愛性人格障害のひとも

こういった人には

嫌がらせをすることができませんので

自分軸で動いている人には

自己愛性人格障害の

被害に遭うことはないのです。

 

他人軸で動いてしまう人は

自分に何の心当たりがないとしても

あの時の自分の態度が

いけなかったのではないか?とか

彼の気持ちを無視するような行動を

知らない間に

起こしてしまっていたのではないか

とやってもいないことを反省したりするので

どれだけ被害に遭っても分からず

自分からごめんなさいと謝ってしまったり

無視をされていても

すがりついてしまったり

してしまいます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

自分が責められることがないので

好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

まずは自分軸で考えてみる

癖をつけるといいでしょう。

 

そして自分がなにかをした

心当たりがあるときには

きちんと相手の立場に立って

考えることができるようにすると

きちんとどちらのせいかを

明白にすることができ

ごまかされてやってもいない

罪を背負うことがなくなるのです。

 

やったほうが

「どちらのせいか、

明白にする必要がない。」

という時には

寛大なふりをして

自分の罪をごまかしていることがあるので

よく気をつけて

相手を見るようにしましょう。

自己愛性人格障害のひとのモラハラの始まり方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

モラハラの始まり方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性い人格障害のひとは

初めは取り込み作業から入ります。

 

あなたに自分がいかに素敵かを魅せつけ

そしてそのうえで

あなたをどれほど思っているか

アピールしてきたり

困っているときにさっと取り入って

瞬時にあなたの問題を

解決してしまったりします。

 

自己愛性人格障害の人は対人技術を

極めているので

とても感じがいいうえに

何かにつけて人に負けることに

恐怖を感じているので

必要以上に努力を重ねている人が多いので

普通のひとよりも解決できる問題が

多くあります。

 

あなたが困ったときに

素敵だと思っている自己愛性人格障害のひとが

さっとトラブルを解決してくれると

あなたはなんて素敵な人なんだろう

と感激してしまうでしょう。

そんなもともとは

普通の人よりも感じのいい

自己愛性い人格障害のひとが

いつのタイミングから

あなたに嫌がらせをしたり

あなたの犠牲を求めたりしてくるように

なるのでしょう。

 

あなたにとって

何度か疑問点をいだく場面はあるかと思いますが

妙に納得してしまったり

あれ?気のせいかな?とおもっったりするほど

一瞬で元のいい人に戻ってしまうので

なかなか気づかないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

確実に少しづつ

あなたに気付かれないように

モラハラ行為を強めてくるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでもモラハラができるわけではなく

ある特定の

嫌がらせをしても自分に害のない人に限って

こっそりと

周りの人にも気づかれないように、

もしくは周りの人が

あなたの方が悪いのだから

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がないね

と思ってしまうほど

あなたのことを悪く思ったときに

モラハラ行為が始まります。

 

そうなるために

あなたはこっそりと悪く思われるように

少しづつあなたの悪い噂を

自己愛性人格障害のひとに

流されているのです。

 

あなたは本当はとても良い人なので

そんなことをされているとは

疑ったこともないと思います。

 

そんな穏やかなあなただからこそ

狙われてしまうのです。

そしてあなたと出会ってから

自己愛性人格障害のひとは

この子にはモラハラをしても

大丈夫な人かどうかを

きちんと判断してから

モラハラ行為を仕掛けて来て

あなたの苦しむ顔を楽しむのです。

 

あなたの優しいところや

ちょっとしたことで人を疑わないところ

少し嫌な顔をされたり

無視をしていても

今日は嫌なことでもあったのかな?と

相手を理解してあげようとする寛大な心を持っている

と確信したときに

自己愛性人格障害のひとは

あなたをターゲットにしてもいいと判断します。

 

普通の人が思っていることと

逆のことをするのです。

 

普通の人は

何もしていない人が嫌がらせをされたり

悪い噂が流れたりすることはないと

思っています。

 

 

だからうわさが流れたり

嫌がらせをされているところを見た時点で

何も知らないくせに

あなたに原因があると思ってしまいます。

 

そんな人が

世の中にはたくさんいるのです。

 

嫌がらせをされたり

ターゲットになってしまった人は

自分が悪いことをしていないと

知っていますので

どうして嫌がらせをされたり

悪い噂を流されたりしなければいけないのかと

理解に苦しむのですが

あなたが味わっているその理不尽な気持ちに

自己愛性人格障害のひとは

満足感を得るのです。

 

 

そしてそのために

ターゲットを常に作っては

自分より下の人やみじめな人を見て

自分のほうが上だと安心するのです。

 

 

そしてそのために

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットを作り続けるのです。

 

その人が耐えられなくなり

会社を辞めたり、

その場からいなくなったりすると

また別の誰かを探してターゲットにします。

 

誰かがみじめな状態になっているところを

見続けていなければ

自分がみじめな存在のように思えてきてしまい

恐怖に苦しむのです。

 

 

その苦しみから必死で逃れるために

ターゲットを作って

立場を落としていきますので

悪いことをしている自覚がありません。

 

それに自分がそんなひどいことをする人間だと

認めることも

耐えられないのそこから逃れるために

本当にターゲットが悪いと

自分でも思い込むのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われる人は

自己愛性人格障害のひとを信じてついてきた

優しい寛大な人なのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

捨てられることで傷つく人は

喜んでどんどん傷つけていくのです。

 

優しい人ほど一緒にいる人は

選ばなくてはいけない、

とTiaraは思っています。

 

みじめな存在になって

その場にいられなくなるくらいなら

相手が自己愛性人格障害だと気付いた時点で

その場から離れたほうが

より安全なのかもしれません。

 

残念ですが

自己愛性人格障害のひとがいたときは

その場から離れるほうが

一番被害が少なくてすむのかもしれません。

自己愛性人格障害の被害者が長続きする恋愛をするために

こんばんは♡

今日は、長続きする恋愛をするために

自己愛性人格障害の被害に遭ったあなたが

心がけることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だったことは

とてもショックが大きかったと思います。

 

Tiaraも付き合った人の中で

自己愛性人格障害のひとは初めてでしたが

あまりにも素敵な人だったために

初めはとてもそんなひどいことを

してしまう病気だということが

信じられませんでした。

 

自己愛性人格障害の特徴が

あまりにも彼のことだったので

まず瞬時に納得してしまいましたが

似ているだけで

本当はまったく違っていた、

と思うことがあるかもと

調べに調べつくして

彼と違う特徴を必死で探しました。

 

いつも突然機嫌が悪くなることに

普段とのあまりのギャップに驚いたTiaraは

はじめ彼のことアスペルガーではないかと

疑っていました。

アスペルガーの人も突然怒りだすので

周りの人を驚かせますが

それは神経が細かいために

ほんとうに人と違ったポイントで

怒りだしてしまうので

本人には悪気はないようです。

 

そして自分でトラブルを起こした後

とても後悔して恥ずかしくなるのが

アスペルガーの特徴でした。

 

自己愛性人格障害のひとと違って

アスペルガーのひと本人には

相手を傷つける気など全くありません。

 

ですが、どうしても自分の気持ちに

コントロールが効かないので

怒り方がとても怖いのです。

 

病気で人と感覚が違うのは仕方がない、

と思いつつも

いくら悪気がなくても

突然自分の気持ちで怒ってしまうのは

一緒にいるのは怖いな、と思って

彼とは一緒にいられないかもと思ってしまい

ですが、

やはり彼のことはとても大好きでしたので

どこか違うポイントはないかと

やはり必死で探していました。

 

ですが、すぐに

彼とは全く違う特徴が出てきたので

彼は絶対にアスペルガーではない、

と断言することができ、

機嫌が悪くなるのは

普通の人の機嫌が悪くなるのと同じだと

ほっとして安心して

付き合うことができました。

 

アスペルガーの人は純真な人が多く

心の整理はできるのですが

身の回りの整理整頓ができない、

という特徴があったのです。

 

Tiaraの彼は絶対に違う、と思いました。

 

だって部屋や机の中は完ぺきで

キッチンも食器棚もリビングも

玄関もお部屋の中は

男の人とは思えないほど

完ぺきにきれいな人だったのです。

 

あんな人、見たことがありません。

 

ただ、神経質なために

人が腹を立てないようなことでも

彼は品がいいので気になってしまい

怒ってしまうとするならば

Tiaraも細かいところに

気をつけるようになるし

彼を怒らせないためにも

それはそれでTiaraも品よくふるまわないと

いけないなと思い

Tiaraも少し、気が付かない面があるので

自分を正すことができ

いいことだと思っていました。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

外見やお部屋の中は

きれいに整理整頓されていても

頭の中は

ぐちゃぐちゃだということを知り

恐怖を覚えました。

 

常に尊大な自分を演じることに必死なために

自分自身がなくなってしまい

頭の中がふちゃぐちゃになり

自分をかばうために相手を悪者にし

自分でも本気で

相手が悪いと思い込んでしまうので

本当のことが

分からなくなってしまうのです。

 

アスペルガーは突然怒りだしても

後から自分自身で思いだして後悔し

その場では取り乱してしまい

ブレーキが効かなくなってしまいますが

きちんと後から本当のことが分かります。

 

本人でさえ本当のことが

分からなくなってしまう

自己愛性人格障害のひとのほうが

怖いのです。

 

それになかなか気づけないあなたは

自分の気持ちを置き去りにして

相手のことばかり考えてしまいます。

 

だから分からなくなってしまうのです。

 

そして自己愛性人格障害のひととは真逆で

なんでも自分が悪いと思ってしまいます。

 

だからそれは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合のいいことで

あなた自身まで自分を悪いと

思い込んでしまうので

自己愛性人格障害のひとの嘘が

簡単に成立してしまうのです。

 

あなたに足りないのは

相手のことよりも

自分の気持ちを大切にする気持ちです。

 

誰でも自分のことを大事にしているので

自分を傷つける人には敏感になるのです。

そして自己愛性人格障害の被害者は

相手のいいところを見ようとして

少しくらい変だな、と

思うようなことがあっても

そこから目をそらして

相手のいいところばかり見ようとします。

 

Tiaraもおばあちゃんや友達に

「悪いところばっかり見たらいかんよ?

相手のいいところを見てあげると

うまくいくよ?」と幼いころから

何度も言われたことがありますし、

Tiaraもずっとそう思ってきていました。

 

たしかに相手のいいところばかり見ていると

関係性は上手くいくところがあります。

 

 

ですが、あなたが嫌な思いをしているのに

それを考えてくれない彼は

あなたのことを大切にしているとは

言えません。

 

少しくらいなら嫌な時も

あるかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

常に人の上に立たないと

恐怖に押しつぶされてしまうくらいですから

常に誰かを潰していないとダメなので

人のことを認めることができないのです。

 

それでも見過ごしていたあなたは

人の悪いところばかり見ている、

というよりは

普通の人よりも

極端に相手の悪いところには目をつむり

自分が傷つけられても我慢する癖が

極端についている人なのです。

 

あなたは

他人からそんなアドバイスを

受けている場合ではありません。

 

人の悪いところばかり見ている人は

自己愛性人格障害のひとの

被害には決して遭わないのです。

 

あなたに足りないのは

あなたが嫌だということを

相手に分かってもらう気持ちです。

 

そしてその気持ちさえあれば

話し合うこともできない

自己愛性人格障害のひとには

自分を大切にしていれば

すぐに気づけてあなたの方から

離れるはずなのです。

 

あなたを傷つける行為を

何度も何度も繰り返し行う

自己愛性人格障害のひとは

あなたのことをどんなに愛している、

と言っても

説得力がありません。

 

お得意のロマンチックな設定も

彼の涙やあなたに対する熱い思いも

どれだけあなたを傷つける行為を

繰り返しているかを考えてみると

なんの説得力もなくなってしまうのです。

 

あなたが自分を大切にする気持ちさえ

持っていればすぐに気づけるはずです。

 

そしてそれに気づくと

今まで彼が言っていたことを

信じていたこともばからしくなり

彼から気持ちを簡単に離すことが

できるのです。

 

 

今度誰かと出会う時には

あなたを心配させたりしないような

あなたを本当に大切にする

思いやりのある優しい彼を

選ぶように心がけましょう。

 

二度と同じ間違いを起こさないためにも

そもそも相手を選ぶときにしっかりと

あなたを本当に大切にしてくれているかを

よく見てから

相手を選ぶようにして下さい。