自己愛性人格障害のひとは自分のしていることがばれそうになると瞬時にいい人になるのが得意


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることがばれそうになると

瞬時にいい人になる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

全然そんな風に見えませんが

本当はものすごく臆病で

自分には価値がないと

思い込んでいます。

 

それが、周りの人に見つかることと

他人に否定されてしまうということに

極端にびびってしまっているので

それを全力で隠すために

逆に堂々としています。

 

普段は尊大な自分を魅せつけるために

常に立派にふるまっていますので

それがばれないうちは

まるで相手のことを思って

説教をしているように見せながら

自分の中の怒りをぶつけたり

好きな時に無視をして

相手が不安になることを楽しみます。

 

自分が何かしたのではないか?という風に

自分を責めているが分かると

本当は何もしていない人にでも

悪者にして怒りをぶつけ

その人の自尊心をへし折り

自分のほうが優位に立っていることに

満足するのです。

 

 

そんなことを繰り返すうちに

周りの人からは

本当にすごい人なんだと思われるように

なっていくわけですが、

中には敏感な人がいて

自己愛性人格障害のひとが

本当はこじつけで

八つ当たりをしているだけだったり

相手をののしることにより

みじめな立場にしていくことを

楽しんでいることに気づきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をつくのも平気なので

逆に堂々としていて

本当に自分がひどいことをしていても

そんなことはしていない、と

瞬時に泣きじゃくったりも平気でできるので

逆に分かりづらいです。

 

嘘をついた人が嘘がばれそうになると

びくびくする、と思っていると

自己愛性人格障害のひとの嘘は

見抜けないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害について

知っている人や

見かけだけに騙されず

何かがおかしいと気付く人が

本当にたまにいます。

 

Tiaraが自己愛性人格障害のことを

全く知らないときに

若いころ勤めていた会社で

社内でパワハラや

いつも悪者扱いをして

ミスを誘発して怒りをぶつける人を見て

「私あーいう人が何をしているか

知っているんだよね。。」と

いった人がいました。

 

その時は何を言っているのか

分からなかったのですが

あの人はおそらく

自己愛性人格障害の父親などを

小さいころから見ていて

その人たちが何をしているのか

どうやったらいいのかを

知っていたような気がします。

当時はTiaraも若かったのですが、

当時のTiaraと同じくらいの

若くてかわいらしい

でもどことなく凛とした

しっかりした女性でした。

 

話すときはきびきびと話しますし、

みんなの話にも笑ってついていけますが

いったん仕事が始まると

1人で黙々と作業を続けるような

そんな物静かでしっかりした女性でした。

 

今思うと

彼女のような立ち振る舞いは

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされないと思います。

 

 

Tiaraが若いころに勤めていた会社で

隣の部署に

かなり太った女性で

いつもユーモラスに周りの人を

笑いに巻き込んで

楽しく仕事をしている女性がいたのですが

その人は、いつも周りの取り巻き5,6人に

囲まれていました。

 

なんとなくみんなその太った女性に

気を使ったり、ご機嫌を取っているようにも

慕っているようにもみえました。

 

でも、噂によると彼女は

新人が入ってくるたびにターゲットにして

その周りの取り巻きたちと一緒に笑いものにし

何か失敗があるとその人のところまで行って

くどくどと文句をつけ

聞いた話によると

昔はその人の家まで押しかけて

文句を言いに行っていたような

本当に怖い女性だそうです。

 

ほとんどの新人は

その女性のターゲットにされ

やがて耐えられなくなって

自分から辞めていく人が

ほとんどだそうですが

1人、その女性からされた嫌がらせを

上層部に報告した女性がいて

上層部の方が調査で社内を

調べたことがありました。

 

こじ付けてその人の失敗にして

みんなでその人を袋叩きにしたそうですが

(本当に袋叩きにしたわけではありませんよ?

暴力ではなく、口での攻撃だったようです)

本当にそういうことがあったかどうか

調査部の人が

1人1人、関係者を呼び出して

話を聞いたそうです。

 

その時その太った女性は

いつもの堂々とした雰囲気はなく

少女のように泣きじゃくって

「そんなことはしていません。」と

言っていたそうです。

 

その時の弱弱しさは

被害者よりも気の弱そうな感じでしたが

周りの人からの証言で

おそらく事実だろうという結論に

至ったそうです。

 

クビにこそなりませんでしたが

彼女はずっと昇給のないまま

その仕事をつづけたようです。

 

今ではどうしているかわかりませんが

その時聞いた話では

普段の様子と全く違っていて

本当にびくびくしておとなしくなったようで

彼女の強かった時を知っている

Tiaraからしたら

想像できないです。

 

でも、今考えてみると

その人は、自己愛性人格障害だと思います。

 

彼女のことも今になって分かったのですが、

それよりもあの時、

あの凛としたかわいらしい女性が言っていた

「私、あーいう人が何をしているか

知ってるんだよね。。」

と意味深に言ったあの言葉が

あの人は自己愛性人格障害のひとのことが

あの頃から分かっていたんだ、と思います。

 

そして、彼女が絶対にターゲットにされない

キャラクターだということは

いまのTiaraなら分かります。

 

まったく人にこびていないというか

本当に心底堂々としていて

おかしな人には関わらない

堂々とした

しっかりとした自分を持った女性でした。

 

Tiaraもあの女性のように凛としていたら

自己愛性人格障害のひとは

寄ってこなかったでしょう。

 

今はその女性のような

堂々とした雰囲気だけは

意識して作っています。

 

その女性は本当にしっかりしていたので

やはりTiaraでは全くかないませんが

自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

本当のことがわかりません。

 

幸い、見たままの姿を信用しますので

あなたがびくびくしたり怖がったり

本当は弱かったり仕事ができなかったとしても

そんな雰囲気はみじんも見せないでください。

 

あなたが、自分に自信があるように

堂々とふるまっているだけで

自己愛性人格障害のひとは

あなたにはおとなしくなるのです。

 

怖くても表情に出したりせず、

背筋をきちんと伸ばし、

表情は少しだけ穏やかな雰囲気を持つ真顔で

決して自分のことを

なんでも話したりしないでください。

 

あなたの中に

少しだけミステリアスな部分を残しておくと

自己愛性人格障害のひとは

あなたが強いのか弱いのか分からないので

分からないものには

手出しもできなくなってしまうのです。

女性の自己愛性人格障害の特徴


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

特徴について

もう一度おさらいしていきます。

 

 

自己愛性人格障害とは

普通の人に見えて

実は普通のひとと全く違う

感覚を持った人のことです。

 

しかも自己愛性人格障害にも

いろいろなタイプがいますので

いろんな例を見て

あなたのそばの疑わしい人と

比べてみるとよいでしょう。

 

普通の人が

予測不可能な形で感情が動いていて

それは通常、表面上は

分かりにくいことが多いです。

 

普通の人が怒ったりしないことで

ものすごく腹を立てるので

近づくのは

大変危険だとされています。

 

ところが、表面上は

とても穏やかでいい人に見えるので

なんとなくその魅力に引寄せられ

近づいてしまう人が後をたちません。

 

Tiaraも実際に

自己愛性人格障害のひとが

どのような人のことなのか

知っていますが

知っていたとしてもやはり穏やかで

落ち着いている

素敵な人に見えるときは

見えるのです。

 

 

でもふとした時に、

なんとなく恐怖を感じ

その予感は現実のものと

なっていくのが

分かっているので

この人は自己愛性人格障害だと

判断したときは

いくら優しくても

どんなに親切にしてくれたとしても

心の中では距離をとるように

しています。

 

 

Tiaraも今の会社に入って

半年ほどたつのですが

今までおとなしく、

大人で落ち着いていて

優しそうな控えめな

品のある女性だと思っていた人に

自己愛性人格障害のひとと

同じような特徴を感じました。

 

 

落ち着いていて品もよく

女性らしい柔らかな雰囲気の

40代とみられる女性なのですが

この前、給湯室当番のことで

注意をされたことがありました。

 

 

Tiara自身もまだこの会社に入って

半年ほどなので、まだ2回ほど

給湯室のそうじ当番が

回ってきただけなのですが

前回に比べて給湯器の汚れが

とれていないことに気づきました。

 

Tiaraの前の当番の子は

Tiaraのチームに入ってきた

新しい子なのですが

給湯室の掃除を教えて、次の日に

その子の掃除の終わる時間が

あまりにも早かったことに

驚きました。

 

Tiaraは

1時間半~2時間かかるところを

その子は15分ほどで

掃除を終えて戻ってきたので

とても驚きました。

 

「全部外して手洗いだけど

もう終わったの?

ちゃんと洗った?」と聞くと

「終わった~。」と

間の抜けたような声で

でもはっきりというので

「嘘。きれいに洗ってないでしょ?」

なんて

見たわけでもないのに言えなかったので

特に何も言いませんでした。

 

Tiaraがその前に

掃除の仕方を教えてもらったのは、

自己愛性人格障害ではないかと

疑っている

この落ち着いた女性の方なのですが

簡単にちゃっちゃっと

説明しただけでした。

 

しかも当日は、彼女が休みらしく

いないから今説明するわと

その前の週の金曜に聞いています。

 

当番は月曜からなので

土日を挟んでいるし、

金曜日に給湯器も開けないで

中を予想して聞いているだけですので

もう少し丁寧に

説明してくれてもいいのに

と思っていたのですが

本当に簡単に

「この中も全部開けて

手洗いします。」

と言われただけです。

 

Tiaraは中身を

想像するしかありませんでした。

 

開けたときは

どうやってばらしたらよいか

分からず、壊さないように

こわごわやっていました。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざと分かりにくく説明をして

失敗をさせて怒ったり

困った顔をしたり

迷惑がったりします。

 

特に品のいい女性の

自己愛性人格障害は

怒ったり怒鳴ったりするケースは

少なく

たいていの場合、困ったかおをしたり

「あーあ、そんなにしちゃって。。」と

驚いたりするケースは多いです。

 

やり方としては

こちらが悪いなと罪悪感を

持ってしまうようなやり方で

周りの人から見ても

こちらが自己愛性人格障害のひとに

迷惑をかけているように見える

やり方をします。

 

あまり丁寧に説明しない女性に対して

(まさかね。。。)と

思ったくらいでした。

 

その場でやったわけではなく

簡単に口頭で

こうしてこうしてください、

といっただけなので不安になり

「どれくらい時間がかかりますか?」

と聞くと

「それは人それぞれ。

すごく早く終わる人もいるし

時間をかけて丁寧に洗う、という人も

いるのでまちまちです。」と

言っていたので

たしかに性格によるか、と思い

何も言いませんでした。

 

ですがただでさえ、ざっくりとした説明で

しかもこちらから質問しても

まちまちです。というような

曖昧な答え方では

なにも検討もつきません。

 

 

Tiaraはよくお茶を飲むほうですし

ましてやわりと神経質なほうなので

自分が嫌なのできれいに洗います。

 

ましてや人によっては

あまり丁寧に洗っていないと聞けば

なおさらです。

 

 

給湯器は中を外して

すべて手洗いなのですが

お湯が出てくるところの受け皿が

茶色く色がついてしまっていたので

(なにこれ?)と思いましたし

その子の掃除の様子が

あまりにも早かったので

もしかして

ちゃんと掃除していないんじゃないかと

疑うことは疑ったのですが

でも、言われると気分も悪いと

思って言いませんでした。

 

Tiaraは神経質なので

手拭きのタオルも

食器をふくタオルも手洗いなので

よほどきれいに洗剤をつけて

こすらないと怖いです。

 

洗濯機で洗わないことに

とても驚きましたが

昔ながらの会社なので

代々手洗いでやっているようです。

 

それなのに前回の当番の子の

15分という時間は

あまりにも早いと感じましたが

何も言いませんでした。

 

 

そもそもまちまちだと言われているので

早い人もいるか、という感じです。

(まちまちと言われましたが、

tiaraにはしっかり

言ってきましたけどね。)

 

でもまあ少し嫌だなと思ったら

自分がきれいに洗えば

いいだけのことです。

 

一週間、すべての道具を

毎日きれいに手洗いしてから

漂白をするので時間がかかります。

 

 

ですが、時間がかかっていると

いうことは

丁寧に洗っていると

思ってもらえるだろうと思い

一生懸命やりました。

 

掃除は嫌いではないので

全然嫌ではなかったのですが

仕事が押しているときは

時間が気になり、できるだけ

早く終わらせたいと思っていました。

 

ですがそれだけの量ですので

どうしても時間は

かかってしまいます。

 

まさかすすぎが足りない状態で

切り上げると漂白剤が

タオルについたままですので

食器をふくには危ないです。

 

それでも毎日、

きちんとどちらかというと

チャチャっと終わらせてしまう人も

いるというのならばむしろ

そういう人よりは丁寧にしたほうだと

思いました。

 

 

そしてTiaraが掃除当番だった後に

Tiaraのチームの新人の女の子

そしてもう1人を挟んでから

またTiaraに戻ります。

そして今週は、そのTiaraの後の

あの掃除の説明をしてくれた

温和な女性だったのです。

 

 

月曜になりその女性の当番になると

女性が目をまん丸くして

掃除してくれました?!」

と驚いたように言うので

「はい。」というと

「ここも?ちゃんと

ここもやってる?」

と聞いてくるので

長い時間をかけて

丁寧にやってくれている

と思ってもらえてると

思っていたのでその言葉は

大変にショックでした。

 

それで先週の月曜日にTiaraが

思ったことと

同じことを思っているようです。

 

「実は、先週私も同じことを

思いました。

 

以前に比べて受け皿が

茶色くなっていると思いました。

 

実は新人の女の子が

やけに早いなと思ったのですが

やった、っていうし

追及はしたら失礼になるかと

思って言いませんでした。

 

その代わりTiaraは

すべてのものを毎日漂白したので

その時以上には汚くなっていないと

思いますよ?」というと

おとなしいながらも少し声を荒げて

「1人じゃないかもしれないから

Tiaraさんも漂白だけじゃ

落ちないから

たわしでごしごしこすって!」と

言われました。

 

その時彼女からは異様な殺気と

目をむき出しして大きく見開いて

怒鳴りながら

少し楽しそうにも見えて

おちょくり半分です。

 

ですが、ギリギリ

まじめに怒っていると

とらえることができましたが

その時の彼女が

こじつけをしているようにも

見えなくもないのです。

 

でも、彼女を疑いだしたのは

そのあとからの行動のほうが

大きいかもしれません。

 

いつもはそんなにつるまない人なのに

やたらとTiaraの周りで

いろんな人と立ち話をしたり

誰かの海外のお土産を

いつもなら打ち合わせをする

テーブルのところに

置いておくだけなのですが

わざわざ1フロア70名ほどいる席に

1人1人配ったり。。

 

そして配るときに1人1人と

お話をしながら回っていたのですが

Tiaraの席の周りの人の時は

話す様置いていく感じです。

 

Tiaraのそばに来た時は

特別冷たい空気を

なんとなく感じましたし

これは、自己愛性人格障害のひとの

見せつけ行為にも見えます。

 

 

Tiaraもみんなと同じように

「ありがとうございます。」と

言いたかったのですが

なんとなく話しかけられるのを

拒否して

通っていくのがわかります。

(彼女のお土産ではなく

営業の方のお土産を彼女は

ただ配っているだけ)

 

なんとなくいつもやらない行動に

この人はもしかしたら

自己愛性人格障害ではないかと

思いました。

 

Tiaraの掃除を注意したことからの

ごまかしの意味で

みんなと仲良くしているところを

見せつけて

Tiaraから嫌われることを

防御しているかもしれません。

 

そもそもTiaraは「違う」と

説明しているのに

掃除の早かった彼女には注意しようと

しないのです。

 

以前のTiaraなら自分じゃないことで

責められても

「自分はやっていない」

と言うことができませんでした。

 

そのせいでよく

本当にそれをしてしまった人から

影で(ごめんね)と

謝られることはあったのですが

上司にはTiaraがやった、

と思われたままだったので、

上司のtiaraへのあたりが

きつくなったこともあります。

 

そのとき、友達に相談したら

「自分がしたことじゃないことは

認めたらだめだよ」と

言われていたのですが、

どうしても「私じゃないです。

あの人です。」と

言うことができなかったんです。

 

陰で謝ってきたひとには

「いいよ、いいよ!」と言ってしまい

いい顔をしてしまったがために

自分がどんどん辛くなる、

という思いをしたこともあります。

 

それに陰で謝る、ってそんな人に

いい顔をしてもそのひとは

自分の立場を守るために

していたことだったのですが、

そんなことには気づかずに

悪者にされてしまっていることにも

気づかないで親切に

自分のせいにされたままに

していたのです。

 

だから、今日はきちんと

自分ではないことと

心当たりのある人のことも言っても

その女性の態度は変わらず、むしろ

普段はしない、わざわざチョコを

配る態度やその時に

なんとなくTiaraを

拒否したような態度、

すべてが自己愛性人格障害のひとが

支配しようとしているときに

取るような行動です。

 

この彼女とは

同じフロアなのですが

ほかのひとに感じない

自己愛性人格障害の特徴を

感じたので

この彼女とは極力距離を

置いて付き合おうと思います。

 

 

まだ自己愛性人格障害かどうかは

分かりませんが、

信用できる人間でないことは

確かです。

 

自己愛性人格障害のひとは

不自然に悪者にしようとしてくるので

そんな雰囲気を感じたときは

まだ分からないとしても

その人とは距離を

置いたほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害の被害者がなぜ自他ともに信じてもらいにくい存在になってしまうのか?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

なぜ、自他ともに

信じてもらいにくい存在になってしまうのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭った方が

なぜか平和的であるにも関わらず

知らない間に

だんだんと周りの人から冷たくされていき

味方がいなくなってしまう

ということはよくあると思います。

 

自己愛性人格障害とは別名、

いじめ依存症と呼ばれていて

誰かみじめな存在を作って

眺めていなければ

いられない病気とされています。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたのことを一番に考えてくれている人が

いじめ依存症だと知ったら

とても驚くと思います。

 

 

ですが、彼がいくら普段は優しくても

時々感じる理不尽な冷たい態度や

なぜかあなたを省いた

彼を取り囲む楽しそうな人間関係に

入れてもらえないという経験をした人も

少なくないのではないでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとは

全力でその気にさせておきながら

後からその人を放置する、ということを

頻繁にして

人を傷つけています。

 

自己愛性人格障害のひと心の底で

自尊心が全くないのですが

それが周りの人に知られることを

恐れているので

どうしても自分よりも下の存在を

作っていないと

安心して生きてはいけません。

 

それくらい極端な思いがあるからこそ

必ずターゲットを作ってしまうのですが

それは恋人でも奥さんでも

自分の子供ですら関係がありません。

とにかく自分の周りにみじめな存在を作って

その人を眺めることにより

自分のほうがましだと思うことで

ようやく平常心を保っていられるのです。

 

また、称賛されることも

異常に求めているので

会話の中で常に

「すごい!」と言われることに

無意識にこだわっていて

常に尊大な自分を魅せつけてしまいます。

 

 

あなたは普段何も考えていないので

自分を尊大に魅せることなんてしませんし

本当に普通にふるまっていると思います。

 

 

また自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

とても共感力が強いので

むしろ自分よりも

相手が気持ちよく過ごせるように

常に気を使っているのです。

 

ところが、責任感が強いことから

なんでも自分が悪いと思ってしまいますし

何か事が起こったときは

その原因を自分の態度から

探そうとしがちです。

 

その結果、自己愛性人格障害のひとの

責任逃れの言い訳が成立してしまい

自他ともにあなたが悪いと

思われてしまうのです。

 

精神科のカウンセラーでさえ、

あなたの中の問題点を

探そうとする人がいますので

あなたの自尊心はどんどん傷つけられていき

あなた自身が本当に自分が悪いのかと

思ってしまい

本能的にはあなたは何もしていないことを

自分で知っていますので

余計にショックを受け

あなたは自分に、自信を無くしてしまいます。

 

その結果、あなたが悪いように

思われてしまうのです。

 

なんでも他人の責任にする

自己愛性人格障害のひとの話が

成立してしまい、

自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに傷つけられたと

真逆のとらえられ方をしてしまうことが

多いのです。

 

まして、自己愛性人格障害のひとは

大変に臆病なので常に自分を守ろうと

無意識のうちにしてしまいますので

あなたに傷つけられたと

言葉巧みにあなた本人や

周りの人間にも言ってしまいます。

 

 

その結果、責任感の強いあなたのほうが

自分のほうが悪かったと

思ってしまったりするのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

本当に難しいところなのですが

自己愛性人格障害とは

あなたが何もしていないとしても

もともと自尊心がありませんので

もともと傷ついています。

 

そして周りの同情を惹く言動が

非常にうまいので

周りの人も自己愛性人格障害のひとを

無意識のうちにフォローしようと

してしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のことが

分かるようになって

冷静に見ていても

世間のそのような態度を見ることが

よくあります。

 

そしてあなたがいくら優しいとしても

いつも責められたり、

理不尽な態度をとられていますと

だんだんと卑屈になっていってしまうのです。

 

その結果、自己愛性人格障害の被害者は

めんどくさい存在だと

思われやすくなってしまい

だんだんと本当に周りから人が

いなくなってしまうのです。

 

 

そうなると世間とはあなたのほうが

悪かったのではないかと

調べもせずに思うようになってしま

自己愛性人格障害の被害者が

その場にいられなくなることも

少なくないのです。

 

このようにいじめというものは

簡単に成立してしまいます。

 

いじめをなくそうと

世間的にはなっていますが

本当に之原因に気づいている人は

驚くほど少ないのです。

自己愛性人格障害のひとは自分が優位に立てないと急におとなしくなる


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分が優位に立てないと分かると

急におとなしくなる、

ということについて

お話ししようと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

お話をしていると

気づくことがあるのですが

まだしりあって間もないころは

やたらと親切にしてきたり

周りの様子を本当によく

うかがっていて

その人が困った瞬間に

瞬時によりついてきて

その対策を教えてくれたりします。

 

自己愛性人格障害のひとに話したり

相談したりしたわけでもないのですが

どこからか飛んできて

今困っていることについて

アドバイスをくれたり

一緒に手伝ってくれたりします。

 

それはそれでありがたいので

心を許して自己愛性人格障害のひとと

そのまま仲良くなってしまう人も

多いでしょう。

 

本当に驚くほどコミニュケーション力が

高いのですが

自己愛性人格障害の存在に気付くと

いつもこちらの様子を

うかがっているのが分かります。

 

初めのころはそれでうまくいく人も

多いと思います。

 

そのうちに困ったことだけでなく

人の失敗にもよく気づくことが

分かります。

 

「ねえ、あの子また

どっかにいなくなっちゃったよ?」

とか

「また今日も困ってるんじゃない?」だとか

親切というよりはだんだん

その人の失敗を

周りの人に聞こえるように

言っていることにも気づきます。

 

今のTiaraは

自己愛性人格障害の存在に

気付いているので

それを聞いたところで

その人のことを悪く取ることは

ありませんが

人によっては

自己愛性人格障害のひとの話を聞いて

(またいなくなっちゃったんだ。

サボってるのかな?)とか

(また困ってるんだ。

分からないことが多いんだな。)

とその人が何をしているのかも

知らないくせに

だんだんバカにするようになる人も

いるはずです。

 

何気ない会話の中にも

自己愛性人格障害のひとの欠点が

良く見えています。

 

そして、そのうちにその人がもし

自己愛性人格障害のひとに

親切にされたことでなつきだすと

今度は冗談まがいにからかいだして

大声でその人のダメなところを

宣伝しだすのです。

 

人のことを悪くしか言わないし

自分の親切心も

こっちから頼んだわけでもないのに

執拗にまとわりついて

異様なほどの

しがみつきをみせつけながら

親切にしてくれますので

この子なんか変だな、と気づきます。

 

以前のTiaraなら

全く気づきもしなかったでしょう。

 

ちょっとうざいけど悪い子じゃないし

きっとTiaraと

仲良くしたいだけなんだろうな

と思い

受け入れてしまっていたと思います。

 

ですが今は

自己愛性人格障害かもしれない、と

その人と距離を取り出すのですが、

すると今度は急に丁寧な態度になり

おとなしくなるのです。

 

これは自己愛性人格障害のひとでは

ない人でも

起こりうることなのですが、

仲良くなるとあなたのことや

他人のことを

バカにしだすので

分かります。

 

普通のひとは、仲良くなればなるほど

安心感と信頼が増すのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

他人よりも

自分のほうが上だと思うことに

異常な喜びを感じていますので

他人の悪い話を聞くと

うれしそうな顔をしたり

冗談まがいに笑いものにしたり

するのです。

 

普通のひとは他人の悪い話に

そんなに嬉しそうに飛びついたり

しません。

 

その時の顔が異常にうれしそうなので

自己愛性人格障害のひとは

すぐに分かるのです。

 

ですが、自分よりも上だと思った

人物や

自分よりも頭がいいと思った相手には

驚くほど従順です。

 

だからそういった品格を持った

立場が上のひとや

おかね持ち、会社の上役のひとや

経営者などは

自己愛性人格障害のひとの

ひどいところを

見たことがないはずです。

 

そして

そういった人には

ものすごく気に入られようとして

しがみつくので

自己愛性人格障害のひとは

上の位のひとからの評価は

驚くほど高いのです。

 

あなたの立場が

自己愛性人格障害のひとより

立場が下だったり

よほど自己愛性人格障害のひとには

負けないものがない限り

自己愛性人格障害のひとの

そばにいると

驚くほどけなされて

見下されていくのです。

 

 

そしてそこにしがみついて

彼に気に入られようとすると

とんでもないひどい思いをします。

 

自己愛性人格障害のひとに

気に入られてはいけません。

 

そして嫌われても

とんでもないことになるので

自己愛性人格障害のひとには

常にニュートラルに接するのが

一番です。

 

もともとそんなに

かかわっていなければ

自己愛性人格障害のひとは

驚くほどおとなしいのです。

世の中のいじめの加害者はほぼ自己愛性人格障害である


こんにちは♡

今日は、いじめの加害者はほぼ

自己愛性人格障害である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

世間では、よく学校でのいじめについて

ニュースになったりしていますが、

いじめの加害者になるような人は

ほぼ自己愛性人格障害です。

 

恋愛や結婚生活においてのモラハラや

会社においてのいじめも

ほぼ同じで

これは自己愛性人格障害のひとの心情が

原因とされています。

 

現在は、昔に比べて

インターネットの普及により

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害について

ずいぶん知られるようになってきましたが

まだ、いじめの原因が自己愛性人格障害という

どうしても他人をつぶして

みじめなところを見ていないといられない

いわば、いじめ依存症のような人たちの

心情によることが原因だということが

あまり知られてはいません。

 

みなさん、いじめは悪いことだという認識は

なんとなく持っていながらも

はっきりとなぜそのようなことになるのか

分かっていないのか

原因が分からない、とか

いじめの事実はなかった、などと

言っているニュースをよく耳にします。

 

そう思う人は

何も原因がないのにトラブルになるはずがない

と思っているから

そういった発想が生まれるのであって

自己愛性人格障害のような

もともとおなかの中に

育った環境による怒りの心情や

自尊心のなさから

逆らえない人や弱い人、まじめな人や

よく1人で行動する人をターゲットに

意味もなく

すべてをターゲットのせいにして

みじめな存在を作り

それを眺めることで平常心を保ち続けるという

普通のひとでは考えられない心情があることを

知りません。

 

知っているのは

いじめのターゲットにされた人のみです。

 

そしていじめのターゲットが

ほかのひとに分かってもらおうと話しても

信じてもらえないように

その人がおかしいと思われるよう

周りの人をコントロールしながら

加害者のしていることを分かりにくくし

周りの人を自分の味方につけて

できるだけターゲットが悪者になるよう

仕向けられているので

ターゲットは話をすることもできず

ただただ怯えて

ひどい扱いを受けたり

人格を否定されたりし続けているのです。

 

中には、おかしく思われているターゲットの

味方をすることが怖い先生なども

ターゲットにされた人の言うことを

ほとんど信じないので

ターゲットにされた人は

どんどん追い詰められていきます。

 

 

そして逃げ場を無くしたターゲットが

自ら命を絶ったりする悲惨な出来事が

起きているのです。

 

そして、この自己愛性人格障害のひとが

将来的に親になると

自分の子供や奥様にも

否定や拒否を繰り返しますので

幼いころにそうやって

ありのままの自分を

受け入れてもらえたかった子供たちが

大人になり

また自己愛性人格障害になってしまうと

言われているので

自己愛性人格障害のひとは

今後増えていくと思われます。

 

だから被害者がつぶされて学校を追いやられ

加害者側がいつまでも意気揚々と

取り巻きを作りながら組織を大きくしていくと

自己愛性人格障害のひとのほうが増えてしまい

被害者が減っていきますので

将来的には今よりも

自己愛性人格障害のひとが増えると

言われています。

 

 

そうならないためにも

自己愛性人格障害の被害を受けないようにして

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害の知識が

できるだけ世間に普及されるようになることを

願います。

 

 

自己愛性人格障害の被害を受けることは

自己愛性人格障害のひとが

どんどんひどくなることにもつながり

良くないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと被害者のその両方が

自己愛性人格障害のひとに

いじめをしやすい環境を

変えなければいけません。

 

希望があれば学校などでも

講習会を開きますので

ご希望の方は下記のいじめについての講習会について

お申し込みください。

 

お申し込みをされた方には

時間と内容について

こちらから連絡をいたします。

よろしくお願いします。

 

●いじめについての講習会●

 

いじめ原因と再発防止について

講習会を行います。

 

いじめとは、加害者を割り出して

話をすればいい、

という問題ではありません。

 

加害者側もやめることができない

心情なのです。

 

みんなが自己愛性人格障害という

病気を知ることにより

自己愛性人格障害を持つ子供たちも

いじめをやりにくくなります。

 

そして時間をかけていじめたい、

という心情も持たなくなるのが理想です。

 

これからの時代の子供たちが分かりやすいよう

小学校や中学校の先生を対象に

いじめの講習会を行わせていただきます。

 

混みあっている場合は、

多少のお時間をいただくことがありますので

ご了承ください。

 

ご相談内容によって多少の料金が違いますので

細かい打ち合わせは都度させていただきます。

 

ご希望の方は、下記お申込みボタンを

押してください。

 

いじめの心情についての講習会(約2時間程度)
¥60,000(別途 消費税)



※出張費に関しましては

別途、実費いただきますので

よろしくお願いします。

 

Tiaraでは今後、自己愛性人格障害の被害者が

1人も出ない社会を目指します。

 

あなたも自己愛性人格障害について

できるだけ知識を高めて、

自己愛性人格障害の被害を無くすために

一緒に頑張りましょう。

自己愛性人格障害のひとは知らない間にあなたの印象をコントロールしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたが離れれば離れるほど

近づいてくる、

ということについてお話ししようと

思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが寄り添えば寄り添うほど

あなたを否定してきます。

 

共依存のひとは

自己愛性自己愛性人格障害のひとから

否定されれば否定されるほど

不安になり、

分かってもらおうとして

ますます寄り添ってしまったり

喧嘩をしてしまったり

話し合おうとして

ズタズタにされます。

 

そして、そうやって

精神的に痛め付けられた、

あなたを見て

自己愛性人格障害のひとは

さらに高揚して

あなたから離れようとせずに

どんどん攻撃を強めて

悪循環を起こします。

この悪循環を立ち切らなければ

あなたはどんどん病んでしまうのです。

 

これが、自己愛性人格障害の被害で

まわりのひとから非常にわかりにくく

自己愛性人格障害のひとと

被害者の間で

ひっそりと行われていきます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

とても用心深いので

そこで

よりあなたが信用して

もらえないように

さりげなくあなたの評判を

落としているのです。

 

そしてその間にも

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分をみせたり

周りのひとに親切にしたりして

自分をより信頼してもらいやすいよう

周りからの自分の印象を

よくすることに常に全力を

そそいでいるのです。

 

こうやって自己愛性人格障害のひとは

あなたの周りからの印象を

コントロールしていくのです。

 

だからあなたが気付いたときは

もうすでにあなたは孤立しているので

その環境にいづらくなっている

のです。

 

こうなってしまうと

なかなか逃れることが

難しくなりますので、

こうなる前に

あなたができるだけ早く

自己愛性人格障害のひとの

していることに気づき

あなたから彼をシャットアウトする

必要があるのです。

 

あなたのほうから

自己愛性人格障害のひとを

拒否すると、

自己愛性人格障害のひとは不安になり

あなたに親切にしたり、優しくしたりして

攻撃がしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から人を嫌うことはいいのですが

ひとから嫌われることに

極端な恐怖心をいだいています。

 

普段はポーカーフェイスなので

そんなことはみじんにもださないのですが

もともと

自己愛性人格障害という病気は

自尊心が低すぎて

その恐怖から逃れるために

自分のまわりのひとたちのことを

見下すことで自分のほうが

価値があると思い込もうとします。

 

その感情を

異常なほどに思い込んでしまうので

常に虐待をしていないと

気がすまないのです。

 

そしてそれが

周りのひとにばれてしまい

自分がひどい人間に

思われてしまうことにも

恐怖心を抱いていますので

大っぴらに虐待するのではなく

精神的に追い詰める、というやり方で

相手を傷つけることで

ストレスを発散させていなければ

生きていくことができないほどの

自信のなさなのです。

 

この人を異常なほどに

追い詰めてしまう、

異常から精神状態から

彼らが病気には見えないですが

病気だということがわかりました。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされたくなかったら

彼らのことを心のなかで

拒否することにより

自己愛性人格障害の被害を

避けていくように

心がけていってください。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人が気づかなければならないこと



こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人が

気を付けなければならないことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

やっていることというのは、

本当に分かりにくいです。

 

普通に性格が悪い人が行っている

人をおとしめていく、やり方とは

違っていて

自己愛性人格障害のひと本人に

自覚がないという特徴があります。

 

本人にひとを傷つけることは

悪いことだ、という自覚がないので

自分のことを

本当に善人だと思っています。

 

嘘発見器なども嘘をついたときの

心の乱れが心拍数や表情や行動に

表れるところを見るので

自己愛性人格障害のひとのように

本人に自覚がない場合、

罪悪感がまったくないので

ほぼ、動揺することはないと

思います。

 

だから、おそらく嘘をついていても

嘘発見器で分かることは

ないでしょう。

 

このように本人に自覚がないところから

少し厳しいけど悪い人ではない、

ととられることが多く、

厳しいけど本当の愛情を

持っている人だ、

というふうに見えがちです。

 

tiaraもずっと自己愛性人格障害の

元カレのことを

厳しいけれど、

彼は本当のことを言っている、

と思い、

ひとが悪く思われたくなくて

言えないことを

彼は本当に

相手のことを思っているので

あえて厳しいことも言う、

本物の愛情をもったひとだと

思っていました。

 

tiaraには優しかったですが、

いつも人のことを、

「あいつは昼間はほんとは

仕事なんてしてないくせに

生活残業のために

やることもないくせに

毎日だらだらと残っているんだ。」

とか

「ちゃんと期限までに

やっていないあの人が悪いんだよ。」

とか

人をさんざん怒鳴ったあと、

tiaraに毎回言いに来ていたので

tiaraもすごく怒ってたけど、

正義感が強いだけなんだな、とか

曲がったことが許せないタイプなんだな、

と思っていました。

 

tiaraまで一緒になって

その人たちを少し蔑んで見ていたことも

事実です。

 

だけど、自己愛性人格障害の特徴に

気づいてみると、

たしかに生活のために

残業をしているひとは、

他にもいるし、

カレ自身が期限までに

できていなかった仕事もあります。

 

ですが、自分のときは

いたづらっぽくかわいい顔をしながら

tiaraのところまでやってきて

「あー、しまった。

人間、忘れることもあるよな?」

と笑っていっていたので

tiaraもくすっと笑って

彼のことをかわいいな、

と思ったりもしていました。

 

あとになって気づいてみると

彼が言わなければ、

期限を忘れていても、

その人に「忘れてるよ!」といってあげれば、

「あ、教えてくれてありがとう」と

さっとやってしまえば、

とがめられるようなことではありませんでしたし、

生活残業をしているひとでも

他にもそういったひともたくさんいたので

彼がそんなことを言わなければ

悪く思われることもなかったような気がします。

 

そして、そういうときは必ず

彼が言ったひとが、

成果をあげたときや

ひとに誉められているのを見たとき、

彼よりもそのひとが

目立ってしまったあとに

言っていました。

 

本人のことを思っていれば

周りの人ではなく、

その本人にアドバイスすればいいと思います。

 

周りのひとに言ってしまうということは、

ただ単に、そのひとがよく思われないために、

悪い面をばらしていただけだったのだと

思います。

 

そして、ひとはそういった

悪いことばかり聞いていますと、

その人に対しての印象が

悪くなります。

 

そして、言われているひとたちは

よく見ると

人のことを、

わざわざ悪く言わないひとたち

ばかりなのです。

 

そういった特に害もないひとたちを

影でおとしめて、周りの人の評価を低くしてくると、

そんなことをしない彼がいい人のように

思えてきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

その人たちをおとしめようと

しているわけではなく、

自分をあげることに必死なために

無意識のうちに

周りの人たちの評判を必死で落としているのです。

そして回りには

自己愛性人格障害のひとはいませんので

その人たちが彼のことを悪くいうことはなく、

むしろ人のいいところばかりを

とらえようとする人たちばかりなので

言われたひとたちは評判や印象が悪くなり、

自己愛性人格障害の彼の評価は

どんどん上がっていきます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

本当に努力家なので

得意なことを1つや2つ持っています。

 

だから、言われているひとたちは

彼のそんなよいところを評価して

自分たちの評価が

落とされていることも知らずに

自己愛性人格障害のひとを

称賛し続けるのです。

 

彼が恋人の場合も

こういったことが起きていて

気づくと

あなたの評判は落ちていて

彼の評価はどんどん上がっていくのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭うようなひとは

そういったことに気づきませんので

ちゃんと周りをよく見て

本当のことを見極める目を身に付けてください。

 

自分の意見に自信がなく、

ひとに決めてもらおうとしたり

ひとに聞くことでしか

行動できないひとが多いのですが

それはあなたが

今までに自己愛性人格障害のひとから

罪悪感を植え付けられてしまっているので

自分の意見に自信がないのです。

 

人の意見を鵜呑みにせず

きちんと自分で判断する判断能力を

身に付けてください。

 

それには自分の目に

自信を持つことです。

 

そして、自分の目でよく見て判断し、

人のいうことが

本当に正しいかどうか

判断してください。

 

そうでないとあなたはどんどん

自己愛性人格障害のひとに惑わされて

本当のことが分からなくなって

しまうのです。

 

そうならないためにも

人の意見を聞いても、

本当にそうかどうかの判断は

自分でするように心がけてください。

 

tiaraは今では

自己愛性人格障害のひとが

人の評判を落としていることに

気づきます。

 

わざわざ言わなくてもいいことを

大声であえてみんなに

聞こえるように言っています。

 

「あ、また席はずしているよ!

散歩かな?」とか

「昨日休むなんて言ってなかったのに

急に休んだよね?

先週もじゃない?」

「あのひと、病んでるよね。

頑張りすぎちゃって、

いい人に限ってそうなんだって。

やだあ~。」

などちょっとふざけていて

ディスりとも取れるような言い方で

いちいち人の揚げ足を取っています。

 

もし、そこにのっかるひとがいたら

悪口の輪はあっという間に

広がってしまうでしょう。

 

しかもちょっと楽しそうに

そういうことばかり話している

女子のグループなどは、

自己愛性人格障害の人のかたまりか

自己愛性人格障害と

取り巻きの塊だと

tiaraは思っています。

 

だからこのディスりに

tiaraは絶対にのっからずに

無言です。

 

あっという間に嫌な雰囲気が

広がることは分かっていますので。

 

代わりに言われたひとと仲良くします。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

だんだんおとなしくなっていきます。

 

おそらく、だんだんと

そういったことは言いづらく

なってくるでしょう。

 

この子はまだ

自己愛性人格障害かどうか

分かりませんが、可能性が高いな、

とだんだん思い始めています。

 

tiaraがのらなければ

周りにいるひとも

感じの悪いことを言っていることに

気づきやすくなりますし、

tiaraがのって

一緒に悪口を言ってしまえば

言われたひとが、本当にそうだと

思われがちになっていくのです。

 

tiaraが見る限り、

言われているひとは

仕事はきちんとやっていますし、

集中しすぎて眠くなってきたり

だるくなってくると

気晴らしに歩きに行っているようで

本当にさぼっているようには見えません。

 

ですが、言い方次第で周りの評判を

落とすことは可能だと

自己愛性人格障害の人を見ていると

気づくのです。

 

だから、tiaraがそばにいれば

そんなことはさせません。

 

自己愛性人格障害のひとも

周りをコントロールすることは

ひとりではできません。

 

似たような価値観のひとが

いるからこそ

成立するのです。

 

このような状態に多くのひとが

気づけるようになり

自己愛性人格障害のひとが

攻撃できなくなるように

あなたも考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとの他人を面白おかしくディスる原因について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ディスり方にについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人をつぶしてその人が堪えるところを見て

何とか自尊心を保とうとしている病気です。

 

被害に遭った人は

何もしていないのにとても苦しい思いをして

その場を追いやられてしまう人も

大勢います。

 

 

それなのになぜ、人気があったり

コミニュケーション上手に

見えるのでしょうか?

 

それは、悪意のなさそうに見える

冗談まがいの相手のディスり方です。

 

本人がいれば少し恥ずかしいような

みじめな気持ちになったりもするのですが

本人がいなければ笑い話で済んでしまうような

悪意のなさそうな相手のディスり方にあります。

 

これだと本人がいれば少しかわいそうですが

いなければただの笑い話で終わります。

 

本人がいても

ただの冗談を真に受けて

「めんどくさい奴」、というように

悪者にされてしまうことも多いので

傷ついても我慢して笑っている人も

時々見かけることがあります。

ですが、それを、

何度も何度も繰り返されることによって

話しの本人は少しづつ、みんなから

見下されてしまいます。

 

本人の耳に入っても辛いですが、

本人の耳に入らないほうが

もっと辛いかもしれません。

 

 

その人の知らないところで

少しだけ周りの人にだんだんと見下されて

なめられていくのです。

 

こういった場合、

すぐに孤立することはありませんが

だんだんと時間をかけて孤立していきます。

 

 

Tiaraはそういった場面を

何度も見てきましたが

それを止める人はほとんどいません。

 

みんな自分のことが言われるくらいなら

ほかの人が言われているほうが楽なのです。

 

 

ただ、ディスったり、ひとの失敗談を話している人が

自己愛性人格障害だった場合、

正義感を直接向けることは

敵対心をあおることになってしまいますので

今度は、注意をした人物を

徹底的につぶしにかかってきます。

 

いじめられている子供を助けると

助けた子供がやられてしまうのは

この原理なのですが

それでは、いじめられた子供を助けずに

見過ごしていては

いじめられた子はだんだん居場所を

無くしていきます。

 

 

それを自己愛性人格障害のひとに

敵対心を向けずに

被害者が被害に遭わない方法があります。

 

それは、周りにいる人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめようとしていることに気づき

その冗談まがいのディスりを真に受けないことです。

 

自己愛性人格障害のひとに

いう必要もありませんし、

その子をかばうようなことをする

必要もありません。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとが

そうしないと生きていけない病気なので

仕方ないな、と頭で理解し

その話のネタになっている人のことを

今までと変わらず、普通に見て

普通に接してあげるだけでいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしても人の上に立っていないと

落ち着いていられないので

誰のことでもちょっと小ばかにしたり

冗談めいたディスりで

その人の立場を下げることを常にしています。

 

何を話をしてもどんなにいい人のことも

ちょっと馬鹿にしたあだ名で呼んでみたり

その人の失敗談をおもしろおかしく

周りに話していたり

本当に関心するほど

常に誰かのことを言っているのです。

 

周りの人も楽しそうに聞いている人もいませんが

みんな、なんとなく顔色を見ていると

自分が言われたらいやだな、と

ちょっと引いているのが分かります。

 

中には一緒になって

それを面白おかしく聞いている人たちも

少人数はいますが

そういう人は

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっていくのです。

 

 

取り巻きは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合の良い存在なので

仲良くしますが、

いつでも都合が悪くなったら

その中からターゲットになる可能性は

周りのひとよりも高くなります。

 

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっている人は

自己愛性人格障害のひとのことを

信じていますので

分かってもらおうと何かを言っても

無駄になります。

 

だから取り巻きになっている人も

自己愛性人格障害のひと同様

できるだけ関わらないようにすることが

一番です。

 

自分の言ったことを周りのみんなが

信じてくれていないことに気づくと

自己愛性人格障害のひとは

急に恥ずかしくなり

今度は自分が嫌われるんじゃないかと

ひどく怯えておとなしくなります。

 

逆に、自己愛性人格障害のひとが怖いからと

自己愛性人格障害のひとのご機嫌を取ったり

同意したり仲良くなったりすると

被害者はより落ちぶれていき

自己愛性人格障害のひとはより

ひどくなるのです。

 

世の中には、取り巻きになる

自分のことしか考えていない人たちが多すぎて

自己愛性人格障害の被害がひどくなっているケースが

山のようにあるのです。

 

自己愛性人格障害の取り巻きになると

自己愛性人格障害のひとから特別扱いされていき

取り巻きのひとも自己愛性人格障害のひと同様に

生きやすくなることがよくありますが

ターゲットが逃げていなくなると

結局は常に一緒にいる取り巻きの人たちが

一番危険になるのです。

 

 

そして、世の中には1人になることが

怖い人たちがとても多いので、

今まで、

自己愛性人格障害の取り巻きに

なっていたので

自己愛性人格障害のひとに

突き放されることが怖くなり

取り巻きの人が被害に遭ったときが

一番状態が悪くなります。

 

初めから

自己愛性人格障害のひとと仲良くない人は

無視をされても、相手にされなくても

もともとが一緒にいないので

そんなに強烈に辛い思いをすることは

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めに強烈な取り込み行動をしますので

そこで自己愛性人格障害のひとの

不思議な魅力に取りつかれてしまうと

突き放されたときに

相当辛い思いをしてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとがあなたの情報を聞きたがる訳は?


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたの情報を聞きたがる訳について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

知り合ってまだ間がない頃は

あなたの情報をとても知りたがります。

 

好奇心が旺盛でとても感じよく

フレンドリーにあなたに近づいてきて

あなたの話をいろいろと

聞き出そうとします。

 

 

あなたもフレンドリーだったり

自己愛性人格障害のひとと

仲良くしたいと思っている場合には

あなたのほうが

自分からいろいろなことを

話してしまう場合もあるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの話に興味をもって

聞きたがります。

 

そんな彼にあなたも

好感をいだくことでしょう。

 

彼に告白されなくても

あなたのほうから

好意をもってしまうことも

あるかもしれません。

 

ひとは、好意をもったから

自分の話をしてしまうのではなく、

自分の話をいろいろしてしまったから

好感をいだくのです。

 

その点では、自分の話を

いろいろ聞いてくれる人に

好意をもつことは

自己愛性人格障害のひとでなくても

あると思います。

 

普通のひとは

本当にあなたに興味をもって

あなたの話をいろいろ聞きますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたに興味があって

あなたの話を聞いているのではなく

あなたの弱点や弱いところを

聞き出して

あなたの苦手なことを

どんどん自分のなかに溜め込んでいきます。

 

 

そしてあなたの弱点や嫌なことを

自己愛性人格障害のひとの

都合のいいときまで

隠し持っていて、それを

自己愛性人格障害の

つごうのいいときに

あなたにぶつけるのです。

 

たとえば、あなたが

書類をまとめるのが

苦手だと聞いていれば

書類をまとめて

それを発表しなければならないときに

「教えてあげるから。」と

優しくあなたを説得して、

一緒にやってくれるのですが

それを見ている人がいないと

あなたには

いっさい教えてくれません。

 

この時、自己愛性人格障害のひとは

2つのことをしています。

 

1つは周りの人に尊大な自分を魅せつけて

尊敬のまなざしで見られること、

そして、もう一つはあなたの心を取り込んで

あなたを思い通りに動かすための洗脳です。

 

彼が優しければ優しいほど

紳士的であれば紳士的であるほど

あなたは彼を信用してしまうでしょう。

 

あなたがやっぱり難しいと思って

彼にたずねてみると、

「もう十分できるようになったから

ひとりでやってごらん。

いざとなったら手伝ってあげるから。」

と優しく語りかけてくれます。

 

彼にいいところを見せる

チャンスですし

一生懸命がんばろうと

努力するのですが、

もともと苦手なことのために

どんな風にまとめればよいか分かりません。

 

そんなときに

彼にすがるように

手伝ってもらえないか聞いてみると、

「あんなに一緒にやったのに

全然聞いていなかったんだね。。」

と悲しい目をされてしまいます。

 

こうやってあなたに恥をかかせ、

そして自己愛性人格障害の人自身も

被害者だったと

あなたはとても悲しい気持ちに

なるのですが、

これが自己愛性人格障害の人のやり方なのです。

 

はじめから手伝うつもりなんて

なくても、

口だけあなたの味方をしていれば、

自己愛性人格障害のひとは

とても面倒見がよいやさしいひとに

見えてしまうのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

これを、あなたをおとしいれるために

わざとしているのです。

 

でも、あなたにしたら

考えすぎのようにも見えてしまうし

そもそもが自分でできるところまで

やらなければいけないことなのですが

自己愛性人格障害のひとが

手伝ってあげるから、と言わなければ

あなたはやるつもりも

なかったことでしょう。

 

こういったことを繰り返しますが、

こんなことを繰り返しやるようなひどいひとは

いないという常識があります。

 

ひどいことをされたり

怒られたりしている人を見かけたときは

怒られる人にもそれなりに原因があったのだろう

と思うのが普通でしょう。

 

ですが、この常識を利用して

ほんとうにあなたをおとしいれているのです。

 

だからこういったことを繰り返し行う人は

自己愛性人格障害だと思っています。

 

だって普通のひとは

こんなめんどくさいことわざわざやらないでしょう?

 

こんなことを常にしている人は

やはり病気なのです。

 

それは医者に行って診断されなくても

分かるでしょう。

 

そんな人を落し入れるようなことを

わざわざ何度もしているのに

医者に行って診断されたわけではないから

まだ分からない、

という人がいますが、

診断を待っていたら

被害者の人が

どんなにひどい目に合うか

分かりません。

 

自己愛性人格障害のひとの言動に気付いたら

あなた自身が自分で対処をして

彼からそっと敵対心を魅せることなく離れるのです。

 

 

世間一般の常識では理解されないことが普通なので

わざわざほかの人に理解してもらわなくてもいいでしょう。

 

 

そんなことよりも自分の判断で早めに離れて

自分の心を守ることが先決なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

わかるようになると

ほんとうに毎日、

そんなことばかりしている

自己愛性人格障害のひとに

気づきます。

 

ひとの欠点ばかりを集めて、

その人が悪く思われるように

毎日少しづつ小出しにしてしているので

普通の人がのほほんとしていても

勝てるわけがないのです。

 

それは毎日、ほんとうに些細なことで

いちいち怒ったり、

注意をしたりするほどのことではないので、

優しい人や寛大なひとは

いちいち心にとどめたりせずに

水に流して自己愛性人格障害のひとと

つきあってしまいます。

 

周りのひとも

自己愛性人格障害のひとが

悪い人だとは思いません。

 

彼のユーモアを含んだ

軽いジョークで相手をディスることも

ささいなことなので

いちいち気に止めてはいませんが、

毎日すり付けられる悪い情報は、

みんなの心のなかに

少しづつ蓄積されていき、

やがて周りのひとも

それが本当のことだと思い込むのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

やっていることはあなたの信頼性を

落とすことです。

 

あなたの評判を落とすことで

あなたのいうことが

信じてもらいにくくなるのです。

 

被害にあったとあなたが気づいたときには

もうあなたのことはだれも信用しなく

なっていますので

いくら被害を訴えたところで

あなたの話はだれも

信用しなくなっているのです。

そうなる前に

自己愛性人格障害に少しでも早く気づき

あなたの口をつぐむべきです。

 

そして自己愛性人格障害のひとの前で

失敗することも極力控えることです。

 

Tiaraは毎日ちょっとしたことで

ものすごく一生懸命やっている

とても親切な人が

冗談まがいにディスられて

明るく評判を落とされているところを

毎日数回聞いています。

 

Tiaraはうのみにしないので大丈夫ですが

この中で自己愛性人格障害のひとの話を

本当だと思ってしまう人が

何人いるのかと思うと

恐ろしくなります。

 

 

信用してしまった人は

もう自己愛性人格障害のひとと一緒に

Tiaraの中ではあまり

かかわりたくない人の1人になってします。

 

もちろん敵対心は見せず

丁寧に接していますが、

本当に心を寄せることはありません。

 

 

今のところTiaraは

ターゲットになっていないですし

今、ターゲットにしようと思われている方も

本当にすごく一生懸命やっていることも

Tiaraは(おそらく周りの人も)

分かっていますので

本当に孤立することはないでしょう。

 

あなたの街の自己愛性人格障害の人たちは

あなたが率先して気づき

自己愛性人格障害の人たちの

思い通りにならないよう

あなたが普通の人たちを守り

そしてあなた自身も絶対に

ターゲットにはならないでください。

 

世の中には

自己愛性人格障害以外の

方たちのほうが

圧倒的に多いのです。

 

 

そういった普通の人たちと

コミニュケーションを取り合いながら

普通の人たちとだけ接するようにしていると

あなたの周りには嫌なことは

ほとんどなくなると思います。

 

人間関係のほとんどのトラブルは

自己愛性人格障害のひとが

起こしていると思われますので、

普通の人たちとだけ交流を深めていけば

あなたは落とし入れられることも

その場を追いやられることも

なくなるでしょう。

 

それでも、自己愛性人格障害の人たちも

幼いころに共感力を使っていると

辛くてたまらない思いをした人たちなので

恨むことや敵対心を向けることだけはやめて

自己愛性人格障害のひとと関わらず

自由にやらせておいてお下てください。

 

あなたの自己愛性人格障害の対策は

被害を防御するためだけのものだと

覚えておいてください。

自己愛性人格障害の被害者はもっと周りから見た自分を客観視するとよい

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

被害に遭うような人は

もっと周りから見たときの自分を

意識してみると良い

ということについて

お話ししたいと思います。

 

会社や学校などで

理不尽な目に遭ったとき

とても驚くと思うのですが、

あなたが信じている世界だけが

あるわけではありません。

 

あなたは何もしていないと思うのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うようなひとは

自分の存在を

もっと周りから見て

どのポジションにいるかを意識してみると

冷静になれるし、あなたの気持ちも落ち着き

冷静に対処できると思います。

 

あなたも自己愛性人格障害のひとと

同じで

周りの人から見られたときに

どう思われるかを極端に

気にしていると思います。

 

人間は誰にでも好かれる、ということは

不可能に近く

そんなことは誰でもありえません。

 

必ずあなたも

誰かからは好かれていて

誰かからは嫌われていて

それ以外のひとからは

何とも思われていません。

 

それが普通なのです。

 

もしあなたが、

だれからも好かれるいい子を目指してしまうと

どんなに理不尽な目に遭ってもいいよと

言っているような状態に

おちいってしまうかもしれません。

 

Tiaraは自分自身もそうですが

そんな人を何人も見てきているのです。

 

 

もし、どうしてもそれを望み、

居心地のいい環境に身を置きたいのなら

周りから見た自分を

客観視できるといいのです。

Tiaraの会社にも

数人の自己愛性人格障害のひとが

数名見えますが、

いつも周りの様子を

さりげなく観察しています。

 

あなたの行動が彼の気に触ったり

あなたが彼が羨ましいと

思うものを持っていた場合、

あなたは自己愛性人格障害のひとから

その場にいられないほど

潰されてしまう可能性が

出てきてしまいます。

 

いい子であることも

自己愛性人格障害のひとからすると

攻撃の的となってしまうのです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

自尊心が恐ろしいほど傷つけられているので

ほかの人が別のひとと仲良くしているだけで

炎のような嫉妬心が燃え上がり

その人をコテンパンに

潰したくなってしまうのです。

 

あなたからしてみれば

何もしていないので

とても驚くと思うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えられないくらいの出来事で

感情をむき出しにしてしまうほど

怒り狂ってしまうことがあるのです。

 

自己愛性人格障害のひとから見たら

人が笑っている所を見ただけで

強烈にひがみをあらわに

してしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの前では

ヘタに敵対心をもってもらいたくないので

穏やかに静かにしていることを

心がけています。

 

周りから見た

全体像から浮かないようにすることが

自己愛性人格障害のひとからの

怒りを受けないことにも

つながっているのです。

大きな目で周りから見たときに

あなたの行動が

浮かないようにふるまっていると

自己愛性人格障害のひとは

あなたがどんな人物か分からないので

あなたに攻撃をすることが

できないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頭がよく、優秀な人物が多いですが、

共感力がないため

感覚的なものは分からなくなっています。

だから目で見て分かりやすいものしか

分からないのです。

 

 

あなたがケタケタ笑っていれば

嬉しそうにしていることは分かり、

自己愛性人格障害のひとは

そこにも怒りの感情を

持ってしまうことがあります。

 

 

でも、あなたの感情が

薄ければ薄いほど

自己愛性人格障害の人には

あなたがどんな感情を

持っているか分からないのです。

 

ただ、あなたもそんな

感情の薄い人間には

なりたくないかもしれませんが、

自己愛性人格障害は病気なので、

本当に注意が必要です。

 

あなたも自己愛性人格障害の被害に

自分が遭いやすいタイプだと

知っているとすれば

やはり注意をするに越したことはありません。

 

 

そして、

自己愛性人格障害のひとのいないところで

本当の自分を出せばいいことなのです。

 

 

普通のひとには

あなたのありのままの姿を見せても

大丈夫ですし、

むしろそのほうが友達もできやすいですし

周りの人のコミュケーションも

取りやすくなります。

 

Tiaraも自己愛対策のし過ぎで

暗い人だと思われてしまったことが

あります。

 

 

全然話してくれない、

と言われていたことが分かり

今ではその人とは普通に話すようになり

すっかりコミニュケーションも

元に戻りました。

 

自己愛対策は、

自己愛性人格障害のひとにだけ

すればいいのですが

いつもやっていると

暗い人だと思われてしまうこともあるので

そこのところはあなたのほうで調節していただき

普通のひととは普通にありのままのあなたで

コミュニケーションをとるようにしてください。