自己愛性人格障害はほとんど治ることのない病気

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害は

ほとんど治ることのない病気ということについて

お話ししようと思います。

 

 

これを言われると

自己愛性人格障害の人が

本当に絶望的な思いをするようですが、

それくらい思わないと必死で治したいとは思いません。

 

治す、というよりは

人にひどいことをしないように心がける、という

感じですが。。。

 

 

あなたが、今、自己愛性人格障害の彼と別れるのが辛いのは

心が納得していないからです。

 

だって、あなたは彼が普通の人だと思って出会い

彼に気持ちを寄り添わせて付き合ってきたからです。

 

あなたは普通に恋をしていただけです。

 

たまたま彼が自己愛性人格障害だっただけなんです。

そして、それは、

初めて自己愛性人格障害に会った人には分かりません。

だから仕方ないんです。

それを、何とか彼が普通の人だったらと

その考えにしがみついて

離れられないからです。

 

どれだけその考えにしがみついても

彼は変わりません。

 

彼も自分が自己愛性人格障害という病気だなんて

知らないんです。

 

この世に、幼いころの育ち方で

自分の自尊心が持てない子が育ち

その苦しみから逃れるために

人を潰しながらこいつよりは俺のほうが上だ、と

思い続けなければ

自分を保っていられないんです。

 

よほど、辛い思いをして生きてきたんだと思います。

 

でも、だからと言って

何も知らずに彼と出会い

一生けん命二人で生きていこうと彼に寄り添ってきたあなたが

大好きな彼に存在そのものも自尊心もつぶされて

何もかも失ってしまうなんて

そんなのひどすぎると思います。

 

 

自己愛性人格障害の人を恨む人もいますが

それも無理のない話だと思います。

 

でもあなたは、彼から離れれば

自分の幸せにむかって歩いて行けるんです。

 

その道は

彼と一緒には行けません。

 

彼と一緒にいたら

あなたが全力でつぶされて相当辛い思いをしなければいけません。

そのことに気づいていても

離れられない人がたくさんいますが

彼は変わらないということに納得できなければ

彼から離れることを

辛いと思うだけです。

 

でも彼は治ることがほとんどないので

あなたを全力でつぶしにかかり

会社も辞めなければいけないし

下手をしたら周りのだれからも信用されなくなって

最後には彼にも憎まれながら生きていかなければなりません。

 

 

本当は

あなたの心はとてもきれいなのに。。。

 

でも自己愛性人格障害の人も

そうすることでしか生きていけないんです。

 

自分で好き好んでそうしているわけでもありません。

 

お互いのためにも

できるだけ一緒にいる時間を無くし

遠くからお互いの幸せを祈ることが

最善策だとTiaraは思います。

自己愛性人格障害の人は、怒りを溜め込んでおくことができる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

怒りを溜め込んでおいて、

怒りを出す時と場所を調節できる、

ということについて

お話したいと思います。

 

普通の人は、機嫌が悪いとき、

少し態度に出てしまったり、

顔に出るタイプと出ないタイプがいると思います。

 

 

しかし、自己愛性人格障害のひとは

自分の中の怒りを、

今、出すとまずいな、と思うときは

おなかの中に溜め込んでおくことができます。

 

そして自分の都合のいいときに

出したり引っ込めたりすることが

できるのです。

 

たとえば、

外で嫌なことがあったとき

自分が怒りを爆発させるときができる相手ならその場で

怒りを爆発させて発散するのですが、

もし万が一

自分よりも地位の高い人だったり、

あまり知らない人物で、

その人物が強いか弱いか,

わからないときは、

その場では、その怒りをおさめて

そのまま持ち帰ります。

で、ターゲットがいるときに

一気にそのターゲットにむけて怒りを吐き出します。

 

そうやって溜め込んで

都合の悪いときは

その怒りを引っ込めて、

怒りをぶつけてもいい相手に

一気に吐き出します。

 

 

いったん怒りを引っ込めることが

できるので

自己愛性人格障害の人のことを

大人だと思う人がいますが、

ターゲットに向けて

一気に吐き出していることは

ターゲットにしかわかりません。

 

しかもターゲットになるような人は

何でも自分が悪い、

と思い込む人が多いので

他の人からは

自己愛性人格障害の人は

むしろ紳士的で大人に見えるのです。

 

 

ターゲット自身もそう思っているので、

怒られた自分が悪いと思い

どんどん自分に自信をなくしていきます。

 

ターゲットになる人の症状としては

だんだんと

びくびくするようになり、

自己愛性人格障害の人がくると

息が苦しくなり、動悸がしたり

恐怖に感じたり、ちょっとしたことに

びくびくするようになります。

 

そして、どんどん自信をなくしていき、

頭は回らなくなり、

本当に落ちぶれていくのです。

 

早く気づいて、

自己愛性人格障害の人から離れないと、

どんどんおびえるようになり、

自己愛性人格障害の人に

だんだん逆らえなくなります。

 

何もされなくても

心臓が止まりそうになる、

ということは

こういうことです。

そして臆病なために

なかなか人前では

そういったところを

見せないようにしているので、

他人には、

彼がそういうことをしている、と

いうことが

わからないのです。

 

自己愛性人格障害の人が

怒りを出すところと出さないところを

コントロールできることは

世の中の人は知らないので、

彼はどんどん信用を増していくのです。

 

自己愛性人格障害の特徴が

非常に世の中にわかりにくい仕組みで

虐待できるようになっているので、

自分で気づいて逃げなければ

なかなか助けることができないのです。

自己愛性人格障害の用心深さ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の用心深さについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

ふだん、そんな風にみえませんが、

自分は人をつぶして生きていますが、

自分が人に嫌われることを

非常に恐れています。

 

人に嫌われることが

異常な恐怖となるため、

常に親切に心がけています。

 

彼の親切も本当に細かいところに気がききます。

 

虐待している人に怒っているところを

ほかの人に見られても

彼が出世したり、本当はいい人なんだと思われるのは

彼の中に

尊大な自分ではなくなることへの

異常なまでの恐怖心により

周りの人に親切にすることをやめられません。

だから、

自分の怒りをぶつけるために

叱咤した相手の面倒を見ているところを

周りの人に見せたり

優しくしているところや仲良くしているところを

常に見せています。

 

だからそんな様子を見て

周りの人はほっとして

(なんだ。。思いやりから面倒を見ていただけだったんだ。。。)

と胸をなでおろします。

 

 

そしてターゲットにされている人も

自分の面倒を見てくれているから

愛情のある叱咤だったんだ。。と

安心して

彼に厳しいことを言われても

必死で彼についていこうとします。

 

これが彼女や師弟関係、

そして社内の先輩などの関係を使いやすい理由です。

 

しかも周りの人にも

被害者本人にも

分かりません。

 

そして、今回Tiaraがブログに書いているようなことを

世間でいうと

一生懸命教えてくれているのになんだ!と

こちらが思われてしまいます。

だから、むしろ虐待している人のほうが

厳しいけど本当はいい人、という風に見られ

被害者は、きちんということをついて

ののしられ続けなければ、

被害者のほうが、素直に注意を聞けない人

と思われてしまうし、自分自身もついていってしまって

気づいたら精神をボロボロになるまで

傷つけられています。

 

 

本当に相手のことを思って厳しいことをいう人と

何が違うのでしょうか?

 

はた目には分かりませんが、

相手のことを思って言っているわけではなくて

どれだけ叱咤を受けても相手が育ちません。

 

そしてよく見ていると

自己愛性人格障害の人は

相手をののしり続けているとき

高揚しているのです。

 

相手の成長のために言っているのではなく

自分自身の怒りの発散、

そして尊大な自分を周りに見せつけることが

同時にできる満足感です。

 

自己愛性人格障害の人の

人に嫌われたくないという臆病な面と

尊大な自分、相手を潰しても逆らわれないという

すべてを満たして、

そのうちに被害者のほうが、普通ではいられなくなるでしょう。

 

ちょっとしたことにびくびくしたり

自分に自信がなくなったり

周りから軽くみられるようになったりします。

 

 

それは決して

愛のある叱咤とは言えないでしょう。

 

いくらじこあいせいじん各障害の人が

用心深いとは言っても

時間とともに被害者も周りの人も

だんだん気づくようになるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人の急に手のひらを返すわけ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

あんなにも熱烈に

あなたから離れたくない、と

いっていたのに

急に手のひらを返すように

あっさりとしている理由について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

付き合ってきて

こんなにも大事にされるなんて、と

彼に夢中になってしまった人も

多いと思います。

 

彼のあなたを思う気持ちに感動して

こんなにも信じられる人はいないと

結婚まで決意する人も多いようです。

 

ですが、

その後、即座に行動を変え、

あなたを無視したり、

あなたにひどいことを言ったり

突然連絡が取れなくなることも

多いでしょう。

自己愛性人格障害の人は、

息を吸うように、うそをつく、

といわれていますが、

厳密に言えば、嘘ではなく、

そのつど、夢物語の

作り話のつなぎ合わせです。

 

 

しばらくたつと、

本人も自分の言ったことを

覚えていないことも多いでしょう。

 

そして、嘘をつく、というよりも

自分が悪いとは認められないので、

彼の都合で、あなたが、

何らかの失敗をしたように

こじつけて彼が怒り、

あなたがあやまる、

という体制をとります。

 

あなたが自分が悪くないことに

気づかないと

彼の言いなりになるか、

あなたのほうが怒った場合、

あなたのほうが悪いという体制を

とって

彼に捨てられたり

無視をされたりしてしまいます。

 

でも、彼が、あなたに戻ったところで

何もいいことはないのです。

 

あなたが自分の意見をいえない状態

でなら

戻ることができますが

それはあなたが捨てられても

ののしられても、

大事にされていなくてもいい、

という状態でなら戻ることが

できるのです。

 

だから、彼がいきなり

手のひらを返したような

言動を取ることは

彼の思い通りにふるまう状態へ

導いているだけで、

あなたを大切にして、

彼との未来へ歩き出すためでは

ないのです。

 

だから手のひらを返すことは

あなたが彼の気持ちをわかっていないわけでもなく、

彼に嫌われたわけでもなく、

彼が自分勝手にふるまっても

あなたが文句をいえない

非常に勝手な状態へ導くために

あなたにこじつけの

理由を押し付けて、

あなたが悪いといっているだけです。

 

 

だから、彼があなたに突然、

手のひらを返したような

言動を取ったときは

そのまま、彼の言うことを聞いて

離れてしまったほうが、

あなたのためになるのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

自覚なく、だんだんにあなたを

つぶしていってしまい

最後には、本当にあなたのほうが

悪いと思い込んでしまうでしょう。

 

だから、彼のことが好きなら

彼が本当にあなたのことを

嫌いになってしまう前に

別れたほうが

あなたのためなのです。

 

 

だから、Tiaraも後悔はありません。

 

あのときに彼と別れていたから

彼の中にまだTiaraへの思いがあるうちに

別れてよかったと思っています。

 

だってあれ以上一緒にいたら

二人で積み上げてきた素敵な思いでも

無残に打ち砕かれていたでしょう。

 

せめて二人で過ごした幸せな思い出はそのまま残せるよう

できるだけ早く

自己愛性人格障害の彼と

離れてください。

 

自己愛性人格障害は、

治ることのない心の病気なのです。

自己愛性人格障害の彼の忘れ方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼の忘れ方

について

お話ししようと思います。

 

あなたは、

あなたの彼が自己愛性人格障害だと分かって

本当にショックだったと思います。

 

劇的に彼と知り合い

運命だと思って二人の間に

いろんな事件が起こっても

きっと乗り越えられると思って

頑張ってきたのでしょう。

 

 

それが、

あなたの気持ちを分かってくれるどころか

率先して傷つけていたと知ったら

かなりのショックがあると思います。

 

彼を忘れる一番の近道は

自己愛性人格障害の特徴を知ることです。

うざいくらいに調べてもいいと思うんです。

 

それくらい理解のしにくいものなので

それを説明するために

Tiaraのサイトはあるものだと思って

書いています。

 

自己愛性人格障害は

普通の人にはまず理解できません。

 

Tiaraも初めてこの言葉にたどり着いたとき

あんなにもやさしくて

こんなに信じられる人はいない、

と思って5年間ついてきた彼が

自己愛性人格障害だなんて

信じたくないようなことが

ごろごろ書いていあります。

 

でも、体験してきたからこそ、

調べたことすべての意味が

分かってしまったのです。

 

Tiaraの友達がTiaraのブログを読んでいますが

本当にそんなことがあるのかなあと言っていました。

 

自己愛性人格障害に

会ったことのない人から見ると

そんな非常識な人がいるわけがない、

しかもそれが分からないなんて、

と思うでしょう。

 

でも分からないのも分からないように

自己愛性人格障害の人がしているからです。

 

素直にとれば

当たり前に分かることなのです。

 

それをあなたは、

そんなはずがない、そんなわけがない、

と思って

彼と頑張って自分を彼に合わせて

彼に全身全霊合わせて、

彼の言葉を信じて

今までやってこれたんだと思います。

 

自己愛性人格障害を知らなければ

彼から離れようとは

とても思わないほど

自己愛性人格障害の彼は

魅力的な人物を演じています。

しかもそれを本当の自分だと

本人も思い込んでいるので

嘘っぽくないのです。

 

それでも、

彼は尊大な自分を演じていて

事件を自分から起こして、それをすべて

あなたの責任にしています。

 

あなたがなるべく早く

彼から離れるには、

自己愛性人格障害を理解することです。

 

彼は自分も自分のなかの苦しみにもがいて

そのような形で信頼するあなたに自分の感情を

ぶつけているのです。

 

その自覚はなく、

あなたがかわいそうだという感情も

持てないほど、絶叫の中で生きているのです。

 

できることなら一緒にいて

直してあげたい気持ちも分かりますが

彼のそばにいては、大変危険です。

 

どうか1日も早く

自己愛性人格障害の彼のことを理解してあげて

あなたは自分の身を守るために

彼を恨まず、できるだけ早く、そっと彼から

離れていきましょう。

自己愛性人格障害の人は、性格が悪い、というわけではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

性格が悪いわけではない

というお話をしたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは、

病気というわけではなく

性格の一種と思われていることも

多いようです。

 

 

ナルシストや自己中とよく似ていますが、

それが、他人の精神状態を壊すほどまでに

攻撃を強めてしまうところが、病的なのです。

 

ただのナルシストや自己中は、

病気ではありません。

 

人に言われたり、自分でいけないなと

自覚することもできます。

 

実際、今まで正常な感覚だった人が、

ある日突然、何らかの原因で

自己愛性人格障害に

なってしまうわけではなく、

育っていく過程の中で、

相手の気持ちを考えられる状況ではなく、

自分が称賛されることだけでしか

自分の存在価値を認められなくなってしまった性格のようなものです。

ただし、それは、性格が悪いとか、

単なる自己中だとかいうレベルではなく、

自己愛性人格障害の人本人が、

そうして他人を潰していくことでしか

自分を認められない

他人を潰して称賛されるという

実質不可能なことを、

し続けなければ生きていけないほどの

想像を絶するほどの恐怖を、

抱えて生きているのです。

 

だから本人が、他人を潰して満足する、という

性格が悪いというレベルではないところが病気なのです。

 

やっていることは

自覚なく本当にひどいことをしていますが、

それでやっと

通常の生活が送れるレベルなのです。

 

ありのままの自分を認めることができないので

特別な自分になるために

想像を絶するような努力を

し続けているため、魅力的な人が多く、

取り巻きを作るのも非常に上手です。

 

だから、そんな人がひどいことをするとは

思えません。

 

人は、想像できないことが起きると

不安になったり、恐怖を感じたりします。

自己愛性人格障害の人は、

やっていることと見た目が

あまりにも違いすぎるので

想像することができず、余計に不安を感じたり

恐怖を感じてしまうのです。

 

一緒にいることは大変危険です。

あなたの精神が崩壊してしまいます

 

でも、自己愛性人格障害の人にはそんな意思は全くなく、

尊大な自分しか受け入れられないので、

他人に称賛されるような言動を常に

とり続けているのです。

 

自己愛性人格障害は、

病気であり、性格ではないのですが、

世間の人からは、

そういう性格なのだと思われてしまうのです。

 

そして他人の態度を通してしか、

自分の存在価値を認めることしかできないので

自分を常に称賛してくれる人を

そばに置きたがります

 

自分では、自分の価値が分からないのです。

 

だから恋人になる人は、

自己愛性人格障害の人を

称賛してくれる人をそばに置き、

自分を批判するような人は

遠ざけてしまうのです。

 

どんなことをしても許してくれる人を

好むので、もしあなたの恋人が

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたは常に

彼に称賛し続けているのでしょう。

 

彼と距離を取りたければ称賛しないことです。

 

そうすれば、自然に彼のほうから

あなたと距離を置きたがるでしょう。

 

自己愛性人格障害とは病気なので

彼を恨んでも仕方のないことなのです。

自己愛性人格障害の人のとても辛い状況とは。。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分の中のイライラを目の前の人のせいだと

思うことについて

お話ししたいと思います。

 

彼に理不尽なことで怒られたり

長時間お説教されることについて

非常に辛い思いをしている人が

大勢いるというお話をしましたが、

自己愛性人格障害の人は、

なぜあんなにもイライラしているのでしょうか?

 

それは、自尊心の低さから

尊大な人格者に見せるために

常に最大限、努力をしています。

 

そのために能力を発揮して

本当に出世したり、

才能を開花する人がいるのですが、

本人はとても辛い状態です。

それで自分で自分を認められれば

自分の自信になり、イキイキとしたり

満足したりできるのが普通ですが、

自己愛性人格障害という病気のため

自分で自分を認めることができません。

 

誰かに自分を認めてほめてもらうと

そこでその人の反応を見て、

やっと自尊心が一瞬だけもてるのですが

目の前の相手が、自分の思い通りに動いていないと

すぐに感情がMAXになり、激怒します

 

自己愛性人格障害の人は、爆発的に怒って

気分を発散させるというより、

ネチネチと長い間、自分の感情を

ターゲットとなるたった1人に向けることが

多く、彼の感情を向けられた人は、

非常に辛い辛い時間が長く続きます

 

人間は大きなダメージを瞬時に受けるよりも

小さなダメージを長時間受けるほうが

確実に弱っていくのですが、

自己愛性人格障害の人は

それをターゲットに向けて行い

自分の中のイライラした気持ちを

常にむけていますので

ターゲットとなった人は

自己愛性人格障害のひとから、

徐々に、常に小さな力で

心に攻撃を受け続けます

 

それが、ほかの女性の存在や無視、

理不尽な怒りとなります。

 

普段はとても優しいため、それに納得できず、

なかなか彼から離れる決心ができない人たちが大勢います。

 

そして徐々に彼に逆らえなくなっていき

どんなに嫌なことをされても

嫌と言えないようになり

ほかの女性に会いに行くことを許したり

普通の人が考えると

異常な状態の中で

お付き合いをしている人も

大勢みえます。

 

それは形上、ただの浮気、という形ではないと説明されていることが多くあり、

そしてターゲットになった人は

それに納得してしまっています

 

その理不尽な環境の中で

精神的虐待が行われているので

双方の女性、二人ともが病んでいきます。

 

お互いに、相手より自分のほうが

大切にされていると思っていますが

実質、彼にとっては

どちらの女性にも虐待をしているのです。

 

このことに先に気づいたほうから

彼から全力で逃げていき、

残ったもう1人のほうに

彼は、異常な執着を見せます

 

それは愛されているのではなく、

決して逃げない虐待されても

文句を言えなくなるまで

どんどん精神的に追い込んで早く逃げないと、

最後は、廃人にまでしてしまいます

 

でも、彼は、自分がそんなことをしているとは思っていないので

彼の中で彼の考えたきれいなストーリーの中を生きています

 

このスートーリーの登場人物として

あなたは与えられた役柄を演じるように

彼に強制されているのです。

 

必死の努力により趣味を極めてしまうことについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の趣味について

お話しようと思います。

 

Tiaraもわりと多趣味なほうで

子供のころからいろいろなことをしていますが、

被害者の方から寄せられたコメントに

自己愛性人格障害の人の趣味について

書かれているものが多くあります。

 

自己愛性人格障害という症状のため

尊大な自分を見せ付けるために

必死で努力している彼らですので、

そうしているうちに

いろいろなことを極めてしまうようです。

それも自己愛性人格障害の人が

魅力的に見える理由の1つにも

なっているようです。

 

いろんなことを極めてしまう人が

全て、自己愛性人格障害ということではありません。

 

しかし、自己愛性人格障害の人は

特別な自分しか認められないので

その必死の努力により、極めてしまう人が多いようです。

 

趣味の他にも極めるまで

惜しまぬ努力をしているうちに、

医者や弁護士、学校の先生になるひともいるようで、

こういった有能な職業の方の中にも、

自己愛性人格障害の方が、多いようです。

 

普通の人よりも

異常な恐怖心により、

必死の努力をやめられない病的な状態ですが、

それくらい必死なので

能力を発揮してしまうようです。

 

自己愛性人格障害のひとのなかに

魅力的な人が多いのも納得できます。

だから病気の原因となっている価値のない自分など、

もともと存在しないのです。

 

それが幼い頃の環境により

自尊心がまったくなくなっていて

生きている価値がないと、自分で思ってしまうほどの恐怖心を

いだいてしまっているんです。

 

初めからこんなことをするのは

まったく意味のないことです。

 

それなのに、

価値のない自分だと言う思い込みによる恐怖により、

近くにいるひとを

地獄に突き落としてしまっているんです。

 

本当に恐ろしいことです。

 

そしてそれを世の中のひとは

そんなことあるはずがない、と思い込んでいる。。。

 

回りの人が自己愛性人格障害という病気の人が確実にいる、

ということを 理解し、

自己愛性人格障害の被害から、

助けてあげなければならないのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく、

自分のその感情が正しいものだと

思い込んでしまっています。

 

教えてあげたいと思いますが、

教えても自分が間違っていると認めることも彼にとっては

究極の恐怖となりますので、

教えてあげることは、大変危険です。

 

だから教えてあげることもできずに、

ただ彼のもとから姿を消すことしか、

自己愛性人格障害のひとから身を守る方法はないのです。

自己愛性人格障害の人の物事を決める基準

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の物事を決める基準について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼から、

人格を全否定されて、ショックを受ける人が多いですが、

自己愛性人格障害の人は、

そもそも物事を決める基準が、普通の人と違います。

 

好きか嫌いか、ではなく自分がいかにすばらしい人間に見えるか

見えないかが、基準となります。

 

だから、愛がさめただとか、浮気だとか、結婚だとかの基準が、

普通の人と違います。

だからそこにやきもちを妬いても仕方のないことで、

彼は自分がいかに立派に見えているか

あなたがどれだけ虐待されても何も言わないで

つぶされてくれるか、それだけにかかっているのです。

 

ただ、そういった相手に離れていかずに

ずっと彼のことだけを尊重し続けてくれて、賞賛してもらって

自分の価値をあげてくれないと

自分では自分の価値が判断できないので、

そういった相手が逃げることを極度に怖がります。

 

それが、別れるときの

あなたへのしがみつき行為になっています。

 

あなたは、彼がまだ自分に愛情があると思ってしまうので

戻ると、どんどんつぶされていきます。

 

それをあなたは、まだ彼の愛情が自分にあると思ってしまうので、

戻ってしまいますが、戻るとどんどんつぶされていきます。

 

そして、彼に否定され続けられながら

彼のそばにい続けるという非常に辛い状態になります。

彼に、新しく興味が移った人ができれば

そのひとのところにいってしまうと、

彼とよりを戻したいとか、彼がもう一度

あなたのところに戻ってくれないかと、

苦しんでいる人がいますが、

彼があなたのところに戻ってくると

また、あなたはつぶされていき苦しくなります。

 

彼の人を選ぶ基準が、虐待できる自分を賞賛してくれる相手

ということに気づいていないのです。

 

あなたは、彼と一緒にいたいと思ってしまっていますが、

これもマインドコントロールで

彼と一緒にいても苦しむだけなのです。

 

自己愛性人格障害という病気を知らないと

彼を普通の人間だと思ってしまい、

一緒にいることで困難を乗り越えて幸せになれる、

と思ってしまっているかもしれませんが、

彼に選ばれるということは

とても危険なのです。

 

これは、本人のせいではなく、

病気のせいで、彼自身も自覚のないことなので

仕方がないのですが、

自尊心があまりにも低いために

自分よりも幸せな人が許せないのです。

 

あなたが幸せな思いをするたびに

強烈に嫉妬されてつぶされていくだけなので

むしろ幸せでいると

彼のそばにいることができず、

幸せでないほうが喜ばれます。

それでも彼自身、品がよく、

仕事ができたり、頭がよかったりするので

とても常識的な人間に見えてしまいますが、

自己愛性人格障害という

とてもおそろしい病気なのです。

 

 

あなたもつぶされたくなかったら

彼のそばを全力で離れることです。

 

彼自身、とても魅力的にあなたに自分のよさで

惹きつけ見捨てられ不安も強いので

それを深い愛情だと勘違いしてしまいがちですが、

あなたの幸せは、彼と離れたところにあるのです。

自己愛性人格障害の人は、自分がいい人に見えるよう常に必死になっている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

本当の人がらについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

その場その場での、一番都合のいい、

尊大な自分のつなぎ合わせ

ということからつじつまが合っていない、

というお話を以前したことがあると思いますが、

それでは、自己愛性人格障害の人は、

本当は素の自分とはどういう人間なのでしょうか?

 

Tiaraは実体験として

元カレと一緒にいて

時々、不思議だな、と思うことがあったのですが、

以前こんなことがありました。

 

 

それは、まだ、自己愛性人格障害という言葉を知らず、

彼が本当はどういう人間なんだろう

と、とっさに思いついて彼に

心理テストをやってもらったことがありました。

 

そうしたら

彼の本当の性格が見えるかもしれない、と思ったのです。

 

 

それはネットからひろった

簡単な心理テストだったと思うのですが、

彼と付き合って

2年ほど経っていたと思います。

 

もうだいぶ彼の性格は

分かってきていました。

 

どんな問題だったか詳しくは、

覚えていませんが、

それにこたえる彼の言葉にどれも

いまいち納得できなかったんです。

 

心理テストや占いとかって

女の子って結構好きですよね?

 

感覚として

Tiaraもほかのひととも

何度かやったことがあるのですが、

だいたい答えていくうちに

あ、ここでそう思うんだ!と新しい発見があったり、

そういう時はこっちを選ぶんだね。と普段の行動と

合致し、相手のことがより分かるようになったり、

その人がやっぱり思った通りの人だったと安心することが

ほとんどです。

 

(そしてこの感覚と言うものが

まさに自己愛性人格障害の人が

まったく分からないものです。)

 

そしてそのイメージは付き合いが深くなろうが

変わりませんでした。

 

そしてよりお互いのことが分かるようになり

心理テストで

けっこう楽しい思いしかしたことしかありません。

 

ところが、彼は違っていました。

「正直に答えてね。」とTiaraが言って

彼も慎重に答えだします。

 

でも、彼の答えはどれも納得できるものでは

なかったんです。

 

 

 

例えば、

 

普段の彼を見ていて

彼だったら絶対こういう風に答えるだろうなあ、

と思う答えとなんだか違うことを

答えるのです。

 

中には、ああ、そうだよね、と思う答えもあったのですが

ほとんどが「ん?」と思うような

答えばかりでした。

 

例えば、彼なら「する」と答える質問に

「しないね。」と答えたり、

彼なら事前に準備するだろうな、

と思う質問には、

「直感で選ぶね。」と答えたり。。

 

え?彼だったらこういう時

そんな風に言うかなあ?と疑うような答えばかりなのです。

 

少しおかしいと思いましたが、もしかしたら彼は

自分がどんなタイプか知られるのが

嫌でわざとちぐはぐな答えを

出しているのかなと思ったんです。

 

 

でも、もし、わざと分からないように

答えたとしても

そうしているのが分かるのですが、

彼の場合は、わざとそうしているようにも

見えないのです。

 

 

本当に分からないというか、

本当は、こうする!っていう

彼の明確な意思がない、というか。。。

 

ほんとうに、その答えがばらばらすぎて

彼がどんな性格なのか、結果が出ないだろうな、

と思えたので、途中でやめてしまいました。

その時、なんとなく彼が

ほっとしたように見えたんです。

 

彼自身、中身がないような気がします。

 

もしかして、あの感じの良さも、

その場その場でその人に合わせているから

感じよく思えるのかもしれません。。

 

 

普段の彼はとても物覚えが早くて

どんな人とも会話を穏やかに続けられるんです。

 

むしろTiaraのほうが分からないことや

知らないことは、会話が止まってしまいます。

 

 

ニュースの話題でも世間話でも仕事の話でも

何も知らないことはないといった感じで

「ああ、そういえば昨日のニュースでやっていましたよね。

政治家なのにあんなこと言っちゃ反感かいますよね?」

「あ、その件でしたら、僕が事前に調べておいたので

来週までに完成します。」

「うちの叔母もそーいうところありますよ。

温泉とか和みますよね~。」

でも、彼、テレビはほとんど見ないんです。

そして温泉に行きたいタイプでもないと思います。

 

いつも部屋では、彼の好きな音楽が流れていたり

テレビはほとんどつけなくて

パソコンで彼の好きな映画が流れています。

 

今時は、パソコンが普及していますので

テレビはほとんど見ず、

YOU TUBEばかり

見ているという人もいると思いますので

全然不思議なことではないのですが、

ニュースは朝も夜も見ません。

 

Tiaraもパソコンばかりなので

テレビはほとんど見ませんが、

朝、会社に行く前に目覚ましテレビくらいは

ついています。

 

あれを見るだけでも

大体のニュースは分かりますが

彼はそれすら見ないんです。

 

まあスマホでニュースなんか見ているかもしれませんが

こだわりやの彼なので

みんなと同じことはほとんどしません。

 

流行りのドラマも一切見ません。

 

まあ、テレビを見ないくらいは

不思議ではないのですが

では、どうやって

会話についていけるのかが

不思議です。

 

 

他人と話しているときは、

普通の好青年といった感じで

それなりにトレンディなドラマやスポーツなども

見ていて、みんなと話が合うように

見えます。

 

 

ドラマやスポーツなどは趣味の問題なので

見なくてもそんなにおかしいことではなく

好きにすればいいと思うのですが、

気になるのは、

ドラマでも何でも話が合わせられると

いうことです。

 

話をしている、ということよりもむしろ

相手に合わせることに集中している、

という風にも見えます。

 

もしかしたら、全く興味を持っていなくても

知っているかのように、自分も少しは

たしなんだことがあるように

話していただけかもしれません。

 

もしかしたら一番、

紳士的で大人に見えるような

答えを探していたのかもしれません。

でも、ほとんど彼と一緒にいるTiaraは

彼がそういったものに

興味を持っていないことを

知っているのです。

 

彼には、

本当の彼自身の信念というものが

ないのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は、

その場その場で一番都合がいいように

話をするので、少し合わせておけば

あとは、勝手に相手の人が

喜んでぺらぺらしゃべり出していただけのこと

なのかもしれません。

 

世間話なんでしょせんそんなものです。

 

たいていの人は彼のことを感じがいい、

と思うでしょう。

Tiaraも実際にそう思っていたので。。

 

もしかしたら、人に合わせて

感じよく接することなんて

簡単なことなのかもしれません。

 

全く興味がなくても、いかにも知っているように

話していただけかもしれません。

 

 

相手が勝手に気が合うと思って

喜んで接してきていても、彼はただ

自分がいい人に見えるよう全力で、

しかもさりげなく演じていて

話の内容なんて

どうでもいいのかもしれません。

 

そういった意味では彼自身は、

全く中身のない話をしているのかもしれません。