自己愛性人格障害の人からの被害は刻一刻と変わる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の被害は

刻一刻と変わる、ということについて

お話しようと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

機嫌のいいときと悪いときの差が

日によってあると思います。

とても優しくしてくれた後に、

急に無言になり、しばらく無視をする、とか

あなたが不安になり、

しばらくすると、急に明るく話しかけてきたり。。

自己愛性人格障害の特徴の1つですが、

とっても戸惑いますよね。

彼は、あなたを不安にさせるために

わざとやっている場合もあれば、

本当に機嫌が悪くなっている場合もあります。

彼の機嫌は、

あなたの行動に関係がありません。

あなたが、彼の機嫌を損ねるようなことを

してもしなくても

彼の機嫌はめまぐるしく変わります。

昨日まで、とても幸せな日々が続いていたとしても

明日には破局している、という場合もあるでしょう。

別れ話を出されても、

本当に別れるとは限りません。

しかし、突然本当におわってしまうこともあります。

全て彼の意思しだいで決まります。

あなたがいいことを言っても悪いことを言っても

まったく関係ありません。

彼に合わせようとしてきても

数年後には、あなたの精神状態のほうがまいってしまいます。

今うまく言っているからといって

それが続くとは限らないのです。

自分で激化した後は、

人が離れていくと強烈なしがみつき行為を見せるので

情にあついひとは、

これだけの事件を起こした後だから、反省してやらなくなるだろう、

と思って許してしまいます。

その後も

いくら話し合いを重ねても、

状況がよくなったと感じても

またいつ彼の気分で状況が変わるかわかりません。

自己愛性人格障害とは、

感情が何もなくてもころころと代わり

関係性が安定しません。

それは、自己愛性人格障害の人の心の中にある

強烈な不安定さにあります。

現在、Tiaraにいろいろな方から

ご相談がありますが、状況によっては

お返事が2.3日かかってしまうこともあります。

できるだけ早くお返事はさせていただきますが、

自己愛性人格障害の特徴を考えると、

ご連絡が、2.3日遅れますと、

状況がまったく変わっているということがあると思います。

そういった意味でも、

自己愛性人格障害の人は、自分の都合で

いつ変わるか分かりませんので、

そのことははじめから心得ていたほうが

あなたも楽です。

そもそも自己愛性人格障害の人は

あなたが誠心誠意話したところで

変わらない、ということを

心得ておいたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする