自己愛性人格障害の彼に対するクリスマス前の心づもりとは?

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼との恋は

長い長い映画を見たようなもの

ということについて

お話ししたいと思います。

もうすぐクリスマスですね。

Tiaraは

自己愛性人格障害の

元彼とのクリスマスは

毎年とても楽しみにしていました。

今まで付き合った彼も

みんなクリスマスには

素敵な思いでしかなく

今ではすべて終わった恋ですが

長い人生の中でこんなにも

素敵な経験ができたことは

Tiaraにとってよかったと思います。

その中でも

自己愛性人格障害の元彼は

やることが何もかも

ダイナミックで特にプレゼントは

Tiara1人だけでなく子供たちの分まで

パパでもないのに

1人1人とてもセンスのいい

素敵なものを贈ってくれたので

クリスマスのテンションは最高に上がるし

それまでの彼とのクリスマスよりも

とても楽しいクリスマスでした。

本当に楽しかったし、

とても素敵なクリスマスでした。


Tiara1人分のプレゼントを

用意するだけでなく

子供たちの分まで

真剣に考えてくれる彼はまさに

「本物」という感じでした。

もちろん遊ばれている、

なんて思ったことはありません。

いつもTiaraの家に来て

素敵なプレゼントを開け

Tiaraも腕によりをかけて

いつもより素敵なメニューを考えて作り

彼が来るのを毎年

とても楽しみにしていました。

もちろん子供たちも

同じです。

ですが、

彼から真剣なプロポーズをされ

子供たちにも

「お母さんを必ず幸せにするよ。」

と固く誓い

もう結婚もまじかに迫ってきている

と感じた頃から

急に彼のおかしな行動が

目にとまるようになりました。

明らかに

不自然すぎるTiaraへの言いがかり

こじつけ

別れ話に人格否定。。。

その前の素敵すぎる彼からは

想像もできないほどの冷たい表情。。

Tiaraは何もしていません。

だからおかしいのです。

おそらくTiaraとの4年半は

まだ惹きつけ期だったので

楽しいことのほうが

多かったのかもしれません。

もしかしたら

Tiaraたちとの

クリスマスの楽しい思い出は

彼がもうとっくに別れた元カノへの

モラハラ行為の材料だったのかも

しれません。

ですが、その時は

本当に素敵な思いをさせてもらいました。

本当に幸せだと

心から思えるような

素敵な出来事だったのです。

周りの人からも羨ましがられるような

愛を感じるプレゼントと演出に

誰もが

真剣なお付き合いだと思ってくれ

応援してくれていました。

その当時は

そんなことは思いもしないので

子供たちもTiaraも

本当に楽しみにしていました。

彼へのプレゼントも3人で相談して

何を上げたら喜ぶか

相談しながら1人1人

彼へのプレゼントを選んでいた期間も

とても楽しいものでした。

いつも彼の喜ぶ顔を想像しながら

彼のことだから

3人に真心のこもったプレゼントを

用意してくれているはずだからと

Tiaraたちも真剣に考えましたし

とても楽しみにしていました。

もし彼がモラハラが

あまり上手ではないタイプで

クリスマスに嫌がらせで

ほかのひととの約束で

Tiaraとクリスマスができないと言ったり

クリスマス前にけんかをするような人だったら

Tiaraは速攻冷めていたり

幻滅していたと思います。

そういうTiaraの特徴を読みながら

嫌がらせを計算していたのか

分かりませんが、

とにかくTiaraの誕生日とクリスマスには

嫌がらせをするタイプではなく

とても素敵な経験をさせてくれる人だったので

信じていたのかもしれません。

彼の嫌がらせは

約束がいつの間にかなくなっていることと

彼の誕生日が突然元カノからの連絡で

彼の気分が不安定になり

会えなくなる、という

やり方をしていたので

分かりづらかったのかもしれませんし、

そういう時は分かってあげようとする

Tiaraの性格を

利用して嫌がらせをすることが

できたのかもしれません。

しかもその理由なら

Tiaraが彼に怒ることはありません。

Tiaraの元彼が

自己愛性人格障害でも

クリスマスに嫌がらせをしなかったのは

Tiaraの特徴によるものかもしれません。

それにTiaraは1人ではなく

子供たちがいるので

クリスマスにひどいことをすれば

もしTiaraが分かってあげようとしたとしても

子供たちには分からず

怒らせてしまうかもしれません。

そういったことから

クリスマスは

毎年とても楽しいものだったのです。

今でもクリスマスのことを思いだすと

彼が自己愛性人格障害だったとは

思えません。

ですが、普通のひととのクリスマスでも

充分に楽しいのですが、

Tiaraは1人ではなく

子供たちがいて

その子供たちにまで

楽しい思いをさせてくれたことで

余計に彼を信頼してしまったのかも

しれませんし、

感謝もしていたのかもしれません。

ですが、クリスマスや年末年始に

嫌がらせをする自己愛性人格障害のひとは

いっぱいいるので

それはあなたが

そこをなんとなく許してしまっていたり、

クリスマスの約束が守れなくても

仕方のない理由があったり

あなたが理解してしまったりすることにより

起こすものなのです。

あなたが許す限り

自己愛性人格障害の彼は

あなたに感謝をするわけではなく

あなたに嫌がらせをして

あなたが困るところや

動揺するところを見て

楽しみます。

だからあなたが

クリスマスにドタキャンをされたり

約束がなかったことになっていたりしたら

彼に対して

直接怒ったりすることが

解決策ではありません。

あなたが彼に直接怒ると

あなたに責められたことで

傷ついたと言われたり

がっかりされたり

あなたが分かってくれないと

逆に怒られたりして

音信不通になってしまうかもしれません。

つまり彼に

モラハラのチャンスを

与えてしまうことになるのです。

彼にもし

クリスマスや年末年始に

約束を守らなかったり

彼との仲が急に悪くなり

口をきいてくれなくなったり無視をしたり

されとしたら直接言うのではなく

なんとなく連絡が付きにくくなったり

冷めたり、

心を離していったりしてみましょう。

すると

自己愛性人格障害のひとは

もしかしたらあなたが怒って

離れていってしまうことは

やらなくなるかもしれません。

やり方が違うのです。

彼が自己愛性人格障害だとしたら

直接対決は

絶対にやってはいけないことなのです。

あなたがもし彼に嫌なことをされたときは

彼から心を離していくようにすると

彼が嫌がらせをする気持ちを

これ以上ひどくさせないための

一時対処になるかもしれません。

ただ、あくまでもそれは一時対処で

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもだんだんと嫌がらせを

したくなっていってしまうので

最終的には

彼のことは

完全に気にならないようになることが

あなたの心の平和のために

なるのかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする