自己愛性人格障害の人との恋は初めが一番ピークの状態から始まり始まる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人との恋は

初めが一番ピークの状態から始まる、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

その症状の為、

自分のことを認めてくれる人を

強く求めるので

恋に落ちることはよくあることです。

あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

付き合いだす前や

付き合いだしたばかりのころは

本当にまめに連絡をくれたり、

毎日のように会いに来てくれたり、

とても素敵なプレゼントを

いただいたりしたと思います。

愛情表現もとても強く

彼からの深い愛に

あなたもどんどん

彼の魅力に惹かれていったと

思います。

あなたの周りの人からも

本当にうらやましがられるほど

仲が良く

あなたの信用もどんどん高まっていき

急速に仲は深まっていったでしょう。

自己愛性人格障害の人との恋愛は

出会ったばかりのころが

一番ピークに盛り上がっています。

あなたが

彼のことを完全に信用して

彼ほど信じられる人はいないと

思いだすころ、

自己愛性人格障害の人は

急に手のひらを返したように

冷たくなったり、

突き放すようなことをしたり、

あなたとはやっていけないと

別れを考えるようになります。

あなたのほうでは

もう彼とうまくやっていく覚悟が

出来てきたのに

突然の彼の話は

とても納得のいくものではないと

思います。

二人の仲は完ぺきで

これ以上ないほどの

幸せな未来が見えかけていたので

どうして彼がそんなことを言い出すのか、

分かりません。

それくらい温和で穏やかな

二人なのです。

ですが、

あなたとやっていけなくなったと

言い出す彼に

不安になり、

あなたの思い描いていた未来は

崩れかかるので

あなたはこの幸せをどうやって

彼にわかってもらおうかと

必死になると思います。

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたが彼のことを本当に信頼し、

彼とやっていく自信が出来たと

みなしたから

あなたを拒否し始めたのです。

自己愛性人格障害の人は

あなたがまだ

彼を信用していないうちは

あなたに優しくしたり、

尊大な自分を見せたり、

得意なことを見せたりして

あなたの気持ちを

充分に惹きよせます。

自己愛性人格障害の人は

初めのころが

ピークに魅力的なのです。

そこから、確実にあなたに

少しづつ嫌がらせをしますが、

突然ころっと変わることは

ありません。

たとえば、

あなたが一生懸命作ってくれた料理を

「体調が悪いから食べたくない」

と言ったり

今まであなたに深い愛情をかけていてくれたのに突然、

「どうでもいい。」

といったり

びっくりするようなことがあります。

あなたのビックリしたかおを見て

「冗談だよ。」という彼に

ほっと胸をなでおろしたことでしょう。

ですがこれは、

自己愛性人格障害の人の試し行為で

嫌なことをした時に

あなたがどれくらい許してくれるか

様子を見ているのです。

そして、あなたが許してくれたことに

ほっとして

優しい子だからもっとひどいことをしても

大丈夫、とあなたのことをますます

離さなくなるのです。

そして少しづつ

あなたに無視をしたり

仲間同士で遊びに行くときに

あなただけを誘わなかったりします。

少し気分は悪くなりますが、

怒るほどのことでもないし、

たまたまかもしれません。

それくらいのことを

繰り返し行いながら

ものすごく優しくしたり

結婚の約束をしたり、

あなたを世界一大事にする、

と言ったりするので

ついつい許してしまいがちですが

彼は確実に

あなたの心を傷つけていくのです。

それでも本当に愛情をかけた眼差しを

あなたに向けてくるので

あなたは彼を信頼し、

彼に対する愛情は覚めることが

ありません。

ですが、それを何度も繰り返されると

あなたは苦しくなってきて

あなたを傷つける彼に

不安になり、分かってもらおうと

好きになってもらおうと

愛情をかけてもらおうと

するのです。

そのうちに

あなたの心は

大きな傷をつけられるよりも

かなりのダメージを負い、

苦しくなっていくのです。

辛くなって彼に言っても

友達に相談しても

自己愛性人格障害の嫌がらせが

無視、とか置いていく、とかの

細かいことの繰り返しなので

「たまたまじゃない?」とか

「機嫌の悪い日もあるよ。」とか

「そんな細かいこと、

いちいち気にしてたら

相手が疲れちゃうよ?」と

言われて終わりです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分のほうが確実に上にいくために

そして周りのひとから

「あいつはひどいやつだ!」と

言われないように

慎重に、そして確実に

あなたの心を壊していくのです。

周りのひとにも分からないやりかたをしているので

あなたにできることはただひとつ、

逃げることです。

逃げないと、

永遠に嫌がらせを続けていくので

少しづつ胸がしんどくなって

捨てられることが怖くなり

どんどん相手に

すり寄っていってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする