自己愛性人格障害の被害の忘れ方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害から

立ち直る方法について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だと知ってしまったら

とてもショックは大きいですよね

 

大好きな彼がすべてを演じるように

無意識のうちに

自分に都合のいいストーリーを

作っていたなんて

そんな人がいるだなんて

とても信じられないですよね。

 

ですが、自己愛性人格障害の特徴と

あまりにも当てはまりすぎて

彼が何を考えていたのか

ようやくわかったときは

本当にショックだったと思います。

 

自己愛性人格障害とは

他人から自分が

価値のない人間だと思われてしまうことに

極端なほどの恐怖心をいだき

その恐怖心から

他人のことなんて考える余裕もなく

自分の周りにいる人を下げて

自分を持ち上げるということを

常に必死になってしまう病気なので

自分が悪いことをしているとも

思っていません。

 

でも、

本当はなんとなくひどいことをしている、

とどこかで自覚しているのですが

そのショックからも

無意識に逃げようとして

自分を正当化してしまうので

そのために周りの人間が悪いと

思い込んでしまいます。

 

ですが、その快楽も一瞬の出来事ですので

やがて自己愛性人格障害の人から

気づいた被害者が逃げ出すと

結局自己愛性人格障害の人は

また1人になってしまうので

その恐怖から逃げるために

また新たな被害者を無意識のうちに見つけて

同じことを繰り返して生きているのです。

 

自己愛性人格障害に気付いたら

どんなに彼を好きな気持ちがあっても

ほとんどの人が逃げ出してしまうか

病気になってしまうかのどちらかなので

どうしても彼から離れようと

必死になりますよね。

 

それでやっと離れられたとしても

ほとんどの人が

まだ彼を好きな気持ちは残っていますので

自己愛性人格障害の彼と別れてからも

なかなか忘れられない、

という方が多く

普通の失恋よりも

驚くほど長くかかってしまうことが

ほとんどです。

 

今、Tiaraは自己愛性人格障害の人が

周りにほとんどいませんので

自己愛性人格障害の対処や

自己愛について考えることを極力やめて

自分を元の自分に戻そうとしています。

 

もともと持っていた

感動しやすい性格や

相手の気持ちに寄り添う性格に戻していくと

やはり自然で素の自分に戻った気がして

本当に楽になります。

 

そして、気持ちいいとさえ感じます。

 

ですが、恋愛映画などを見て

相手の感情に入り込むようなことがあると

以前は心地いいと感じていた愛情に

苦しいほどの恐怖を感じることがあり、

これ以上のめり込むのが怖いと

自分の感情にストップをかけてしまいます。

 

まだ自己愛性人格障害の元彼と別れてから

本物の恋をしていないので

映画やドラマなどなのですが

それでもその胸の苦しみは異常に強く

恐怖心から途中で切ってしまったりして

最後まで見られないことが多くあります。

 

「シルク」という

蚕の卵を求めて

日本に来たフランス人の青年が

故郷に残した美しい妻を思いながらも

日本人の謎めいた少女に魅せられ

本当は何もなかったのですが

妻の不安とさみしさを

妻がなくなってから知るという

切ない映画を見ました。

 

妻がそんな不安をいだきながらも

夫を想い

待っていたという事を知った瞬間、

胸がしめつけられるような思いがしました。

 

もう亡くなってしまった後だったので

何も言ってあげることができない男性の

気持ちと

長期間、日本に旅立った夫を想いながら

不安に耐えながら待つ妻の思いに

ヤバいくらい胸が締め付けられて

苦しくなり

少し、見なければよかった

と後悔をしました。

 

そして、映画の中の世界でも

こんなに苦しくなるのに

現実に自分が恋をしてしまったら

どうなるのか

という恐怖心がわき

もう恋をすることが

怖くなってしまいました。

 

他にも元彼と別れてから

数本は切ない映画を見ているのですが

以前よりは

見られるようになったのではないかと

実験的な意味も込めて見てみた結果です。

女性がかっこよく活躍するアクション映画や

女性のスパイものや主人公が圧倒的に強い

スカッとするようなアクションは

見ていて気持ちがいいのですが、

切ないものや悲しいものは

以前は好きだったのですが

今は胸が苦しくなるほどです。

 

昔の映画で「AI」という

ロボットの子供が人間に育てられて

人間の母親が死んだ後も

ロボットの子供が

母親を想い続けるという映画を見て

感動したので

「すごくよかったよ!」

と友達に言ったことがあるのですが、

その友達に「何がいいの?!

あんなの見るんじゃなかった。」

と怒られたことがあったのですが、

あんないい映画を

なんで嫌だったのか聞いてみると

その友達は小さいころに両親が離婚していて

父親に育てられたのですが

ずっと会いたいと思っていたお母さんが

どこにいるかやっとわかったときには

ガンで亡くなっていたそうです。

 

友達はお母さんに会いたい!と

ずっと思っていたそうで

そのお母さんに会うことができずに

勝手に死んじゃってて

私の思いは何だったの?って

すごくお母さんに腹がたったそうです。

 

生きている間に

どうして会いに来てくれなかったの?って

ずっと思っていたそうです。

 

Tiaraは両親がずっとそばにいるので

毒親ですが、

そういったさみしい思いはしていないので

お母さんを想う気持ちは

なんて素敵なんだ!って

そのロボットの子供を見て感動したのですが

自分の経験によって

思いは1つじゃないんだ、と

初めて知った出事でした。

 

 

だから

恋愛映画や人を想う気持ちは素敵!って

そう思うのは

ずっと平和に過ごしてきた人たちだけで

自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまった被害者の人たちにとっては

人を深く愛することは

もしかしたらもう

怖いことなのかもしれません。

 

それでも人間の感情は

自分でも無意識のうちに

動いてしまうものだし

もしかしたらTiaraだって

また誰かを好きになってしまうことだって

あるのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった人は

自分が不安になるような恋は

もう絶対にできないと思います。

 

あなたが

安心感を持って一緒にいられる人となら

もしかしたらもう一度幸せな思いが

できるのかもしれません。

 

あなたを不安にさせても平気な人や

我慢を強要する人、

たとえ不安にさせてしまうようなことが

あったとしても

「ごめんね」って

あなたをいたわってくれてる

思いやりのある人となら

また恋愛をしてみたいと

思うのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の傷は本当に深く

そして自己愛性人格障害の人は

自分をきれいに魅せることが

とてもうまいので

もしかしたら普通の人だと

物足りないって思ってしまうかも

しれません。

 

でも、あなたを不安にしても

平気でいられるような人との

幸せはあり得ませんし

ただでさえ

困難にぶつかることのある人生なのに

一緒にいる人が

お互いの心を大切にできないのであれば

一緒にいる必要はないと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者もまた

自尊心が低いと言われていますが

本当はそんなことはないのです。

 

あなたも生まれてきて生きている以上は

必ず誰かの役に立っているし

誰かの心の支えになっているのです。

 

 

人は承認欲求があると言われていますが

他人に求められなくても

自分がしたいように生きているだけで

誰かのためになっているのです。

 

無理に誰かに認めてもらったり

求めてもらいたいと思わず

あなたがあなた自身を

認めてあげてください。

 

子供は親孝行をしなくても

生まれてきただけで

一生分の親孝行をしたことになります。

 

Tiaraは子供を2人も亡くしているので

今いる子供たちは生きていてくれるだけでも

とても幸せです。

 

それは子供たちにも充分に伝わっているし

だからこそ自分に自信が持てて

堂々としていられるのです。

 

Tiaraは親にけなされてばかりいたので

自分では意識したことはないのですが

もしかしたら自分自身で

どこかで自分の存在を恥じているのかも

しれないです。

 

ただ、両親のどちらからも

受け入れてもらえなかった

というわけではないので

半分半分で育っていると思います。

 

たしかに自尊心の低いところも見られ

自己愛性人格障害の彼と別れるまでは

自分で自分の意見は言えませんでした。

 

必ず友達や誰かにどう思うか聞いてみて

それに従うようにしていました。

 

自分で決めたことは

間違っているかもしれないと

自分の意見に自信が持てなかったのです。

 

これがけなされて育った結果なのかな?

と思いますが

自分に自信が持てないと

どんどん他人に流されてしまいます。

 

ですが、

自己愛性人格障害という病気を知ってからは

何も知らないのに拒否されたり

不信に思われることはおかしい、

ということに気付き始めました。

 

たしかに人によって

普通に話を聞いてくれる人もいますし

そういった人と一緒にいるときは

トラブルが起こることがないのです。

 

不思議に思うこともありませんし、

普通にTiaraの意見が通じますし、

Tiaraにも相手の言っていることが

良く分かります。

 

そもそも話が通じない人や拒否的な人とは

合わないだけだったのです。

 

今では、何が正しくて何がいけないのかが

はっきり分かります。

 

そして人間は誰とでも合うわけでもなく

話せば必ず分かってもらえる

というものでもありません。

 

人間は1つではないのです。

 

人によっては考え方が違う場合もありますし

それはその人の意見で

それが絶対に正しい

ということもありません。

 

長年いっしょに過ごしてきた夫婦だって

意見が食い違うこともありますし

同じではないのです。

 

たとえばあなたが間違っていることが

あると思いますが

だからといって全面的に

拒否されることでもありませんし

あなたが絶対に悪いという事でも

ありません。

 

人によっては口がうまい人もいますし

味方をつけることがうまい人もいます。

 

でもだからと言って

そういう人たちが必ず正しい

というわけでもないのです。

 

あなたの目で何が正しいかをきちんと見極め

その意見に自信を持ってください。

 

 

そのうえであなたと意見の違う人は

いると思いますし

それはそれでいいのです。

 

あまり深く考えず

1人の人と出会ったら

なにがなんでもその人と一緒に

いなくてはならない、

というわけでもなく

もし合わなければ

いつでも離れることができるのです。

 

そういったことを考えながら

あなたは自分の意見に

自信を持って行動するように

してください。

 

それができるようになると

周りのおかしい人にも気づきはじめ

ずっと同じとことにいなくても

大丈夫だと気付き始めるのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人のパートナーの選び方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の

パートナーの選び方について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

極端にまじめな人が多いです。

 

相手の悪いところも

受け入れてあげようとし過ぎて

自分の心がズタズタに傷つけられても

気づきにくく

相手のために自分ばかりが

努力をしすぎてしまうのです。

 

もちろん、

自己愛性人格障害のひとというのは

見た目には本当に分かりにくいので

本当に優しく

本当にあなたを大切にしてくれているように

見えるのですが、

あなたに何も原因がなくても

あなたの存在を無視したり

あなたが傷ついているのを知っていて

他の人にあなたが見ている前で

優しくしすぎたりしています。

 

そんなとき感情をかき乱してしまうと

彼を余計にそんな行動に走らせてしまう

原因になってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたの感情をかき乱すことで

高揚するので

あなたが見ていないと

実はほかの人にも優しくしたりしません。

 

ただし、それを露骨にやってしまうと

本当に優しい人ではない、とばれてしまうので

本当に慎重にばれないように気をつけながらするので

分かりにくいと思いますが

よく考えてみるとそういった場面が多いことに

気づくでしょう。

そこを考えてみれば

あなたのことを

本当に大切にしてくれているわけではない、と

理解できると思います。

 

それに

よく考えてみるとあなたに

優しくしてくれているとき、というのは

他人が見ているときだったりします。

 

他人が見ていないときに

あなたのことをどれだけ考えてくれているかを

よく考えてみると

本当にあなたのことを考えてくれているか

理解できると思います。

 

 

まず、あなたのパートナー選びが

そもそも悪いのです。

 

どんな相手ともあなたの態度次第で

上手くやっていけるというわけで

はありません。

 

なぜなら、どれだけあなたが思いをかけて

寄り添ったとしても

あなたにひどいことをする人間というのは

必ず少しは存在するのです。

 

そして人はあなたが変えることは

なかなかできません。

 

だからはじめからあなたのことを

本当に大切にしてくれる相手を選んでいれば

あなたがよほどひどいことをしなければ

2人の間はいくらでも

よくしていくことができるのです。

 

とは言っても付き合ってみないと

分からないところも必ずありますよね?

 

そんなときは

すぐに下りられる勇気も必要です。

 

いつまでも彼から離れずに

無駄な努力を重ねてあなたの心を傷つけるよりも

もし、彼が自己愛性人格障害だと知ったら

あなたの心と名誉のために

すぐに離れられる瞬発力が大事なのです。

 

あなたが生まれてきた意味は

あなたがあなたらしく

生きられるために生まれてきています。

他人に心と名誉を傷つけられるために

生まれてきたわけではないのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

自分のことを大切にする気持ちが足りません。

 

だからひどいことをされていても

なぜか許してしまっているのです。

 

あなたに必要なのは

あなたの心が傷ついていないか

たびたび確認してみてください。

 

そして、彼があなたを傷つける

自己愛性人格障害だと分かった場合には

できるだけ早く離れる努力を

一番にしてください。

 

あなたは、

人の犠牲になるために生まれてきたわけではなく

あなたの人生を生きるために

生まれてきたのです。

自己愛性人格障害のひとと誤解されやすい人の見分け方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

普通の人との違いについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

第一印象がとてもいいです。

 

自尊心があまりにもないために

自分のことを恥ずかしいと思っていて

それが周りの人にばれることを

恐れています。

 

そのために幼いころから

必死で尊大な自分を

演じ続けていているので

尊大な自分を演じることが

くせになっています。

 

そのため本当に立派な人に見えるのですが

本当はそれは見せかけだけなので

あなたのためにはなりません。

 

よく自己愛性人格障害のひとのそばにいると

自分も仕事ができるようになるんじゃないか

とか、

しあわせになれるんじゃないか

と思う人が多いのですが

実際には本当にできるようにはなりません。

 

Tiaraは

いつもそばにいたので分かるのですが

はたから見ると

Tiaraの面倒を

とてもよく見ているように見えていましたし

Tiara自身もそう思っていたのですが

具体的な仕事の仕方について

教えてもらえる機会は

ごくわずかでした。

 

ほとんどが

「俺がやるから

Tiaraは隣にいるだけでいいよ。」という

優しい言い方で

安心させるようなことを言うのですが

実際に教えてもらえることは

肝心なことではなく

ほんのさわりの部分だけでした。

 

 

「こういう業務が

できるようになりたいから教えて」

といったこともあるのですが

少しだけやり始めて気分がのってくると

「今日は遅くなっちゃったから

またにしようか?」となどと

言われてしまったり、

お出かけをしたり

別の遊びをし始めたりして

いつも中途半端に終わってしまいました。

 

人前で「今日は○○を教えるから

仕事が一致段落したら教えて。」と

言われたこともあるのですが、

テキストを開いて

とても饒舌に内容を説明をして

周りにいる人も彼のことを

「すごいな。」とざわついているのが

聞こえてきていたのですが

彼がテキストを指していたところは

話している内容と

全く関係のないところでした。

 

テキストを見ていたのはTiaraだけなので

周りの人は

まったく違うことを言っていると

気づく人はまったくいません。

 

Tiara1人で

「え?」とびっくりしていると

「じゃあ俺、これから違う業務が

入っているから

今日は中途半端だけど

ここまでにしよっか?」と

突然言われて

「また時間があるときに声をかけるから

この続きをやろうね。」と

言われたのですが

その後彼からその業務について

教えてもらえる機会はありませんでした。

 

ただ、彼のことを

「さっき見ていたけど

○○さんすごいね。

なんでも知っているね。」

とほかの人から言われただけで

終わりました。

 

Tiaraも彼のファンでもあったので

「うん。」と嬉しそうに答えていましたが

今考えたら

彼と一緒にいて

仕事ができるようになるようなことは

なかったです。

 

彼とは別の自己愛性人格障害のひとも

数多く見てきていますが、

仕事を教えているような雰囲気、

有能な雰囲気を醸し出していますが

混乱させられるだけで

本当に仕事ができるようにはなりません。

 

本当に仕事を教えてもらって

使いものになるまでになれるのは

そんなに有能そうには見えない

しかし丁寧で親切な優しい普通の人のほうが

よほど分かりやすいと思います。

 

たまに熱心になりすぎて

怒っているように見える人もいますが

その人自身が

Tiaraにきつくいってしまったことを

恥ずかしく思っているような様子が

見られますし

あまり器用でない人は悪く取られたりして

「あんなきつい言い方しなくても

いいじゃんねえ。」と

周りの同情をかうこともあるのですが

自己愛性人格障害のひとと圧倒的に違うのは

本当に分かるようになることです。

 

もちろん反省もしますし、

話し合いも白熱したとしても

きちんと成立するのです。

 

こういった人は

ただ、教えることに必死なだけです。

 

早く仕事を覚えてもらって

できるようになってほしいと

思っていることが伝わります。

 

そういった人は周りの目は

気にしている暇がないので

自分が悪くとられてしまっていることに

気づきながらも

覚えてもらいたいという気持ちのほうが

勝ってしまっているのです。

 

 

だからどんなに怒っていても

言っていることがとてもよくわかるし

悪い人ではない、ということは

Tiaraには分かるのです。

 

もしかしたら

上手にできていない分

周りで聞いている人からは

悪く思われてしまうことも

あるかもしれません。

 

ですが、

自己愛性人格障害のように

中身のない雰囲気だけの人ではないので

一緒にいて前に進むことも

一緒にいる価値も必ずあるのです。

 

そしてそういった熱い人には

必ず愛している人たちが周りにいて

必ず周りの人に幸せを与えています。

 

 

誤解をされることもあると思いますが

分かってくれる人は必ずいるのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

本来他人を見下すようなことをしなければ

魅力的な人達ばかりです。

 

自己愛性人格障害のひとが

病気の部分を治すことができれば

とても魅力的な人間なのです。

 

ですが、育ってきた環境によって

自尊心と共感力を無くしてしまっているので

もともとの人間が持つ

愛情というものを

持つことができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

ただ、不器用で本当は愛情のある人を

きちんと見分けて

一緒にしないようにしてくださいね!

自己愛性人格障害のひとは常に自分のほうが上だと確認していなければ生きていけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ものの見方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴が

分かるようになると

普通の人よりも

自己愛性人格障害のひとの行動が

より分かるようになります。

 

 

自己愛性人格障害とは

ある一定の規則をもった考え方を

しているので

普通の人には

そんなものの考え方をした人がいるなんて

想像もできないことなので

初めは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのかまったく予想がつかず

とても不安になると思います。

 

何を考えているのか

まったく分からない、というよりは

そんなことを考えているはずがないと

思うような考え方をしているので

むしろ何もしていないように見え

それなのに、あなたの状況は

どんどん悪くなるので

本当に自分が悪いのかと思ってしまい

とても不安になったり

罪悪感に苦しんだりしてしまいます。

 

 

自分が何かしたのかと思ってしまい

あなたが何か迷惑な存在のような

気がしますが

それは、自己愛性人格障害のひとに

そう見せかけられているだけですので

あなたは実際になにかしたわけでは

ありません。

 

ですが、何もしていないはずのあなたが

おとしめられていったり

周りからみじめな存在に

見られたりしてしまうので

あなたは自分の価値のなさに

自分で自分に罪悪感を持ってしまい

また周りの人からも

そう見られてしまうのです。

 

一度、自己愛性人格障害の特徴が

分かるようになった人はみんな

それを自己愛性人格障害のひとが

コントロールしているとすぐに気づきますし

自己愛性人格障害のひとが

行動していることが

誰かをみじめな存在にするために

やっているとすぐに気づきます。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

他人から称賛されていないと

生きていけませんので

人気者であることがとても多いのですが

それも自己愛性人格障害のひと本人が

それを見せかけていることにも気づきますし

それを周りの優しい人たちみんなで

協力して自己愛性人格障害のひとを

ほめたたえていることにも気づきます。

 

気づくととても異様な光景なのです。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

自分が称賛を浴びる人物になると

同時に誰かをおとしめて

みじめな存在になるように

自分で故意にしているのですが

誰かと話をしているとき

周りのひとからとても感じのいいように

話すことが得意ですし、

その中で

1人だけまったく相手にしない人を

作ります。

 

それもその人は

普通の人よりも優しすぎるくらい優しくて

自分が何かひどいことをされても

それを訴えることもせず、

わざわざ周りの人に言うことも

できない人が多いです。

 

とても臆病な自己愛性人格障害のひとも

そんな特別にいい人には

安心してそんなひどいことをすることが

できるからです。

 

 

普通の人やちょっと強い人、

おかしいと思うことは

はっきりと口に出して

周りのひとにうったえることができる

強い人に

そんなことをしてしまったら

自分がひどいことをしていると

ばれてしまいます。

 

だから、本当に弱い人や

優しすぎるほど優しくて

自分が少々ひどいことをされても

感じ悪くならないよう

冗談で受け流してあげることのできる

思いやり深い人や

寛大な人は特に気をつけてください。

 

日本の教育は

そんな他人を思いやれる優しい人になれと

教育していながら

自己愛性人格障害のひとに

とても都合の良い世の中を

作ってしまったのです。

 

だから素直に育ってきた人や

他人の気持ちに

すぐに寄り添ってしまうような

共依存の人、

自分の気持ちを押し殺してでも

周りの雰囲気を良くしようと

我慢してしまうような人は

本当に良くターゲットになっています。

 

 

そしてそんな思いやり深い優しい人こそが

自己愛性人格障害の人たちから

安心して悪者にされ

そして自分自身ですら

自分を助けられなく

なってしまっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

いくら楽しそうに会話をしていても

それは誰かが見ていて

みじめな思いをしていないと

楽しそうに会話をしない、と

Tiaraはすぐに分かります。

 

男尊女卑の自己愛性人格障害のひとや

女性から(私を見捨てないで)と

すがってほしい

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを好きな人がいるときほど

ほかの女性と仲良くしたりします。

 

Tiaraは幸い

ほかに女性がいる職場ではなかったので

そういったことはありませんでしたが

それは物質的に無理だっただけのことで

もし女性がいれば

そういったこともあったと思います。

 

逆にそういった男性は

Tiaraは大嫌いなので

そのほうが早く気づけたかもしれませんが

もし物質的に無理だとしたら

別の方法で傷つけてきたりします。

 

たとえば、周りが男性ばかりだったとしても

自己愛性人格障害のひとが

恋人ではない場合でも

よくある自己愛性人格障害のひとの

出来事ですが

周りの人には情報が伝わっているのに

ターゲットになった人にだけ

情報が入ってこない、

というものがあります。

 

 

もしくは自分以外の人とは

仲良くやっているというところを

職場で直接見たり

SNSの写真に

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしていた

という話もとてもよく聞きます。

 

ですが、これはターゲットが

みじめな思いをするからという予測の元

行われている行為で

ターゲットが見ていないところでは

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしている

ということもしないでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

楽しく話をしているときでさえ、

他人からどう見られているかを

意識して話しています。

 

話している内容よりもむしろ

メインは他人から

どう見られているかです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動はすべて

自分がしたいからしているわけではなく

ターゲットの気持ちを

みじめにするためにのみ

楽しくパーティをしたり

あなた以外の他の人たちと

楽しく過ごしたりしているのでしょう。

 

とにかく人のみじめな姿を常に見続けて

自分のほうが上だと

確認し続けていなければ

自尊心のなさに

押しつぶされてしまいそうで怖いのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひと自身も

本当に楽しんでいるから

しているわけではないので

後から自分でもむなしくなるのです。

 

現在、Tiaraの周りには

自己愛性人格障害のひとは

ほとんどいません。

 

たまに見かけることはあっても

Tiaraは現在、

人間関係を徹底的に選んで

作っているので

自己愛性人格障害のひとは

徹底的に避けて自分のそばにいないようにします。

 

そうすることで何事も起こらず

Tiaraは自分から何かするようなことがないので

当然、普通の日常が過ぎていき

おとしめられることもなにので

トラブルも何も起きません。

 

被害者になるような人は

周りから見え方をコントロールされているだけで

本来自分から何もすることはなく

本当はめったに怒ったりしないので

驚くほど穏やかなのです。

 

だから被害者になるような人は

自己愛性人格障害のひとに狙われやすい体質をしていますが

そばに自己愛性人格障害の人さえいなければ

トラブルが起こることはほとんどないのです。

 

だから徹底して

自己愛性人格障害のひとの

そばにいないことを選んでいるのですが

だからこそ、

周りには本当に普通の人しか

いないのですが

その空気は

自己愛性人格障害のひとが

周りにいるときとは

まったく違っていて

自然で穏やかです。

 

普通の人の中にも目立ちたがり屋、

という人たちもいますので

服装が派手だったり

外見にこだわる人もいますし、

おしゃべりがうまい人も好きな人もいるので

にぎやかで人が集まることも多いのですが

本当に自然で

本当に楽しそうにやっています。

 

 

誰も

人から良くみられるために

人気者であるように

見せかけている人なんていないので

本当に穏やかで楽しそうなのです。

 

人気者の人は

天然で本当に人気があり、

本人も周りの人に対して

思いやりもありますし、

時には失敗することもあります。

 

自己愛性人格障害のひとも

親近感を持ってもらうために

たまにわざと失敗したり

間違えたようなことを言って

おどけたりしますが

普通の人と明らかに違い

周りの人に安心感を持ってもらうためにあえて

自分の失敗を笑いにします。

 

ですが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの

決定的な違いは

自分を信じて近づいてきた人を攻撃すると

Tiaraにはすぐに分かりますし、

Tiaraのサイトを訪れてくれる人の中にも

「すぐに分かりますよね?」と

コメントをくださる方も

大勢見えます。

 

自己愛性人格障害に気づいた人は

たいてい分かるようになるのです。

 

Tiaraに近づいてくる人は

自己愛性人格障害ではないので

本当にTiaraと仲良くしたいだけで

近づいてくるだけです。

 

不自然に良くしてくれたり

不自然に自分のことを

良く見せようということはありません。

 

本当にごく自然に仲良くなりたいだけで

親切にしてくれたり

お土産をくれたりします。

 

ちゃんと思っていることは

表情に出ていますので

恥ずかしいこともうれしいことも

腹が立つことも機嫌が悪いことも

本当に自然に表情に出し、

それが人をコントロールしようとして

やっていることではないと分かります。

 

やっと普通の世界に戻ってきた感じです。

 

人間関係が

上手くいく人もいかない人もいますが

それがごく自然に出ていて

みんな自分が話したいから話す、

話したいけど話せないから黙っている、

興味がないから話さない、

興味があるから近づいてくると

本当に自然なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットをみじめな気持ちにさせるために

パーティをしますが、

普通の人は自分がパーティをしたいから

パーティをします。

 

Tiaraの周りの方が

今度野球を5人くらいで観戦に行くのですが

それを楽しそう話している人や

一緒に行きたいから

「誘ってくださいよ~」と言って

仲間に入れてもらおうとする人もいます。

 

自己愛性人格障害なんていないから

みんなが自然に話しても

嫌な思いをする人が誰もいないのです。

 

 

その時はチケットが一枚余っていたようで

「一枚あるから一緒に行く?」と

その場でチケットを

売ってもらっていましたが

なければ「じゃ、次行くとき声かけるわ!」と

裏がないので

チケットが欲しい人も自然に言えるのです。

 

 

もし、誘ってもらえなかったらどうしよう?

なんて考える人もいませんし、

一緒に行く人をねたんで嫌がらせをする人も

いないでしょう。

 

「チケットあってよかったね!」

と一緒に行かない人も

仲良くやっているその人たちを

嬉しそうに見ています。

 

これが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの違いで

自己愛性人格障害なんて知らない人は

この感覚で話すので

もし、周りに

自己愛性人格障害のひとがいたら

この人は簡単にターゲットに

なってしまうでしょう。

 

ですが、そんな人がいない世界では

自己愛性人格障害のような

ものの考え方をする人がいるなんて

思いもしないのです。

 

周りに自己愛性人格障害のひとがいたら

あなたは努力すれば努力するほど

おとしめられていきます。

 

そこにいては

危ないのです。

自己愛性人格障害のひとと被害者になりやすい人の自己肯定感の低さ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

その被害者になりやすい人の

自己肯定感の低さについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心のあまりの低さに

周りの人から見捨てられることからの

あまりの恐怖から逃れるために

常に極端な虚勢を張って

生きていることから

逆に堂々として見えます。

 

 

また、そんな自己愛性人格障害のが

弱い自分を救ってくれるような気がして

安心感を持って身をゆだねてしまう

被害者もまた、

自己肯定感がものすごく低いのです。

 

 

2人は被害者と加害者なので

まったく反対の性質を持っているように

思われますが

実は元は同じです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから

それがばれないように

必死で虚勢を張っているうちに

本当に優れた人になってしまう場合も

あります。

 

 

逆にその自尊心の低さから

相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとする

被害者側も

自己愛性人格障害のひとから

低くみられることで

彼に頼りがいを感じてしまい

ついていってしまうのです。

ですが、両者のその自尊心の低さは

何らかの事情で

幼いころにありのままの自分を

愛してもらえなかったために

自分に対して自信がありませんが

本当は人間は誰でも

平等に尊い存在なのです。

 

 

自尊心のある人は

人からどう見られるかということに

まったく興味を示さず

自分に自信を持っているので

堂々としています。

 

だから自分を傷つけるような人がいれば

単純に逃げますし、

そんな人に寄り添おうなんて

思わないのです。

 

それが、被害者になりやすい人と

普通の人の違いで

普通の人は自分を傷つけるような人は

そういう人だとすぐに警戒しますので

そんな人に寄り添えば

分かってもらえるなんて思わずに

すぐに逃げます。

 

被害に遭いやすい人は

その自尊心の低さから

相手に必死に寄り添うことで

何とか自分を認めてもらおうとするので

自己愛性人格障害のひとに

自ら近づいていってしまうので

人を蹴落としていないと

生きていけない自己愛性人格障害のひとに

自分から歩み寄っていくので

被害に遭うのは当たり前なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから逃れようと

他人を蹴落としてしまいますので

そばにいて

徹底的に離れていかないような人は

好都合なのです。

 

なぜかあなたのまわりで

トラブルばかり起こる、

という人は

自己愛性人格障害のひとに

自ら近づいていってしまったり

または自己愛性人格障害のひとに好かれて

恋人同士になってしまったので

歩み寄ることで

関係性を良くしようと

必要以上に努力してしまい

あなたがなかなか離れないことで

本当は臆病な

自己愛性人格障害のひとが安心して

攻撃できる好都合な人に

なってしまっているのです。

 

自分に原因があるのではないか?

と考えるのは

時間の無駄です。

 

あなたのせいではないことも

徹底的にあなたのせいにしてきますので

自己愛性人格障害のひとが

そばにいると

あなたに害をもたらすだけなのです。

 

 

 

現に自己愛性人格障害のひとから離れて

自己愛性人格障害のひとのいない世界で

生きていると

空気が本当に穏やかに流れていきます。

 

トラブルなんて起きる様子もないのです。

 

普通の人は

わざわざあなたをバカにしたり

笑いものにしたり信用を無くしたり

または突然、無視をしたり

急に不機嫌になったりしないのです。

 

自己愛性人格障害のひとがいないと

そんなことはまったく起きないのです。

 

いじめやモラハラや虐待やパワハラは

自己愛性人格障害のひとと

その被害に遭いやすい人の間だけで

起きていて

普通の人にはそんな出来事は

まったく起きないのです。

 

あなたがそのことに気づき

自分を大事にすることができて

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせを

受けても、すぐに気づき

自己愛性人格障害のひとから離れると

そこは何のトラブルも起きない

平和な世界なのです。

 

 

もしかしたらあなたが

今後一生一緒にいるかもしれない

あなたの恋人やパートナーが

自己愛性人格障害だったら

今がどんなに幸せだとしても

その先はあなたを苦しめる出来事が

待っているだけなのです。

 

あなたの幸せは

あなたのまわりにいる人で大方決まります。

 

あなたが今後幸せになりたいのだとしたら

あなたのそばに置く人間は

選ぶべきなのです。

自己愛性人格障害の被害者にならないために


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった方が

自分の危機管理能力の低さ

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい女性の特徴として

危機管理能力に欠けるというもの

があります。

 

あなたは相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとしますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの性質を利用します。

 

自分に自信がないので

相手のために努力することで

相手に認めてもらおうとするのです。

 

寛大で優しい、という面もありますが、

自分が嫌だという気持ちや

自分が大事にされていないという部分には

当たり前のように流してしまう部分が

あるのです。

 

簡単に受け流してくれるため

自己愛性人格障害のひとは

本当は大変臆病で

人から悪く思われることに

ひどく敏感なのですが、

あなたには安心して、

ひどいことをすることができるのです。

 

大切にされている女性は

もっと自分の意見を言います。

 

自分の気持ちを

無視されるような扱いを受けた場合には

怒ったり

その人のことを信用しなくなります。

 

自分をもっと大切にしているので

ひどい扱いを受けたり、

理不尽なことを言われたりした場合には

簡単に受け流したりしないのです。

 

彼を怒らせないように

自分の気持ちを言わないで

我慢してしまうと

あなたの気持ちを

だんだんとあまり

考えないようになってしまうのですね。

 

あなたが考えているのとはむしろ

逆なのです。

 

自分の気持ちを大事にしない人は

他の人からも大事にされません。

 

傷ついているのに

受け流して許してしまったり

そのまま流してしまったり

するような人は

自分のことが大事にできて

いないんですよね。

 

自分のことを大切にできる人は

人からバカにされたり、

軽くあしらわれたときに

相手の人を簡単に許したりはしません。

 

それで相手の人が怒ったとしても

それはそれでいいのです。

 

あなたのことを大切にしてくれない人は

あなたのそばにおいてはいけないのです。

 

人間関係は自分の周りにいる人で決まると

言われています。

 

あなたのまわりに、

あなたのことを大切にしない人を置くと

毎日が不幸になってしまうのです。

 

悩んでいたり、

自己愛性人格障害のひとに

言われることを気にして

自分の思うように行動できないでいると、

あなたの脳にも負担がかかり

あなたのパフォーマンスまで落ちて

効率が悪くなります。

 

とはいえ、職場や学校など

人間関係を選べないときもありますよね?

 

そんなときは心の中で

スルー出来る無関心力を身につけましょう。

 

無関心力はあなたのメンタルを

安定させるだけではなく

あなたの邪魔をする余分なところに

あなたの心を無駄に使うことなく

効率が上がるのです。

 

自己愛性人格障害のような

人の邪魔をして喜ぶ人間は

ある一定数、

必ず存在すると言われていますので

いつまでも逃げられる、というわけでは

ありません。

 

まじめな人ほど

そういった人をスルー出来ず

自分の中にその原因があると思い込み

自責の念にかられてしまうのですが

実は、あなたに問題があるわけではなく

相手の心に問題があったのです。

 

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分に原因があると思わないので

すべてをあなたのせいにしてきます。

 

それをすべてまともに受けてしまっては

あなたはできることまでできなくなって

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの恋人でもあなたの邪魔をしてきますから

自分のせいだと不安になり

苦しむあなたを見て

高揚しているのです。

 

そんなことに

いちいち付き合っていられるほど

あなたの人生は暇ではありません。

 

人を潰して高揚感を得る、

そんな無駄な人たちのために

あなたの時間をさいていいては

あなたの人生がもったいないのです。

 

Tiaraは少しの時間の無駄も

したくもありません。

 

ましてや、大好きな彼でさえそうだったのに

まったくの赤の他人である

自己愛性人格障害の自尊心を持ち上げる

高揚感のために

少しでも付き合っているのが

もったいないのです。

 

あなたは自分が悪いと思っていますが、

そうではありません。

 

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

あなたの人生はとても楽になり、

あなたの能力が生かされて

イキイキと生きられるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

周りにいなくなるだけで

無駄なことに悩まずに済み

いろいろなことが簡単に前に

進みだすのです。

 

自分を大事にする人は、

自分の邪魔をするような人は

相手にしないので

自己愛性人格障害のひとも

反応してくれない人には

攻撃してもつまらなくなるので

あなたに攻撃しようとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分を大切にしていません。

 

相手のためだと行動するうちに、

あなたの邪魔をされていることにも

気づきもせず、

失敗するのは

自分のせいだと思い込みますが

そうではないのです。

 

あなたがあなたらしく生きるためには

恋人だけでなく世間にいる

自己愛性人格障害のひとを見抜いて

心の中でスルーして

あなたの人生を生きてください。

 

あなたのまわりにいる

普通の人だけと交流していると

不思議と(これが普通なのですが)

トラブルなんて

全く起きなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとは世間の人から自分がどう思われるかによって自分の行動を選ぶ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ったことのある女の子が

大切にされるために必要なこと

についてお話ししたいと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だと知ったら

びっくりすると同時に

とても悲しいと思います。

 

お付き合いをされているんでしょうから

ほかの友達よりも

さらに信頼していたことと

思います。

 

あなたが一番信頼していた人物

なのではないでしょうか?

 

Tiaraは恋人を誰よりも信頼します。

 

 

きっとそんな女の子が

世の中には一番多いと思うんですよね。

 

中には

彼よりも親友を一番信頼する、

という方もいると思いますが、

Tiaraはやはり

親友はどうしても困ったときに

相談する相手ですが、

親友と一緒に暮らすことはありません。

 

たまに会うからこそ面白いのであり

もしかしたら一緒に暮らしたら

合わなくなってしまうかもしれません。

(あ、そんなことないかな?w)

 

その代わり恋人とは

付き合いが長くなると、

もしくは信頼関係ができると

一緒に暮らす可能性が高いですし、

もしかしたら結婚するかもしれないので

生活を一緒にすることになります。

 

 

だから、たまに会う親友よりも

恋人のほうが深い信頼関係がないと

関係を築けないんですよね。

 

 

Tiaraのところにも毎日

「自分の人を見る目のなさに

自信がなくなりました。」ですとか

「彼は私のことを

本当に好きだったのでしょうか?」とか

または

「確かに彼の愛情を

感じた瞬間はありました。」とか

いろいろなコメントをいただきます。

 

おそらくそれは被害者の目から見たら

ほんとうで

被害者の人たちの見る目がないわけではなく

本当にそのように見えるし

普通の人は

まさか自己愛性人格障害のひとのような

考え方を持つ人間がいるなんて思えないので

分かる人はまずいないでしょう。

 

 

いるとしたらTiaraのように

自己愛性人格障害のひとに会ったことがあり

疑問に思って調べたりして

その病気の症状にたどり着いた人だけだと

思います。

 

 

普通は本当に愛情をもってしないと

できないようなことを

自己愛性人格障害のひとは

自分が良く思ってもらうためだけに

できるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

心がない病気、と言われていますが

だからこそ、自由に表現できるのです。

 

相談者の方の中に

俳優やタレントの

自己愛性人格障害のひとが多いのも

うなづける話だと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な自分を演じながら

まわりのひとからいい人だと思われることに

常に必死なので

そのようにふるまうことが

幼い頃より積み重ねられています。

 

演じることが日常になっています。

 

そうせざるを得ない心情なのです。

 

だから自分をよく見せる

本物のプロなのです。

 

だから普通の人が昨日今日で

いい人に見せようと頑張っても

勝てるはずがありません。

 

普通の人は普段そんなことは考えもしないで

普通に行動しているので本当に

自然な動きをしているのです。

 

悔しい時に怒り、

悲しい時に泣き、

うれしい時に笑顔を見せる、

そんな自然な感情を持っています。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

怖いと思わせるために怒り

不安にさせるために無視をして

好かれるために親切にしたり

尊敬されるために立派なことを言います。

目的が先で

そのうえで行動を選んでいるので

その行動に感情がなくても

目的のために泣いたり

怒ったりすることができるのです。

 

 

逆に言えば

怒っているときも

ただあなたに怒りをぶつけるために

あなたのちょっとした

誰にでもあるようなことも

失敗の種に見せることがうまく

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がない、と

周囲の人に思われるように

あなたの方が怒られても

仕方がない状況を作り出します。

 

自分の行動を正当化するために

あなたのことを悪者にして

先にあなたには誰も味方がつかないように

してしまうのです。

 

これが自己愛性人格障害の被害者が

何もしていないのに

知らない間にまわりのひとから

信頼されないようになる理由です。

 

 

だから本当は

自己愛性人格障害のひとは

それほどあなたに腹を立てているわけでは

ないことのほうが多いのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆で

目的がさきにきて、そのために

自分の感情をいくらでも

コントロールできます。

 

ですが、本当はその感情に

中身はないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころからこの行動が

習慣化されているので

本当に人に心を寄せることができません。

 

本当に人に心を寄せることの意味さえ

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の自尊心を上げるために必死で

人のことなどかまっていられません。

 

自分のことで精いっぱいなのです。

 

 

ですが、そのおかげで

容易に人から良くみられる行動や

言動をとることもできますし、

この人からは舐められたくない、

とか逆らえないようにするために

あらかじめ初めから威嚇しておく、

という行動をとることもよくあります。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

そういった行動を

マウンティングと言います。

 

「マウンティング」ということは

世間ではずいぶん一般化しているようで

Tiaraも職場の人に

「あの人はすぐに

マウンティングしてくるタイプだから

気をつけたほうがいいよ。」と

言われることがあります。

 

では、どうやったら

あなたを本当に大切にしてくれる人に

出会えるのでしょうか?

 

あなたが

大切にされるためにできる

8つのこと

 

あなたはおそらく

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすい性格をしています。

 

ですがあなたが選んだ人が

普通の人だったら

あなたはありのままで、

今までと変わらないあなた自身のままで

充分愛されていくのです。

 

相手が自己愛性人格障害だった場合だけ

次のことに気をつけていくとよいでしょう。

 

①自分の意見をきちんという

②自分の気持ちをきちんという

③初めから自分を出さない

(少しづつ小出しにしていく)

④嫌なことがあるときは受けない

⑤我慢しない

⑥相手の気持ちを考えると同時に

自分の気持ちにもきちんと耳を傾けてみる

⑦理不尽だな、とか一方的だな

と感じることにはいつまでも関わらない

⑧きちんと相手からの愛情が

返ってきているかどうかを

常に確認しよう

 

 

そのうえであなたが自己主張したときや

彼よりも強い考えを持ったりしたとき

あなたが彼よりも

優秀な成績をとってしまったときなど

彼があなたを認めてくれるかどうかを

よく見てみてください。

 

 

自己愛性人格障害のひとには

1度も逆らってはいけません。

 

これはTiaraが親友にまだ彼のことを

自己愛性人格障害だとは知らずに

相談していたころに

彼女が

「彼には1度も逆らったらだめ。

ねえ、Tiara、

大げさに言っているわけじゃなく

私はTiaraに気づいてもらえるように

わざと言っているんだよ?」と

言われました。

 

もちろん彼女は

自己愛性人格障害なんて知りません。

 

ただ、彼の話を聞いていて

そんな気がしたようです。

 

少しでもちょっとしたことでも

彼よりも上に立ってしまうと

彼を怒らせてしまうと。。。

 

当時は

何を大げさなことを言っているんだろう?

と思いましたが

今では

彼女の言っていたことが本当だったと

分かります。

 

彼より少しでも優位に立っては

いけなかったのです。

 

あなたがもし、

彼に少しでもあなたの気持ちを

分かってもらおうと

彼にこうしてほしい、と頼んだり

あなたの気持ちはこうだから、と

彼に考えてもらうように

お願いをしてしまうと

あなたの彼がもしも

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたがその願望をかなえられないように

邪魔をしてきたり、

「そんなことは良くないよ。」と

あなたを否定するように持ってきます。

 

毎回毎回そのようにあなたを否定したり

認めてくれないのだとしたら

彼は自己愛性人格障害かもしれない、

と疑ったほうが

いいのかもしれません。

 

そして彼がもし、

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたは彼に

分かってもらおうとするのではなく

彼にもっと早く嫌われるべきだったのです。

 

自己愛性人格障害の彼に否定されたときは

苦しんだりショックを受けるのではなく

離れるチャンスなんだと

自分のためにラッキーだったと

安心して離れるべきなのです。

 

あなたはあなたが幸せになるために

あなたのことを本当に大切にしてくれる人と

出会わなければいけないのです。

 

そのためには

あなたのためにならない彼が

あなたのそばにいては

素敵な人があなたに近づくチャンスを

失ってしまうかもしれません。

 

 

あなたはあなたのことを

本当に思ってくれる人と

出会わなければいけないのです。

自己愛性人格障害のひとのひとを追い込むパワーは相当なもの


こんばんは♡

昨日は、

サイトがネット上から消えてしまい

たくさんの読者の方から

サイトが見られないとのお知らせをいただき

まことにご迷惑をおかけしました。

 

Tiara 公式LINE@の

ご登録の読者様には

サイトが見られなくなっている旨を

お知らせすることができましたが

登録いただいていない読者様には

サイトが見られないことで

大変ご心配をおかけしましたことを

お詫びいたします。

 

無事、復帰できましたので

ほっとしているところですが

今後はこのようなことがないよう

努めてまいりたいと思います。

 

さて今日は、自己愛性人格障害の

パワーは相当なものということについて

お話ししたいと思います。

 

今回サイトが見られなくなったことで

過去の恋愛相談室ご利用のお客様や

久しぶりにラインをいただいたお客様と

お話しすることができ、大変懐かしい思いや

うれしかった面もありました。

 

ほとんどの相談者様が

もう自己愛性人格障害の彼から

すっかり離れて

元気になっている方のほうが

多いのですが、

ごく1部ですが、過去のこととはいえ

いまだに傷の癒えない方や

まだ自己愛性人格障害の彼と

お付き合いをされている方も

本当にごく少数お見えになりました。

自己愛性人格障害とは

一時は良くなったように見えるものですが

長い目で見ると

必ずまた以前よりも

ひどいことになっていくのが普通です。

 

ごくまれにもう以前のような

理不尽な別れや

浮気、ののしりや存在否定などは

なくなったという方が見えるのですが

本当に幸せになる例はごくまれで

その場合、その彼は

自己愛性人格障害ではなかった可能性が

高いと思われます。

 

Tiaraのサイトをご覧になっているあなたは

勘違いで彼を

自己愛性人格障害だと判断することは

まずないと思いますので

また豹変する可能性を

心の中に準備として

常に持っておいたほうが

いいと思います。

 

 

ほとんどの方の相談は幸せな時も

豹変するときも

自己愛性人格障害の

特徴を思わせるものばかりですので

本当に信じ切ってしまうと

あなた自身がとても辛くなってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害とは

もしその彼が本当に

自己愛性人格障害だった場合、

治るということはほとんどありませんので

心の準備が必要となります。

 

とはいえ、あなたの大好きな彼ですので

Tiaraの言葉だけをうのみにして

大切な彼と前もって別れてしまうことは

あなたもできないと思いますので

平和なうちはそのまま

平和に過ごしていても大丈夫だと思います。

 

 

ですが次の豹変したときには

おそらくあなたも

彼が自己愛性人格障害だということに

確実に納得することができると思いますので

その時は納得できずに別れるよりは

気持ちがすっきりすると思います。

 

だからあなたが彼といたいと思う時は

彼と一緒にいることしかできないでしょう。

 

誰かに言われたからと言って

そんな簡単に離れられるはずがありません。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

粘着質が非常に強いので

普通の淡白な男のひとよりは

信じられてしまうのも

無理はないと思います。

 

変な話ですが、

普通の淡白な男のひとといるよりも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるほうが

ドキドキしてしまうのです。

 

ですが、それは危険な毒の香りがしますので

いつでも離れられる心の準備をしておかないと

あなたが相当きつい思いをするでしょう。

自己愛性人格障害の彼と

一緒にいるときのドキドキは

ドーパミン効果

 

 

自己愛性人格障害の

彼と一緒にいるときの

ドキドキの理由を説明します。

 

自己愛性人格障害のひとは

態度が突然豹変しますよね?

 

あなたも自己愛性人格障害の彼と

長年いっしょにいるのでしたら

分かると思うのですが、

さっきまで笑っていたかと思うと

急に冷たい無表情になったり

怒っているのかな?と思うと

急に笑顔で話しかけてきたりして

びっくりすることがあります。

 

これが、自己愛性人格障害の

大きな特徴なのですが

本人は無意識にあなたを混乱させたり

脅したりすることで

マインドコントロールしようと

しているだけなので

本当に怒ったり機嫌が悪いわけでは

ないこともあります。

 

これが普通のひとにはない感情なので

普通のひとは

自己愛性人格障害のひとに

違和感を覚えたり

なんとなく怖いと感じたりするのです。

 

人は正体不明なものに

恐怖心をいだくものですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとにはない感情をいだくので

普通の人から見たら

正体不明でなんとなく恐怖心を

いだくのです。

 

そしてなんとなく彼のことを

怖いと感じるのに

急に優しくされたり

親切にされたりすると

ほっとする気持ちと同時に

自己愛性人格障害のひとに

興味がわいたり気持ちいいとか

心地よいと感じてしまうのです。

 

これを交互に繰り返されることによって

あなたの脳の中からは

ドーパミンが大量に分泌されてしまうので

自己愛性人格障害のひとから

なかなか離れられなくなる

原因になってしまうのです。

 

そしてこのドーパミン効果を

上手く使って

あなたをコントロールすることが

可能になるのが

自己愛性人格障害のひとですが

それによってあなたは

自分が不快だと感じる感情も

辛いと感じる感情も

同時にドーパミンが分泌されてしまい

非常に危険な状態となるのです。

 

あなた自身がそれを麻薬のように欲してしまい

本当は辛くても悲しくても

何も言えなくなり

あなたは我慢するのが当たり前で

彼はどんどん自由になっていくのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

相手を眺めることで

満足して高揚感を感じますので

あなたが彼から離れられなくなった

彼から捨てられると

一番つらい状況になるまで

あなたを離したりしません。

 

そしてあなたが

彼から離れられないくらい

彼の依存症になったときに

一番あなたがショックを受ける形で

あなたを捨てるのです。

 

だから自己愛性人格障害の被害者は

何年も苦しみ、その間は

自己愛性人格障害のひとの

ことばかりを考えてしまうので

あなたの可能性も才能も

全部潰してしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼に

捨てられたあなたは

その時にはもう自分で自分の面倒を

見ることさえできなくなっているのです。

 

 

ここまで想像して

自己愛性人格障害の彼と付き合い

それでも何もなかった時は

彼はおそらく

自己愛性人格障害ではなかったのでしょう。

 

ですが、

もし彼が自己愛性人格障害だった場合

治ることはほとんどなく

しかも歳をとるごとに

ひどくなっていきますので

若い時よりもどんどん相手を

追い込んでしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとに

追い込まれると本当に苦しいので

もし、追い込まれて苦しいと

感じ始めた場合は

できるだけ全速力で

逃げる方法を考えておいたほうが

良いのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼があなたを本気で愛しているように見えるポイント


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

あなたを本気で愛しているかどうかを

見分けるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

自分の魅力を最大限にあなたに見せる能力に

長けています。

 

本当は

自分が素敵に見えることしか

考えていないのに

あなたから見たら

これほど自分のことを

愛してくれる人はいない、

と感じてしまう特徴が

自己愛性人格障害のひとは

たくさん持っています。

 

たとえば、

自己愛性人格障害のひとの特徴として

たくさんのプレゼントをくれる、

というものがありますが

どこかに遊びに行った時の

小さなお土産をはじめ

人の心をつかむ特徴が

その中にもあふれています。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

とてもセンスが良く

プレゼントを吟味する姿にも

愛情がいっぱい溢れているように

感じました。

 

 

誕生日やクリスマスなど、

その何か月も前から

その人が気に入りそうなもの、

もしくは自分が素敵だと思うものをリサーチし

プレゼントを渡すときにも

このプレゼントを選ぶときに

どんなにTiaraのことを思って考えたか、

伝えてくれます。

 

 

Tiaraには子供もいましたので

子供たちが気に入りそうなものを

選んでいるときは

Tiaraも一緒にいることも多かったですし、

Tiaraに

「ねえ、次の彼の誕生日には

こんなものをプレゼントしようと思うんだけど

どうだい?」なんて言われてしまうと

バツイチのTiaraは

とてもうれしくて

胸がいっぱいになってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの家族にも

こんなにも大切に思ってくれている

そう思ってとても幸せを感じていました。

 

Tiaraはバツイチで

年齢もそれなりにいっていますし

彼が初めての彼、というわけでもないので

それなりに経験は積んでいると思います。

 

そんなTiaraを信用させるには

そんなに簡単なことでは

なかったのかもしれません。

 

だからこそ、ちょっと大げさなほど

愛をアピールしていたので

逆に自己愛性人格障害の悪い特徴が出にくく

完全に信用してしまったのかもしれません。

 

歳もTiaraのほうが上ですし、

バツイチシングルの女にとって

騙されることほど

馬鹿らしいものはありませんので

簡単に飛びつくわけはありません。

 

だからこそ、騙されない自信があったので

Tiaraに近づいてくる男のひとは

警戒してみていたのですが

彼には疑う余地がみじんもなかったです。

 

時々される無視や、

機嫌が悪くなることはすべて

理由があるように言われていましたし、

Tiaraのほうが気が利かなかったり、

彼はとても品がいいので

Tiaraにとっては普通のことでも

怒らせてしまったのかな?と思わせるほどの

落ち着きと人の好さをにじませていたので

彼に対して怒ることはまったくなかったです。

 

たまに会社で見せる

ほかのひとに対するディスりや

突然の怒りも

「あいつは納期が決まっているのに

まだやっていないから悪いんだ。」

なんて言われてしまうと

ちょっときついけど

仕事に対して真剣だからこそ

怒ってしまうんだなと思っただけで

怒ることそのものが、

不自然だと思ったことはなかったです。

 

そうやってすべてのものに

きちんと納得できる理由をつけてしまうのが

ものすごくうまいので

全然分からなかったです。

 

彼が激化して

明らかに言っていたことと

違うことをしだしたときに

はじめて強い違和感を感じただけで

それまでは、

もちろんちょこちょこ違和感はありましたが

「ごめんよ!あの時はどうかしていたんだ。

実はこんなことがあって。。。。」

なんて全力で謝られてしまうと

あまりに不自然な怒りでさえも

人間そんなときもあるよな、

と納得してしまうことばかりです。

 

ただ、今考えても

明らかに不自然だったことは

あんなにもTiaraのことを

好きだと言っていたのに

Tiaraの好きなことや

やりたいことの話は

全然聞かなかったことです。

 

もちろんTiaraが勝手に

「こんなことが好きなの。」とか

「こんなことが得意なの。」と

言ったことはありましたが

それに関してはいっさい深く聞こうとせず、

話をそらして

自分の話にもっていってしまうところが

やはり自己愛性人格障害の特徴だったと

思います。

 

本当に好きなら

その子がどんなことに興味を持ち

どんなことをするのが好きなのか

知りたいと思うのが

自然だとは思いませんか?

 

ところが

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが好きなわけではなく

自分が人に好かれることや

興味を持たれることのみにしか

興味がないのです。

 

Tiaraを選んだ理由も

自分の思い通りになりそうだと

思ったからで

Tiaraに興味があったわけでは

なかったのです。

 

Tiaraと付き合ったほかの彼氏はみんな

Tiaraの得意なことは見たがりましたし、

Tiaraが好きだといったことは

一緒にやってみたいと

Tiaraと気持ちを

共有しようとしたところがありました。

 

もちろんTiaraも

自分の大好きな彼のことには

興味津々なので

彼が聞くといった音楽や趣味、

好きなことに関しては

自己愛性人格障害の彼だけでなく

今まで付き合ってきた人

すべてのひとの魅力を

Tiaraが一番良く知っていると自負します。

 

人と付き合うことの楽しさの1つは

その人の魅力を知りたい、

と思うことにあると思います。

 

だからこの人はどんな人なのかな、とか

この人はどんなことが好きなのかなと

興味を持ち

それを1つ1つ知っていくことが

恋愛の1つの楽しみだと思っていました。

 

もちろんその人たちにも

Tiara以外にも彼女はいたと思いますので

その人たちのことも

知りたいと思ったでしょうし

共通の時間を二人で楽しんできたと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力や特技を見せることは

イキイキとしますが

相手のことは特に聞きたがらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から好きになった人の魅力やと特技にでも

一緒にいる時間が長くなり

付き合いが深くなると

強い嫉妬の気持ちを持って

つぶしたくなります。

 

今もいろんな

自己愛性人格障害のひとを見ますが

みんな自分の特技については

得意になって話しますが

人の得意なことや魅力を見ると

急に黙ったり、不機嫌そうな態度になったり

興味なさそうに下を向いたり

どこかに行ってしまったりします。

 

そんな様子を見てTiaraは

ああ、人のことを認められないんだな、

この人はもしかしたら

自己愛性人格障害なのかもしれない、

とどうしても疑ってしまうのです。

 

自分の話の時はいいのですが

人の話に切り替わると

急に不機嫌になるのですぐに分かります。

 

Tiaraはもし今度お付き合いをする人が

できるとしたら

人の魅力を認められる人を

好きになりたいです。

 

そんな人なら

Tiaraの魅力を見ようとしてくれますし

Tiaraもその人を応援しても

応援のしがいがあり、

楽しく一緒に過ごすことができると思います。

 

 

自己愛性人格障害の元彼も

まさかそんなことがあるとは

思いませんでしたので

確かにTiaraの得意なことは

一切しませんでしたが

彼の魅力を見ているだけでも楽しかったので

彼が自己愛性人格障害だと気付くまでは

本当に楽しく過ごしてきたと思います。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

付き合ったことが

すべて無駄だとは思いませんし、

そんな彼と付き合ったからこそ、

世の中にはそんな考えを持つ人々が

ある一定数はいて

そういった人とは

気をつけて付き合わなければいけないことも

知りました。

 

ついでに

今までうまくいかなかった理由までわかり

すっきりとしています。

 

ですが、やはり

自己愛性人格障害のひとは怖いので

彼らを刺激しないように

できるだけ近づかないようにしています。

 

そのおかげで

自分が今までできなかった

潰されてしまっていた出来事を

邪魔されないように用心しながら

守ることができます。

 

今度は邪魔をする人がいるので

自分の情報を見せる人と

見せない人を使い分けることで

とても楽に生きているのです。

 

昔は根性を出して無理なことに時間を費やし

全力で臨んだ後

簡単につぶされて悔しい思いをしたことも

今では、無駄なこともすべて分かるので

そこに力は費やすことなく

全力で逃げています。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害のひとに潰されながら

再スタートを繰り返し

またつぶされて再スタートをして潰され

この年になっても何もできていません。

 

 

だから今後の人生は

少しも無駄にしたくないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに潰されていなければ

今頃もっといろんなことができていたと

思います。

 

現に周りに

自己愛性人格障害のひとのいない環境では

物事がスムーズに進み、

自分が前進していくのが

肌で感じられます。

 

いい友達だと思っていた人の中にも

自己愛性人格障害のひとがいて

今までこっそり潰されていたことも知り

今でそういった友達とも

付き合わないようにしています。

 

 

Tiaraのことを本当に思ってくれて

Tiaraのことを

応援してくれる人たちとだけ交流することは

とても気持ちがいいですし、

疑う余地がありません。

 

Tiaraも安心して

その人たちに愛情を

全力で向けることができます。

 

あなたが感じたちょっとした違和感を

ちょっと立ち止まってよく考えてみると

その人があなたにとって

本当に大切な人なのか分かると思います。

 

あなたが相手を大切にしている分

きちんとあなたもその人から

大切に扱われてしますか?

 

そこを見逃してしまうと

あなたのしてきたことが

無駄になってしまうかもしれません。

 

人生は案外短くて早いですよ?

 

せっかく生まれてきたのに何もできないと

後から後悔することになりますよ?

自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほどあなたはうざい人になってしまう


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほど

どんどん印象がうざくなっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

言葉は悪いですが本当のことなので

自己愛性人格障害の被害に遭われたあなたは

真剣に考えてみてください。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭うと

被害者はどんどんうざい印象になっていきます。

 

他人から見て分からないような

被害者だけに伝わる

あの嫌な感じをどんどん受けていくと

被害者の自尊心は

どんどんなくなっていきます。

 

ですが、それはもちろん

あなたはもうわかっていると思いますが

あなたのせいではないですよね?

 

それどころかあなたは

今まで誠心誠意、

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと

寄り添ってきたわけです。

 

2人がうまくいくように相手の気持ちに寄り添い

自分のことよりも彼の気持ちを

一番に優先させてきましたよね?

 

それなのになぜかいつも彼を怒らせてしまう。

 

それは彼が自己愛性人格障害で

あなたのせいにして怒ることで

自己愛性人格障害のひとの

おなかの中にもともと持っていた大きな怒りを

堂々とあなたにぶつけて

すっきりすることができるためです。

 

あなたが落ちぶれて

みじめな思いをしているときや

自分のことを分かってもらえない無力感に

さいなまれているところを見ると

自己愛性人格障害のひとは

病気のために持っている大きな怒りを少しだけ

少しだけ高揚させて

アドレナリンを出すことができます。

 

そしてちょっとだけすっきりして

気持ちよくなるのです。

 

そのために優しく

ちょっとしたことなら許してくれる

寛大なあなたを使い

あなたのせいにすることで

あなたは自己愛性人格障害の

彼から離れていくことはないし

むしろもっと彼に気に入ってもらえるよう

努力するようになるからです。

 

 

でも、それではあなたは

どんどん理不尽で悔しい思いが

本当は心の中にたまっていきますよね?

 

彼とはうまくやっていきたいので

本当に自分が悪いのか不安になり

誰かに分かってほしくて

あなたの友達に相談したり

話しを聞いてもらったりしたことは

ありませんか?

 

 

ですが、あなたの中にも

彼は本当にいい人、という思いがあるので

友達からしたら

あなたが変わるべき可能性のある

アドバイスをしたり

なかなか分かってもらえたなかった

悔しい思いがあるのではないでしょうか?

友達がしてくれたアドバイスなど

あなたはもうとっくに

実践してきたのではありませんか?

 

 

それなのにあなたはそんな当たり前のことさえ

していないと思われてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

自分がおかしくないことを必死に訴えるあまり

周りの友達や親族と

こじれてしまった人も多くいますが、

自己愛性人格障害の被害者は

この理不尽な思いを分かってくれる人を探すため

どうしてもうざくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭えば遭うほど

あなたはどんどんうざくなっていき

その人に分かってもらいたいと

すがる気持ちが周りのひとにも

なんとなく伝わってしまうようになり

それがあなたの周りから見た印象と

なってしまいます。

 

その結果、あなたは

バカにされやすい印象になってしまい

その印象は自分では消すことが

できなくなってしまうのです。

 

そうするとまた

あなたのその雰囲気をかぎつけて

また自己愛性人格障害のひとに狙われやすくなり

あなたの人生はどこに行っても

上手くいかなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われたくなければ

もっと自分の気持ちを大切にすることです。

 

あなたのやさしさは

あなたのいいところですが

それを利用する人たちによって

あなたはどんどん

うざい存在になってしまうのです。

 

優しい人ほど、自分が付き合う人間は

選ばなければいけません。

 

あなたの真心を真心で返してくれる人や

あなたに感謝の気持ちを表してくれる人には

あなたの優しさをそっと分けてあげてもいいのですが

あなたの優しさを利用するような人とは

あなたのような優しい人は

関わってはいけないのです。

 

幸せな人生を送るためにも

あなたはもっと

余裕のある雰囲気を

身につけなければなりません。

 

それには自分を大切に扱うことなのです。

 

自分を大切に扱うことは

他人をぞんざいに扱うことに比例しません。

 

まず自分を大切にしてから

それから他人を幸せにしてあげる

お手伝いができるのです。

 

あなたを幸せにできるのは

あなた自身しかありません。

 

あなたが自分の人生を生きていけなけば

余裕と自信は生まれないのです。

 

あなたの中の余裕と自信は

あなたの雰囲気を落ち着かせ

人が安心して近づいてこられる存在になり

あなたさえ自分を大切にしていれば

あなたの優しさを利用しようとする人は

あなたに近づいてこられなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

まず自分の嫌だ、と感じる気持ちを

大切にしてください。

 

自分が何に対して

嫌だと感じるのかが分かるようになると

不用意にあなたを傷つける人物を

寄せ付けたりしません。

 

あなたが自分を大切にする気持ちが

あなたを大切にしてくれる人だけを

寄せ付けるようにしてくれるのです。