自己愛性人格障害のひとがあなたにこだわっている理由は愛ではない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

不思議な特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分に寄り添ってくれるような人を

どんどん追い詰めていってしまいます。

 

そこで被害者になりやすい人は

どうして誤解されてしまったのだろう、

と心配になり

彼に分かってもらおうと

彼にそんなことはしていないと

必死で分かってもらおうとしてしまいます。

 

話し合いに応じてくれるよう頼んでみたり

または彼と話しあおうと必死になると

さらに状態は悪化してしまいます。

 

これは被害者が

普通の考え方をしていては

自己愛性人格障害の被害は

どんどんひどくなっていって

しまいます。

 

どうしてわかってもらえないの?と

思うかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとに話をしても

関係が良くなることはないのです。

 

なぜなら彼は

あなたを分かろうとして

話し合いをしているのではなく

あなたを追い詰めて

責め立ててあなたの自尊心を

つぶすことによって

そんなあなたの姿を見て

自分のほうが強いと

認識したいだけだからです。

あなたがどれだけ誠心誠意

彼に思いを伝えようとしても

あなたが彼に

分かってもらおうとすればするほど

彼はその思いを分かろうとするどころか

あなたの話を

積極的につぶしていこうと

するだけだからです。

 

むしろ、自己愛性人格障害のひとは

あなたが必死に話せば話すほど

つぶしがいが増すだけです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとに

一生懸命話をしてはいけません。

 

変わりに

できるだけ

彼に話をさせてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がどれだけ立派か

自分がどれだけ仕事ができるか、

自分がどれだけ常識的かを

話し方や態度、表情で表現することより

満足していきます。

 

そしてあなたがどれだけ常識がなく

物分かりが悪くて仕事ができず

何もできない価値のない人間だということを

周りの人が見ているところで言えば言うほど

自己愛性人格障害のひとは高揚するのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

深いことを言っているようで

実はそんなに

深いことを言っているわけではなく

ただ単にあなたを追い詰めたいだけです。

 

だからずっと話していれば

そのうち言うことが

なくなってくるはずです。

 

そうなってくると

自己愛性人格障害のひとの

特徴としては

同じことを何度も言う、

ということを

繰り返していきます。

 

それでもあなたがずっと黙ったまま

あいづちを打っていると

そのうちに

言うことがなくなってくるのです。

 

そのタイミングであなたが原因でない

離席しなければならない理由を作り

行かなければいけないので

と自然にさりげなく

その場を去るようにしてください。

 

もし、そうではなく

あなたの方から

必死になってアピールすると

あなた自身が自ら、

彼に責められる役を

かって出ることになるので

彼はまたあなたをどれだけでも

ののしることができるのです。

 

すると

自己愛性人格障害のひとは

あなたを手放さなくなります。

 

だからあなたが

彼に必死になって分かってもらおうと

してくるような無視や嫌がらせを

無意味にすることにより

あなたの理不尽な思いを奮い立たせるので

あなたは常にストレスがたまった

状態になります。

 

自己愛性人格障害のひとは

これをターゲットだけにして

ほかの周りの人には

とことん優しくしますので

良く思われてしまい

怒られている原因があなたの方に

あるように見られてしまいますが

実はそうではありません。

 

だから自己愛性人格障害のひとから見て

あなたは安心できる存在に

なってはいけないのです。

 

態度が悪い人や本当に強い人

どんな人物かまだ分からない人などには

自己愛性人格障害のひとは

とても優しく親切にします。

 

その理由は

自分が人を潰さないと

生きていけないのだけれど

それがばれてしまうことは

極端に恐れているからなのです。

 

態度が悪い人や本当に強い人

正体の分からない人には

ばれてしまったり怒られてしまったり

または嫌われてしまったり

するかもしれないので

怖くてひどいことはできません。

 

ですが極端に優しい人や弱い人

自己愛性人格障害のひとのことが

好きな人には

精神的に追い詰めても怖くないので

それをすることにより

自分の気分を高めているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでも精神的虐待ができる

というわけではないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされたくなかったら

強い人になればいいのですが

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

そんな簡単に強くなれません。

 

だから無理に強くなるのではなく

攻撃しても効かないような

自己愛性人格障害のひとに

関心を持っていない人になれば

自己愛性人格障害のひとも

いくら嫌がらせをしても

効いているか効いていないか分からないと

周囲の人にばれるリスクをおかしてまで

あなたを責め立てようとは

自然に思わなくなるのです。

 

 

だからいつもTiaraは

自己愛性人格障害のひとに

無関心になってくださいと

言っています。

 

あなたが彼に無関心なら

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

あなたにぶつけても手ごたえがないので

あなたには全く関心を持たなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが恋人だった場合は

彼のことがとても好きだと思うので

そんな簡単に無関心には

なれないと思います。

 

ですが、共感力のまったくない

自己愛性人格障害のひとは

あなたが堪えた顔をしたり

涙を流したり、辛そうな顔をしないと

あなたが堪えているかいないのか

分からないのです。

 

だからしばらくの間は

まだ彼のことが好きだったとしても

表情に出さなければ

彼にはあなたが何を考えているのか

分からなくなります。

 

あなたが

自己愛性人格障害のひとの攻撃に

堪えているかいないか分からなければ

自己愛性人格障害のひとが

おなかの中の怒りをぶつけても

つまらなくなりますので

あなたではなくほかの堪える人に

簡単にターゲットを変えてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

人にこだわっているところは

人のみじめな姿を

見れるか見られないかだけで

彼があなたに分かってもらうために

必死になることなんてないのです。

 

あなたが堪えた態度を彼に見せているうちは

自己愛性人格障害のひとは

あなたを手放さないよう

必死で努力をします。

 

ですがそれは愛ではないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

恋人同士になってしまえば

傷つくのはあなただけです。

 

あなたは多くの時間を

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいることによって

失ってしまいますので

できるだけ早く

自己愛性人格障害のひとから

遠ざかるようにしてください。

自己愛性人格障害のひとと結婚できる人の特徴

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

結婚できる人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとというのは

結婚できない、

というわけではありません。

 

どちらかというと

短いお付き合いを

何度も繰り返す人が多いのですが、

その中にも

結婚している自己愛性人格障害のひと

というのも、数多く存在します。

 

自己愛性人格障害のひとは

必ずトラブルを起こすことに

なるのですが

でも、自己愛性人格障害のひとさえ

その気になれば

相手のひとはほとんど

YESと言ってしまう、

という事実もあります。

 

もともと

自己愛性人格障害のひとは

魅力的な人が多く、

また尊大な魅力を振りまいていますから

どのシーンでも必ず目立ってしまいますし

その魅力に惹かれた人に

近づくこともとてもうまいです。

 

称賛されればされるほど

高揚しますから

自己愛性人格障害の魅力に惹かれた人が

彼を称賛すれば、

自己愛性人格障害のひとは

その人をなかなか離したくなくなります。

 

自己愛性人格障害の被害者になりやすい人は

自己愛性人格障害のひとを

気持ちよくさせているのです。

 

彼よりも能力が低かったり

身分の低い人、

自分に自信のない人だったりが

彼のすることを見て

「すごい!」と称賛することは

自己愛性人格障害のひとにとって

なによりも気持ちの良いものになります。

 

そうやって称賛されることで

本当は自尊心のない不安定な心を

やっと保ち続けることができるのです。

 

また、

自己愛性人格障害のひとは

自分をよく見せてくれる人を

そばに置きたがるので

そうやって自分を称賛してくれる人の他にも

周りのだれもが憧れるような可愛い人や

美しい人をそばに置き

周りの人から優越感を感じる、

という気持ちよさを

求める自己愛性人格障害のひともいます。

 

誰もがうらやむ恋人や奥さんを

持っていながら

家ではその奥さんをののしったり

叱りつけたりすることで

高揚する自己愛性人格障害のひともいて

彼の奥さんになってしまった人は

とても辛い思いを

し続けなければなりません。

 

Tiaraのところには

自己愛性人格障害の彼と

結婚したいという相談を

毎日多く受けるのですが、

あまりお勧めできないのは

そんな未来が見えてしまうからなのです。

 

Tairaも実際、自己愛性人格障害の彼と

結婚したいと思っていましたし

頼りがいがあり、頭のいい彼に

彼についていけば大丈夫、

という強い安心感も持っていました。

 

ですが、今では怖くて

近づくことはできません。

 

自己愛性人格障害の彼には

どうでもいい存在になることが

一番の幸せだと気付いたからです。

 

そのうえでまた普通のひとと

恋愛できるならしたいと思いますが、

1人でいるほうが安心できると

長い間思いすぎていたため

以前よりも恋人が

できにくくなっていると感じます。

 

今になって気づいたことですが、

恋人ができるひと、というのは

無意識に自分も

パートナーを求めている人だと思います。

 

あなたが誰かと一緒にいたい、と

心の中で思っていなければ

恋人ができることはおそらくありません。

 

惹かれあう、ということは一方的ではなく

お互いにそう思いあったときに初めて

惹かれあうものなのです。

 

なぜか自己愛性人格障害の被害に遭った人は

それまで恋人が尽きなかった人でも

そのあとぱったりと

誰ともお付き合いをしないという人が

大勢います。

 

しかも、それまでは

誰かがそばにいないと不安で仕方がない、

と言っていたタイプですら

1人でいることが

平気になる人がとても多いのです。

 

次は絶対に普通のひとと付き合いたい、

と言っている人ですら

心の中で本当にパートナーを求めていないと

なかなか恋人ができることはないのです。

 

自己愛性人格障害の被害とは

被害に遭っているときは

本当に辛くて仕方がありませんが

それを乗り越えるとちょっとのことでは

たいてい動じなくなります。

 

周りの人の心がほとんど

分かるようになるからなのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた方たちも

ほとんどの人が以前よりも

強くなっておられます。

 

どうして自己愛性人格障害のひとが

そういった行動をとるか

手に取るように分かるようになるからです。

 

はっきりとわかるので

不安になったり

動揺したりすることがありませんし、

病気だと分かっているので

恨みに思うことも

嫌うこともショックを

受けることもありません。

 

その代わり好きになることも

嫌いになることもなく

ただ、そういった性質を持つ人

という1つの個性みたいなものだと

納得できるようになるからです。

 

自己愛性人格障害の被害に

苦しむような人は

ある意味、自己愛性人格障害のひとを

変えようとしますが、

自己愛性人格障害のひとに

変わってもらいたい、とか

分かってもらいたい、

と思うからこそ辛いのです。

 

彼らは何も変わりません。

 

分かったようなことを言っていても

ただ物分かりのいい人に

思われたいだけです。

 

あなたを苦しめたいわけでも

何でもなく

ただ、自分を尊大な自分に

見せかけていたいだけなのです。

 

彼らはそうしないと不安になるから

自分の身を守るために

ののしったり罵倒したり

評判を落としたり

眺めたり、親切にしたり

立派なことを言ったり

しているだけなのです。

 

それさえ分かれば、

あなたが自分を責めすぎることは

ありません。

 

荒波を立てることもありませんし、

腹が立つこともなくなるのです。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいたいと

必死で努力を続ければ続けるほど

辛くなります。

 

この理屈を覚えておいて

彼と本当に結婚したいかどうか

考えてみてください。

自己愛性人格障害 結婚

https://tiara-crystal.info/jikoaiseijinkakusyogainokaretonoshiawasehazutootuzukumonodehanai

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn

 

自己愛性人格障害の彼があなたを本気で愛しているように見えるポイント


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

あなたを本気で愛しているかどうかを

見分けるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

自分の魅力を最大限にあなたに見せる能力に

長けています。

 

本当は

自分が素敵に見えることしか

考えていないのに

あなたから見たら

これほど自分のことを

愛してくれる人はいない、

と感じてしまう特徴が

自己愛性人格障害のひとは

たくさん持っています。

 

たとえば、

自己愛性人格障害のひとの特徴として

たくさんのプレゼントをくれる、

というものがありますが

どこかに遊びに行った時の

小さなお土産をはじめ

人の心をつかむ特徴が

その中にもあふれています。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

とてもセンスが良く

プレゼントを吟味する姿にも

愛情がいっぱい溢れているように

感じました。

 

 

誕生日やクリスマスなど、

その何か月も前から

その人が気に入りそうなもの、

もしくは自分が素敵だと思うものをリサーチし

プレゼントを渡すときにも

このプレゼントを選ぶときに

どんなにTiaraのことを思って考えたか、

伝えてくれます。

 

 

Tiaraには子供もいましたので

子供たちが気に入りそうなものを

選んでいるときは

Tiaraも一緒にいることも多かったですし、

Tiaraに

「ねえ、次の彼の誕生日には

こんなものをプレゼントしようと思うんだけど

どうだい?」なんて言われてしまうと

バツイチのTiaraは

とてもうれしくて

胸がいっぱいになってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの家族にも

こんなにも大切に思ってくれている

そう思ってとても幸せを感じていました。

 

Tiaraはバツイチで

年齢もそれなりにいっていますし

彼が初めての彼、というわけでもないので

それなりに経験は積んでいると思います。

 

そんなTiaraを信用させるには

そんなに簡単なことでは

なかったのかもしれません。

 

だからこそ、ちょっと大げさなほど

愛をアピールしていたので

逆に自己愛性人格障害の悪い特徴が出にくく

完全に信用してしまったのかもしれません。

 

歳もTiaraのほうが上ですし、

バツイチシングルの女にとって

騙されることほど

馬鹿らしいものはありませんので

簡単に飛びつくわけはありません。

 

だからこそ、騙されない自信があったので

Tiaraに近づいてくる男のひとは

警戒してみていたのですが

彼には疑う余地がみじんもなかったです。

 

時々される無視や、

機嫌が悪くなることはすべて

理由があるように言われていましたし、

Tiaraのほうが気が利かなかったり、

彼はとても品がいいので

Tiaraにとっては普通のことでも

怒らせてしまったのかな?と思わせるほどの

落ち着きと人の好さをにじませていたので

彼に対して怒ることはまったくなかったです。

 

たまに会社で見せる

ほかのひとに対するディスりや

突然の怒りも

「あいつは納期が決まっているのに

まだやっていないから悪いんだ。」

なんて言われてしまうと

ちょっときついけど

仕事に対して真剣だからこそ

怒ってしまうんだなと思っただけで

怒ることそのものが、

不自然だと思ったことはなかったです。

 

そうやってすべてのものに

きちんと納得できる理由をつけてしまうのが

ものすごくうまいので

全然分からなかったです。

 

彼が激化して

明らかに言っていたことと

違うことをしだしたときに

はじめて強い違和感を感じただけで

それまでは、

もちろんちょこちょこ違和感はありましたが

「ごめんよ!あの時はどうかしていたんだ。

実はこんなことがあって。。。。」

なんて全力で謝られてしまうと

あまりに不自然な怒りでさえも

人間そんなときもあるよな、

と納得してしまうことばかりです。

 

ただ、今考えても

明らかに不自然だったことは

あんなにもTiaraのことを

好きだと言っていたのに

Tiaraの好きなことや

やりたいことの話は

全然聞かなかったことです。

 

もちろんTiaraが勝手に

「こんなことが好きなの。」とか

「こんなことが得意なの。」と

言ったことはありましたが

それに関してはいっさい深く聞こうとせず、

話をそらして

自分の話にもっていってしまうところが

やはり自己愛性人格障害の特徴だったと

思います。

 

本当に好きなら

その子がどんなことに興味を持ち

どんなことをするのが好きなのか

知りたいと思うのが

自然だとは思いませんか?

 

ところが

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが好きなわけではなく

自分が人に好かれることや

興味を持たれることのみにしか

興味がないのです。

 

Tiaraを選んだ理由も

自分の思い通りになりそうだと

思ったからで

Tiaraに興味があったわけでは

なかったのです。

 

Tiaraと付き合ったほかの彼氏はみんな

Tiaraの得意なことは見たがりましたし、

Tiaraが好きだといったことは

一緒にやってみたいと

Tiaraと気持ちを

共有しようとしたところがありました。

 

もちろんTiaraも

自分の大好きな彼のことには

興味津々なので

彼が聞くといった音楽や趣味、

好きなことに関しては

自己愛性人格障害の彼だけでなく

今まで付き合ってきた人

すべてのひとの魅力を

Tiaraが一番良く知っていると自負します。

 

人と付き合うことの楽しさの1つは

その人の魅力を知りたい、

と思うことにあると思います。

 

だからこの人はどんな人なのかな、とか

この人はどんなことが好きなのかなと

興味を持ち

それを1つ1つ知っていくことが

恋愛の1つの楽しみだと思っていました。

 

もちろんその人たちにも

Tiara以外にも彼女はいたと思いますので

その人たちのことも

知りたいと思ったでしょうし

共通の時間を二人で楽しんできたと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力や特技を見せることは

イキイキとしますが

相手のことは特に聞きたがらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から好きになった人の魅力やと特技にでも

一緒にいる時間が長くなり

付き合いが深くなると

強い嫉妬の気持ちを持って

つぶしたくなります。

 

今もいろんな

自己愛性人格障害のひとを見ますが

みんな自分の特技については

得意になって話しますが

人の得意なことや魅力を見ると

急に黙ったり、不機嫌そうな態度になったり

興味なさそうに下を向いたり

どこかに行ってしまったりします。

 

そんな様子を見てTiaraは

ああ、人のことを認められないんだな、

この人はもしかしたら

自己愛性人格障害なのかもしれない、

とどうしても疑ってしまうのです。

 

自分の話の時はいいのですが

人の話に切り替わると

急に不機嫌になるのですぐに分かります。

 

Tiaraはもし今度お付き合いをする人が

できるとしたら

人の魅力を認められる人を

好きになりたいです。

 

そんな人なら

Tiaraの魅力を見ようとしてくれますし

Tiaraもその人を応援しても

応援のしがいがあり、

楽しく一緒に過ごすことができると思います。

 

 

自己愛性人格障害の元彼も

まさかそんなことがあるとは

思いませんでしたので

確かにTiaraの得意なことは

一切しませんでしたが

彼の魅力を見ているだけでも楽しかったので

彼が自己愛性人格障害だと気付くまでは

本当に楽しく過ごしてきたと思います。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

付き合ったことが

すべて無駄だとは思いませんし、

そんな彼と付き合ったからこそ、

世の中にはそんな考えを持つ人々が

ある一定数はいて

そういった人とは

気をつけて付き合わなければいけないことも

知りました。

 

ついでに

今までうまくいかなかった理由までわかり

すっきりとしています。

 

ですが、やはり

自己愛性人格障害のひとは怖いので

彼らを刺激しないように

できるだけ近づかないようにしています。

 

そのおかげで

自分が今までできなかった

潰されてしまっていた出来事を

邪魔されないように用心しながら

守ることができます。

 

今度は邪魔をする人がいるので

自分の情報を見せる人と

見せない人を使い分けることで

とても楽に生きているのです。

 

昔は根性を出して無理なことに時間を費やし

全力で臨んだ後

簡単につぶされて悔しい思いをしたことも

今では、無駄なこともすべて分かるので

そこに力は費やすことなく

全力で逃げています。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害のひとに潰されながら

再スタートを繰り返し

またつぶされて再スタートをして潰され

この年になっても何もできていません。

 

 

だから今後の人生は

少しも無駄にしたくないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに潰されていなければ

今頃もっといろんなことができていたと

思います。

 

現に周りに

自己愛性人格障害のひとのいない環境では

物事がスムーズに進み、

自分が前進していくのが

肌で感じられます。

 

いい友達だと思っていた人の中にも

自己愛性人格障害のひとがいて

今までこっそり潰されていたことも知り

今でそういった友達とも

付き合わないようにしています。

 

 

Tiaraのことを本当に思ってくれて

Tiaraのことを

応援してくれる人たちとだけ交流することは

とても気持ちがいいですし、

疑う余地がありません。

 

Tiaraも安心して

その人たちに愛情を

全力で向けることができます。

 

あなたが感じたちょっとした違和感を

ちょっと立ち止まってよく考えてみると

その人があなたにとって

本当に大切な人なのか分かると思います。

 

あなたが相手を大切にしている分

きちんとあなたもその人から

大切に扱われてしますか?

 

そこを見逃してしまうと

あなたのしてきたことが

無駄になってしまうかもしれません。

 

人生は案外短くて早いですよ?

 

せっかく生まれてきたのに何もできないと

後から後悔することになりますよ?

自己愛性人格障害のひとの行動を見ればある程度、今はなにがしたいのかが判断できる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

相手に情報を極力与えないが

相手の持っている情報は

無邪気に聞き出すことができる

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに情報を与えるとき

自分があなたにそれを本当にしてほしい時は

本当に分かりやすく丁寧に教えてくれます。

 

 

だから、今のTiaraは

自己愛性人格障害のひとが

のような話をするときは

Tiaraにこれをやってほしいんだなと

理解することができます。

 

 

反対に自己愛性人格障害のひとが

あなたに情報を隠すときは

あなたを不安にしたいか

もしくはあなたの知らないところで

あなたが不利になるように

動いているときです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとの

言っていることが

あまりにも端的だったりして

分かりにくい時は少し警戒したほうがいいです。

 

何かあなたの知らないところで

あなたの不利になるような動きをしているか

またはあなたを混乱させて失敗をさせようと

故意に働いているときです。

 

こんな時のアドバイスとして

自己愛性人格障害のひとから話を聞かず

(どうせきちんとした情報は与えてくれませんから)

自己愛性人格障害のひと以外に

人にこっそりと聞いたほうが

あなたのためになります。

 

また、あなたが

ほかの人に聞いていることを

自己愛性人格障害のひとに知られてしまうと

あなたに教えないように

周りの人に働きかけたりしてしまいますから

あなたはできるだけ自分の動きを

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

周りの人にまで働きかけられてしまうと

周囲の人までが

自己愛性人格障害のひとに

都合よく動くようになり

あなたがその場で生きにくくなりますから

できるだけあなたの要領が良いところは

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

まっすぐで正直な人が多いですから

こそこそ動くことがそもそも嫌いです。

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの動きは完全に封じ込めてしまうまで

徹底的にやるので

絶対に勝てないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という病気が

あることを知るまでは

こそこそすることが嫌いでしたから

人と話すときも自分は

間違ったことをしていないと思っていると

ほかのひとにその話を聞かれること

嫌ではありませんでしたし、

自分の行動はむしろ周りの人からも

分かりやすく動いていたほうだと思います。

 

自分を信じてもらおうと

彼には自分の行動は逐一話し

嘘をつかずその通りに行動をして

終わったら必ず彼に連絡を入れていました。

 

まさか彼がそんな病気だとは知らなかったので

Tiaraはきちんとなんでも話していれば

彼もTiaraには何でも話してくれている

と思い込んで

彼のことを完全に信じていたのです。

 

ですが、彼はなんでも報告してくれる方でしたが

彼の言った場所に彼がいたことはありませんでした。

 

彼はTiaraの行動を知っていますから

不安になったり、疑ったりされたことはありません。

 

ですが、Tiaraは彼がなぜ

彼の言った場所にいなかったのか

ずっと疑問に思っていました。

 

ですが、それは、たまたま用があって

出かけたところだったのだ、

と毎回思うようにしていました。

 

 

ですが、後から考えてみると

おかしいことがいっぱいあったのです。

 

 

今でも、彼以外の自己愛性人格障害のひとを

多く見ますが

彼らは不思議と

普段の行動はとても信頼ができます。

 

普通のひとよりも落ち着いていて

弁が立ち、何でもきちんと

話しているように見えますし

たまに冷たい態度や

突然イライラしだすところを

見ることありますが

普段は周りのひととも

温和によくコミニュケーションをとっていて

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

普通にいい人だと思っていたかもしれません。

 

イライラすることも

普通のひとにもよくあることなので

常識の範囲内だと思うでしょう。

 

ただ、Tiaraの今の職場は

初めのマウンティング行為を

Tiaraに見せてしまったので

早くに自己愛性人格障害だと気付くことができ、

Tiaraが警戒してあまりなつかないようにしていたり

近くで誰かが説教を

されているところを見たりしても

びくびくしたりせずに

堂々としてさりげなく席を外すので

Tiaraがだんだんターゲットの対象から外れてきたため

いい人を演じる時間が増えたので

今では自己愛性人格障害のいい面が出ているので

とてもよく周りの人と穏やかに

談笑しているところを見かけます。

 

 

自己愛性人格障害の元彼の

そういった行動もよく見ていたので

彼らと重なり、自己愛性人格障害だということが

とてもよくわかります。

 

Tiaraは自己愛性人格障害を知らなかったので

そんな穏やかな彼を誇らしく思っていましたし

こんな落ち着いた大人な彼についていけば

大丈夫、と

今まで感じたことのないほどの安心感を

自己愛性人格障害の彼に感じていました。

 

そのあと態度が

正反対になっていくということも知らずに。

 

それが、自己愛性人格障害の彼と一緒にいて

幸せだった理由です。

とても信じられる人でした。

 

Tiaraとうまくいかなくなることも

彼のせいではなく

彼の優しさから周りの人のことも

ほっておかないだけ

Tiaraは彼の彼女なんだから

私が分かってあげなきゃ、と

わがままを言ったことは一切ありません。

 

それでも彼が否定してきた利したときも

自分のせいでは?と思っていましたし

彼は純粋だから些細なことでも

傷ついたりするんだ、と

割れ物に触るように気を使い、

結果的に嫌なことも嫌だと

言えないようになっていきました。

 

それでも、ある日、

さすがにこれはおかしい、と思うほど

常識では考えられないようなことをするのです。

 

 

そうなったときは

どんなに優しく近づいてきたとしても

それはもう、あなたは

彼のターゲットになった証拠ですから

分かってくれた、

ともとに戻らないほうがいいでしょう。

 

どんなに穏やかに見えても

よく見ていれば不自然なことが多いことに

あなたも気づくようになるのです。

 

そうなってから彼に戻ると

今度は抜け出せないほどの

ひどいモラハラが待っています。

 

 

あなたは被害者でありながら

加害者にされてしまうのです。

 

 

その時のショックは

相当大きなものになると思いますので

気づいた時点で

少しづつ彼とは心の距離をとるようになり

自己愛性人格障害だから仕方がないと

納得できるようになると

あなたが無駄に傷つくことを

避けることができるのです。

 

 

あなたは傷つけば傷つくほど

うざくなり落ちぶれていきます。

 

常識では考えられないことが次々に起きて

理不尽な態度をとられているのに

あなたがだんだん

わかってもらいにくくなるのです。

 

 

その答えはそんなにひどいことを

恋人にする人がいるはずない、という

社会の間違った常識のせいです。

 

自己愛性人格障害なんている症状があることを

知っている人は少ないのです。

 

あなたが必要以上に

人に分かってもらいたくなってしまうのは

必要以上に理不尽に愛する人から

刃をむけられるためです。

 

せめて誰かに

分かってもらうことができればと

あなたは周りの人に理解されることを

必要以上に求めるように

なってしまうのです。

 

 

あなたのことを

本当に思ってくれる人が

そばにいる自信さえあれば

あなたの心は周りの人に

分かってもらいたいなんて思う必要もなく

安定するのです。

 

 

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人が

そばにいるとき

あなたはそんなに

人に分かってもらうことを求めないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも何をしているか

よくわかっていません。

 

ただ、何でもいいから

とことん周りにいる人を

自分よりも下に落としていないと

気が済まないのです。

 

ただ、それだけのひとに

あなたがなる必要はありません。

 

 

そしてあなたは

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

自己愛性人格障害のひとも

あなたに攻撃をしたいなんて

まったく思わなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとからコントロールされないようにするためには?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

コントロールされないようにするためには?

ということについて

お話しします。

 

 

恋をすると盲目になる、

とよく言いますが

相手のいいところしか見えなくなり

少しくらい嫌なことがあったとしても

すぐに流してしまいます。

 

 

恋愛サイトや本などに書かれている

恋人とうまくいくための方法として

「相手のいいところを見るようにしましょう」

だとか

「自分にも悪いところは必ずあるので

相手の悪いところも

分かってあげられるようにすると

お付き合いが長続きします」

などど書かれていることが多いのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいタイプのひとは

もともと相手の悪いところに関しては

寛大な人が多いです。

 

むしろ、この寛大なところが

極端すぎて

自分がとても辛い目に遭ったり

とてもひどい目にあわされてしまうとしても

我慢してしまうのです。

 

こういった被害に遭いやすいタイプの人が

普通の恋愛本などの言うとおりにしてしまうと

いい恋愛はできないので

自分がその恋愛サイトに当てはまるタイプの

人間かどうかを考えてから

実行するといいと思います。

 

ああいった恋愛サイトや本などは

誰にでも当てはまるものではないのです。

 

もともと

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

嫌と言えないことが多く

幼いころから

自分でも知らないうちに

モラハラのターゲットにされていることが

多いです。

 

だからあなたが知らない間に

自分が全く身に覚えのないようなことで

評判を

落とされている可能性があります。

 

そしてそれを自分のせいだと

まじめに考えすぎてしまうため

あなたのいいところを利用して

あなたをおとしめて

自分がいい思いをしている人に

気付けないでいます。

 

そして自己愛性人格障害のひとの特徴として

周りの人を自分の思い通りに

コントロールすることができる力により

あなたが悪く思われていることが多く

そのような経験を何度も積むうちに

あなた自身の自分に対しての自信がなくなってしまい

なんでも自分が悪いと考える悪い癖がついています。

その癖がついているために

さらに利用しやすくなっているあなたは

自己愛性人格障害のひとの都合に

めちゃめちゃ合ってしまっているので

結果、自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい性格になってしまっているのです。

 

あなたに足りないものは

なんでもうのみにしてしまい

よく考えずに

あなたが悪いと反省してしまうことにあるのですが

自分が何もしていないことに気付けない人は

そもそも相手を疑う能力に欠けているのです。

 

人間はあなたが信じた人間だけではなく

そういう素直な人間を利用する

ずるがしこい人間がいることも

良く理解したうえで

あなたが本当に悪いのかを

見つめなおす必要があります。

 

それができなければ

あなたは何度も何度も

自己愛性人格障害のひとに

狙われるようになって

何をしても努力が報われず

どんどん落ちぶれていくのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

あなたを潰すことによって

自尊心をどんどんあげていきますので

あなたを悪者にすることによって

自己愛性人格障害のひとが

他人を潰すことによって

そのポジションが空き

自己愛性人格障害のひとが

生きやすくなってしまうのです。

 

あなたはあなたを大切に扱ってくれない人のために

潰される必要はありません。

 

彼に少しでも自己愛性人格障害の

疑いが見えたときは

あなたは自分の身と心を守るために

彼からできるだけ自然に離れることを

お勧めします。

 

どうしても

すぐに離れることができない場合は

あなたが無関心になることにより

自己愛性人格障害のひとからの攻撃を受けないようにし

また自分の攻撃が通用しない人には

自分のしていることがばれてしまわないか

不安になるので

自己愛性人格障害のひとのターゲットから少しづつ

外れていき、やがては

自己愛性人格障害のひとから

あなたには

何もしたくなくなるということを目指しましょう。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自尊心を下げる人を徹底的に避けまくる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

どうしたら

希望を持てるようになるのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログで

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人は

自尊心が低い人が多いというお話を

いたしました。

 

自尊心とは、

自分を尊敬する気持ちというよりは

特に特別な存在でなくとも

今のままの自分で満足していて

安定した気持ちを

持っている人のことです。

 

子供は生まれたときに

何も持たずに生まれてきますが

たいていの場合は

ご両親に待ち望まれて生まれてきて

そのままの存在を愛される人が

ほとんどです。

 

ですが、何らかの事情で

ご両親からの当たり前の愛情を

受け取れなかった子供や

両親の仲が悪く、

まったく子供に

関心が持てない親に育てられたり

ひどい時は虐待や

または、本人でなくても

父親が母親を支配している様子を

目の前で見て育つ、という子供にも

みられるということが

分かっています。

 

とにかくどんな状況かは

その人に寄るのですが

ありのままの自分を

受け入れられなかったがために

何か相手のためになるようなことを

しなければ

愛されないと思い込んでいます。

 

そして、なぜかそれは

外に出るとその人の雰囲気として

なんとなく現れてしまうようで

その自尊心のなさを感じ取った人に

自尊心を傷つけられる機会が

増えます。

 

そしてどんどん自分に

自信を失っていくので

相手に好かれようと

必死であいさつをしたり

近づいたり

自分の話を聞いてほしくて

人にすり寄る

というどちらかというと

うざい人が多いです。

 

その様子がバカにされてしまうので

あなたが自分に対して

自尊心を持つことが大事なのです。

 

 

とはいえ、あなたは無意識に

自分に自信がないので

どうしても寄りついてしまい、

必要以上にまじめに相手に対して

誠実でいようと

努力をしてしまいます。

 

その様子が、そういった人を

馬鹿にするような人がいると

また自尊心を傷つけられる言動を

向けられてしまい

悪循環となってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

そういった自分にとって

ひどいことをする人が

気になって仕方がないのです。

 

 

そして

どうして自分が悪く思われているのか

分からないけど

とにかくもし誤解をされているのなら

その誤解を解こうと思ってしまったり

何とか相手に認めてもらおうと

極端に親切にしたり

相手に歩み寄ったりして

何とか自分の存在を

認めてもらおうとします。

 

それは、本当に危険な行為であり

普通のひとは

そういった人物は危険なので

避けようとするのですが

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そういった人にこそ

寄り付いていってしまうのです。

 

だからいつもひどいことになると

悩んでいることが多いのですが

そもそも自己愛性人格障害のような

危険な人物に

自ら近づいてしまっているのです。

 

それでは、トラブルになるに

決まっていますよね?

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

ひどいことをされると

自分のほうに原因があると

思い込んでしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

そばにいる

弱い人にぶつけているだけです。

 

その人が悪いわけではないのです。

 

だから自尊心のない人というのは

危険を引き寄せてしまうのです。

 

あなたにトラブルが多いのは

何もあなたのせいではありません。

 

あなたが自分の自尊心が低いために

自分が悪いと思い込みすぎていて

自己愛性人格障害の

八つ当たりな行為にも

必死で分かってもらおうと

自ら歩み寄ってしまうから

怖いことになるのです。

 

普通に当たり前の愛情を

受けて育った人は

自尊心を持っているので

八つ当たりのような

自分に原因のないことへの

相手の怒りには

相手がおかしいことに

すぐに気づき距離をとります。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとも

自尊心がないので

自分から距離を取られてしまうと

嫌われることを極端に恐れているので

その人には

近づきもしなくなるのです。

 

結果、自尊心を

きちんと持っている人は

トラブルに遭う確率が

格段に下がります。

 

そしてその格段に下がった分

自分に自信のないあなたが

自己愛性人格障害の被害を

自ら受けに行ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害を

避けたければ

自分に身に覚えのない怒りは

徹底的に避けることです。

 

よく考えてみれば

いつも相手のことを

思っているあなたが

何かするわけはないですよね。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの

おなかの中の怒りで

あなたには関係のないことです。

 

自分に関係のない

自己愛性人格障害のひとの怒りは

避けて避けて避けまくりましょう。

 

あなたの自尊心を下げる言葉を

聞くこともなくなりますので

嫌な思いもしなくなります。

 

周りのひとがあなたの自尊心を

下げることばかりいうので

あなたも

自分には価値がないのではないか

と思ってしまうのです。

 

あなたの自尊心を下げる

周りの言葉ばかりを聞いていなければ

あなたが自信をなくすことも

なくなるのです。

 

あなたはあなたが誇りを持てることを

自信を持ってやってみてください。

 

そうすれば

あなたは自分が

なにもしていないことに気づきます。

 

そしてあなたの自尊心を

無意味に傷つける人の怒りは

その人本人の問題ですので

あなた自身は

そっと身を引きましょう。

 

そうすれば

あなたの自尊心はだんだんに

戻ってくるはずです。

自己愛性人格障害のひとへの会社での対方法(具体例)


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

接するときの注意事項について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットだと思われないためには

できるだけ早くから対処することが

肝心です。

 

もし、途中でターゲットから外れようとすると

初めから対処するよりも

大変になるからです。

 

Tiaraも今の会社にも

自己愛性人格障害のひとが

大勢いますので

対処をしていましたが、

最近、両隣の男女と大変仲がいいので

上手く対処ができていません。

 

この二人は、

同じチームに所属するTiaraよりも

数か月だけ後輩なのですが

2人ともTiaraとよく話します。

 

今、Tiaraの席の周りには

自己愛性人格障害のひとが

いませんので

普通にしていてもいいのですが

仲良くすることによって

自己愛性人格障害のひとに

Tiaraの性格がばれてしまいます。

 

しかもこの二人は結構違った意味で

目立つので

自己愛性人格障害の人に

興味を持たれやすいタイプだと思います。

 

女の子は気が強めで声も大きく

嫌なこともはっきり言うタイプです。

 

どんなことも冗談っぽくディスりがちなので

多少自己愛性人格障害の要素は持っていますが

自分のこともあけっぴろげなので

ギリギリ自己愛性人格障害ではないかな?

という感じです。

 

自己愛性人格障害のひとは

大変用心深いので

自分のことを大勢の前で

あけっぴろげにするということが

ほとんどありません。

 

一番新人なのでまだ

Tiaraを頼らざるを得ないところもありますし

隣の20代の男性とは

Tiaraは本当に仲がいいので

多少Tiaraをディスり気味の時は

この男性が

「僕はそんな風には思わないですけど!」

と敵対心をあらわにして

Tiaraを守ってくれるので

びっくりして何も言えなくなってしまう、

という感じです。

 

Tiaraの前には前にいた

自己愛性人格障害だった

移動した女性の件でお話しした

優しい男性もいらっしゃるので

ここでTiaraを敵に回すようなことは

できないと思います。

 

以前の記事:

https://tiara-crystal.info/aitegajikoaisiejijnkakusyougainoyousowomotutokiduitara-zennmenntekinisinnjirukotohatotemokikenn?preview=true

なので今のところ、この女の子とは

警戒しながらも仲良くしている、

という感じです。

 

 

ですが、少しは警戒していますので

あまりTiaraからは話しかけず、

教えてあげたほうがいいな、と思うことが

あるときだけ

教えてあげるようにして言います。

 

子供がいる共通点があるので

向こうからもよく話してきます。

 

自己愛性人格障害というよりは

被害者のほうのタイプに近いのではないかな

という感じです。

 

バンバン言い過ぎて敵を作ってしまい、

後悔するタイプなので

ひとまずは自己愛性人格障害だとは思わず

ある程度は普通に接しています。

 

ただ、Tiaraに

直接指示を出してくださるリーダーが

ほぼ真正の自己愛性人格障害だと

思われますので

できるだけクールにしていたかったのですが

彼女と話しているときに

突然背後にいたりするので

よく話を聞かれてしまいます。

 

リーダーはちょこちょこ

Tiaraたちの席に来るので

何度か話を聞かれているうちに

だいたいTiaraが本当はどんな子なのか

ばれてしまってきているでしょう。

 

この女の子がもし、

Tiaraのリーダーの担当だったら

おそらくリーダーの敵対心をあおり

かなりきつく当たられていると思います。

 

ですが、一応この彼女には

もう一人の優しい30代の男性が

指示を出すことになっているので

まだTiaraよりはましなのかもしれません。

 

ですが、その30代の男性のリーダーは

結局Tiaraのリーダーが上司なので

この男性が休みの時とかには

この女の子もきっと攻撃をされてしまうでしょう。

 

軽く対応法を教えてはありますが、

何しろ声が大きいので

リーダーにもこの子が言うリーダーの悪口は

本人にも聞こえてしまっているかもしれません。

 

Tiaraは何度かリーダーの目が

この子に対して

きつくなっているところを見ているので

そろそろTiaraも本格的に

静かにしたほうがよさそうです。

 

 

20代の男の子に限っては

リーダーがいないときは

嬉しそうに話してくるのですが

リーダーが来たとたん黙るので

まだこの3人の中では

ターゲットになるのは一番後になるでしょう。

 

そして20代の男性は

友達が心理カウンセラーをしているようで

多少、サイコパスのような人が

いることも知っているようです。

 

以前に話をしたときに

「気持ちわかってくれる人がいて

よかったです。」と言ってみえたので

警戒はしているようですし

若くイケメンで礼儀正しく性格がいいので

彼のことを嫌う人はめったにいないでしょう。

 

 

ですが、優しすぎる面もあり

元カノがDVだったこともあるようなので

この子にも対処法は必要ですが

ある程度ほっておいても本人が心得ているので

おそらくこの3人の中では

一番最後にしか

ターゲットにならないと思います。

 

今、リーダーのターゲットになっているのは

おそらくこの彼女に指示を出している

30代の優しい男性だと思います。

 

一生懸命な性格もあり

リーダーから言われる無理難題を

必死でこなそうとしたり

リーダーからつけられるなんくせに

「僕が責任をとります。」とか

「僕が責任を持って修正しておきます。」

などと言っているので

いっぱいいっぱいになっています。

 

彼もまじめな性格なので

明るさがだんだんと無くなってきているので

何とか助けたいですが

リーダーとTiaraたちよりも

密着して業務を行っているようなので

なかなか難しいです。

 

そして、おそらく次に

ターゲットになるのはTiaraだと思いますが、

Tiaraがこのふたりの男女と

仲良くしていることが

きっと気に入らないと思います。

 

それが分かっているので

できるだけリーダーの前では

クールな雰囲気のままで

あまり、話したくないのですが

相手がいる以上

Tiara一人でやっているときとは

わけが違います。

 

今までtiaraにリーダーが親切だったのは

Tiaraがどんな人なのか

よくわからないからです。

 

Tiaraは分かっているのですが

この二人(特に女の子)のほうが

リーダーが来ても

Tiaraと話をすることをやめないので

低くて落ち着いた声で

「できました?」とか

「午前中に終わりそうです?」

と何度もあおって

追い打ちをかけてくるようになりました。

 

そんな数時間で終わるような

仕事のボリュームではありません。

 

それにまとまったデータを1個1個にばらすなど

一つでも数字を間違って消したら

データが壊れてしまうような

神経を使う仕事を膨大な量持ってきているのに

チャチャっと終わらせられるわけも

ありません。

 

 

全力でキーボードを

5時間打ち続けながらやって

やっと終わるような仕事を

1時間ごとくらいに終わったか聞いてきます。

 

この時必ず女の子が

話しかけてきているときばかりなので

話している暇があるなら

もう終わっているだろう、

というような威嚇の意味が入っているのですが

もちろん仕事の手は一回も止めていません。

 

これには女の子が話しかけてきていることも

原因なのですが

こういったときにうまくかわせるほど

Tiaraは上手くありません。

 

Tiaraの本来の、

ひとに引っ張られがちな性格が

見られてしまっていると思います。

 

そういったところもきっと

リーダーにもばれかけています。

 

自己愛性人格障害のひとは

本来、相手がどんな人かまだ分からないうちは

親切にしてくれることが多いです。

 

Tiaraはそれを分かっていて

クールにしていたので

自己愛性人格障害のひとに

狙われにくかったのですが

この女の子が話しかけてきて

それに引っ張られて

答えているところを見ているうちに

攻撃すれば堪えるタイプだと

とらえられていると思います。

 

もちろん、本来なら

堪えていたタイプなのですが

今は自己愛性人格障害の

特徴がよくわかっているので

堪えることはありません。

 

やっぱり来た、どう対処していこう、

とミッションをクリアしていくだけです。

 

今の感じを見ていますと

20代の男性とは

リーダーが来るとすぐに話をやめるので

話してもいいと思いますが

この女の子とは、極力話さないほうが

Tiaraのためだと思います。

 

幸い、仕事中は話さなくても

帰りは一緒に帰るので

帰りさえ、当り障りのない会話をすれば

女の子は特にTiaraが避けている

とは思わないでしょう。

 

仕事中、しゃべらないようにすれば

仕事中は話してはいけないんだ、

と空気も読んでくれそうです。

 

リーダーには

今まではできるだけ

お慕いしている雰囲気で話していたのですが

明日からはもう少し

笑顔を消して真顔で話すようにします。

 

リーダーも最近Tiaraに対しても

声を一段と低くして

表情も少しだけ笑顔を見せて

話していたのですが

最近は笑顔もなくなり、

冷たい雰囲気に変わってきていますので

Tiaraも同じようにしたほうが

いいと思います。

 

自己愛性人格障害の対処を行う時は

その自己愛の人がすることを参考に

あなたもやってみるといいでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひとには

自己愛性人格障害のひとの

対応が必要なのです。

自己愛性人格障害のひとは初めからあなたとの関係を壊すつもりがあるの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたとの関係を壊すつもりで

惹きつけたのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼の

相談を聞いていますと

ほとんどの方が

とてつもなく強烈に

彼に惹きつけられています。

 

 

なぜあんなにも強烈に

あなたを求めていたのに

関係を壊すようなことをするのか

そこに疑問を持って

頭からなかなか離すことができない、

という人がものすごくたくさん

おみえになります。

 

どうしても彼の気持ちが

嘘だったとは考えにくいほど

素敵な関係だったからです。

 

彼の気持ちは

たしかに本物だったと思えるでしょうし

何ならほかの彼とは比べ物にならないくらい

大切にされていた、

と感じる被害者の方も

かなりの数でおみえになります。

あんなにも好きだと言っていたのに

信じられないほど

理不尽なやり方で

あなたを突き放すようなことを

するからです。

 

たしかに自己愛性人格障害のひとは

あなたが傷つけば傷つくほど

気分が高揚していきますので

あなたを強烈に惹きつけたほうが

あなたを突き放すときに

あなたのショックは大きいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

何も初めから

あなたを突き放すことを考えて

わざとあなたを傷つけるために

惹きつけているわけではないのです。

 

あくまでも

自己愛性人格障害のひとも

自分では自分のことを

普通だと持っていて

どうしているもこんな風になってしまうのか

分かりません。

 

いつも相手が悪くて

関係がやっていけない、

と本気で思っていることでしょう。

 

それは自分がやっていることから

逃げているからです。

 

それなのに

初めはあなたに惹かれていた彼も

楽しい気持ちで

あなたと会っていたはずなのですが

なぜか、時間とともに

どんどんあなたのちょっとしたことに

腹が立ってイライラしてきたり

一緒にいられない、

と感じてしまうようです。

 

 

それは、あなたが悪いわけではなく

あまりに自尊心が低すぎるため

どうしても常に

あなたより上に立っていないと

気が済まないからなのです。

 

あなたの欠点を見つけて

それはダメだよ、と説教したり

あなたが何かで成功するところを見ると

無性に腹がたち

あなたが成功するわけがないと

本当にちょっとしたことからでも

理由を見つけてあなたが何かの不正をしたから

成功したように見せかけている

と思い込んだりします。

 

そしてそれは

だんだんと時間とともに

エスカレートしていきます。

 

とにかくあなたがいいことをしても

腹が立ちますし、

あなたの優しさにすら嫉妬しますし、

悪いことがあると、

そこをクローズアップして

あなたに迷惑をかけられた、

と思い込みます。

 

つまり彼は

あなたがいいことをしようが

長所だろうが、

それにやきもちを妬いて

あなたが良く思われないように

してしまいますし、

かわいそうなことだろうが失敗だろうが

すべてあなたが悪いように見せかけて

自分はそれよりもましだと

思い込んでいないと

安心していられないのです。

 

つまり、初めは自尊心の低さから

強烈に不安感を

常に心にいだいていますので

周りにいる人すべてを自分に惹きつけて

自分には

価値があると思い込んでいないと

恐怖で

まともではいられなくなります。

 

そして、あなたを

惹きつけられることができたときは

 

初めのうちは

本当にうれしくて

幸せそうにしていますが

しばらくすると

そんなことはもうどうでもよくなり

自分に誰かを惹きつけていないと

気が済まないのです。

あなたに興味が亡くなったり、

ほかの人を惹きつけたくて

たまらない時は

そっちに気がいっていて

あなたのことはもう

どうでもよくなったりします。

 

それでも

彼自身は自己愛性人格障害のため

どうしても自分が悪いとは

考えたくないので

あなたに彼を怒らせる原因があると

どんなことにでも

こじつけて考えてしまうので

反省するどころか

あなたを責めて立てて

あなたにイライラをぶつけます。

 

それが自己愛性人格障害のひとが

あなたを捨てる原因です。

 

それでもあなたに

ほかにあなたを大切にする人が現れると

自分のものだと嫉妬して

攻撃してくるのです。

 

彼があなたを捨てるときに満足する状態は

あなたを

ほかのだれも相手にしなくなったときや

1人ぼっちの時、

あなたが彼を強烈に

追いかけているときです。

 

そんなときに

あなたを捨てることは

自己愛性人格障害のひとにとって

快感で、それでもその快感も

長くは続かないので

あちこちで嫌がらせをして

周りの人たちを

傷つけまくるのです。

 

初めは自覚なく

普通にあなたに惹かれて近づいて来たと

思えた彼も

実は自分の魅力を

誰かに見てもらっていないと

不安になる自己愛性人格障害のひとの

心を保つために

あなたを求めていたのです。

 

そのことにも気づかず、

お互いに惹かれあい、

自己愛性人格障害のひとの

派手なパフォーマンスに

ほかのひとにはない魅力を感じたあなたは

最後には

みじめに裸にされて

捨てられることになるのです。

 

どちらにしても愛する彼から

潰されてしまうあなたが

ふびんでなりません。

 

このように

自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたを潰すつもりで

近づいてきているわけではなく

その自尊心の低さから

どうしても隣にいる人よりも

上に立ちたい願望が

強烈に抑えられずに

どうしても相手が逃げ出してしまうほどに

潰してしまう病気なのです。

 

Tiaraならそんなにも

人のことを惹きつけることができるのなら

その力を使って

永遠の愛を手に入れたいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとには

どうしてもそれができないのです。

 

自分のことを

本当に思ってくれる人をつぶす病気なんて

本当にもったいないことです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自分を安っぽく扱ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を安っぽく扱ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人の特徴に

とてもやさしすぎる、

というものがあります。

 

これは、本人も周りの人も

気づかないことが多いのですが

優しすぎるがために

相手に気を使っていることを

分からせないようにして

自分を捨ててまでも

相手を気持ちよくさせようと

しすぎています。

 

 

それってTiaraは

とても素晴らしいことで

素敵なことだと思うのですが、

残念ながら、

周りの人に気を使っていることすら

分からないように気を使っているため

周りの人から気づいてもらえません。

 

そして、

そんなあなたが気を使いすぎているほど

相手のことを思いやっているのに

その周りの人から

ぞんざいに扱われる、ということが

起きやすいです。

 

これは、相手が普通のひとでも

そうだと思うのですが、

相手がもし、

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

大変なことになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの優しすぎるほど

優しいところが

とても大好きです。

 

だってとても都合よく使えるし

自分にとって絶対に信頼できる相手だし

いらなくなったら

簡単に悪者にすることができて

しかもそれでも何も言わない

と踏んでいるからです。

 

そして、もし少しでも

自分の読みと違うところが

あなたにあったとしても

とてもコントロールしやすいです。

 

自己愛性人格障害のひとの

素晴らしいところを見せれば

あなたは簡単に彼を信用しますし

喜んでなつき、

彼に寄り添おうとします。

 

そんな女の子がモテる、と

書いてある記事をとてもよく見かけます。

たしかに優しくて従順な女の子を

好きな男の人は多いと思います。

 

ですが、あなたばかりが寄り添っていて

彼があなたに寄り添っていないことに

気づいていますか?

 

 

あなたには他人を思いやる力はあっても

自分を思いやる力がありません。

 

自分を大切にしていないと

後から

大変なことになるのです。

 

もう少し、自分の気持ちに

耳を傾けてみてください。

 

あなたにも魅力はあるはずです。

 

そこに気づいて自信を持っていますか?

 

あなたの大切なものを否定するような人と

ずっと一緒にいてはいけません。

 

あなたの大切なものを否定するような人は

あなたのことを

切にしていません。

 

あなたとの約束を

大事にしてくれていますか?

 

あなたの気持ちを

大事にしてくれていますか?

 

あなたをあなたの友達や家族を

大切にしてくれていますか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとてもやさしい言葉をくれます。

 

ですが、それに現実が

ともなっているでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとの特徴に

初めはとても素晴らしい経験をくれますが

だんだんとそれが

いつの間にかなくなっていく

という特徴を持ちます。

 

そしてそれは年単位という

膨大に長い時間をかけて

行われます。

 

たしかに普通のひとでも

初めのころはいろいろなところに

連れて行ってくれたり

美味しいものを食べに

連れて行ってくれたりするでしょう。

でもそれが付き合い共に

だんだんとめんどくさくなり

プレゼントの質が落ちていったり

お出かけする回数が減ったり

することも大いにあると思います。

 

ですが、あなたに何かあったりすれば

飛んできたり

あなたに対する愛情は

変わらずある、と感じる出来事があるはずです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

何かが違うのです。

 

それは、人に話しても

分かってもらいにくいことでも

あなたなら分かると思います。

 

 

何かがおかしい、と。。。

 

Tiaraには年頃の息子が二人いましたが

彼らのことを考えるよりも

自己愛性人格障害の彼に振り回されていて

彼のことで悩む時間がとても多かったです。

 

自己愛性人格障害の彼は

2人の息子ととても仲良くしてくれましたが、

彼らのいないところで

彼らのことをバカにすることもありましたが

Tiaraがそれを許しませんでした。

 

Tiaraのために一緒に家を出てきてくれて

Tiaraを支えてくれてた息子のことを

冗談でもバカにすることは

Tiaraには我慢できなかったのです。

 

彼はそのことにすぐに気が付いて

彼らのことをバカにすることは

2,3回でなくなりました。

 

ですが、Tiaraのことで困っている

ということを

息子たちに言っていたことが

あったようです。

 

息子たちもTiaraに対する愛情が

大きいと思いますので

Tiaraをバカにするようなことは許しませんが、

Tiaraとうまくやっていきたいのに

Tiaraの考え方などで困っている

といえば

Tiaraと彼に

うまくやっていってほしい子供たちとしては

真剣に彼の話を聞いていたことでしょう。

これ以上彼といたら

いずれは

子供たちのTiaraへの信用は

なくなっていたのかもしれません。

 

Tiaraのためを思っている人が

子供たちとの仲を壊すようなことをするはずが

ありません。

 

 

それでもTiaraは彼を信用していましたので

彼のことを子供たちに悪く言う事は

ありませんでした。

 

もちろんTiaraも彼と子供たちに

仲良くなってほしいから

していたことです。

 

ですが、このことで余計に

原因がTiaraのほうにある、

と子供たちに誤解されていたことも

あったと思われます。

 

ただ、いくら口がうまくても

ずっと一緒にいたTiaraの愛情が

彼の言葉でごまかされることは

ないので、

彼にはそこまではできなかったのでしょう。

 

あなたの相手への思いやりが強すぎると

あなたをかばっていない彼の言葉が

信用されてしまうことは

多々あります。

 

きちんと真実を見て

自分を守ることをしなくてはいけません。

 

 

あなたの愛情は

まず自分に向けてください。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分への思いやりが足りません。

 

普通の人にこんなことを言ったら

あなたは自分のことしか考えていない人間に

見えると思いますが、

Tiaraは、あなたが自分のことを差し置いて

周りの人のことを考える人だと

知っていますので

あなたに自分を一番に

大切にしてもらいたいのです。

 

 

自分を大切にしない人は

周りからの信用を失います。

 

 

まずは、あなたが

あなたを信じてあげることが

大切なのです。

自己愛性人格障害の人は自分の怒りを出すタイミングを調節することができる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

怒りをぶつけたあとは

まったく先程までの感情をかくして

そんなことはなかったような顔を

することができる、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のことが分かってから

彼らを見ていると

たまにものすごい勢いで

いつまでもネチネチと

長時間ターゲットに向けて

お説教をしているところを

たまに見かけるのですが、

やはりそれを周りの人たちは

嫌な空気を感じ取りながら

少しでも席を外したくなったり

聞こえていても聞こえないというように

ふるまっているようです。

 

実際にTiaraの耳にも

「あーいう時は席を外したくなるんだよね。」

とか

「聞きたくなくても聞こえてしまう。」

という話をよく聞きます。

 

だから周りの人の中にも

気づいている人はいるようです。

 

やはり、自己愛性人格障害を

はっきりと知らなくても

「あーいう人とは関わらないようにしてる。」

という声を多く聞きます。

 

 

おそらく自己愛性人格障害のひとも

みんなが良く思っていないことには

気づいているようで

そういう時こそ

後からものすごく柔らかい雰囲気を

出していることが分かります。

 

 

分かっていないのは

被害者だけかもしれないのです。

被害者であるあなただけが

悪者になっているような

気になってしまっていて

自信を無くしたり、

悪い風におもわれてしまった、

と思い込み、勝手に身をすくめているだけ

かもしれないのです。

 

周りの人すべてではありませんが

一部の人は、その嫌な

雰囲気に気づいているのです。

 

そして、そのことをなんとなく予測している

自己愛性人格障害のひとは

それを打ち消すように

普段よりもものすごく優しく

穏やかなあ雰囲気を

だしていることが多いのです。

 

自己愛性人格障害のひとんは

怒りを出してもいいタイミングでは

思いっきり怒りをあらわにし

今出すとまずいと思う時には

何も中たような

涼しい顔をすることができるのです。

 

 

まるでさっきまで人をののしっていたなんて

考えられないほど

穏やかで陽気です。

 

 

まるで、先ほどのことなんて

なかったかのようにふるまっているのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分が人を嫌うことはいいのですが

人から嫌われることに関しては

かなり臆病で、嫌われることに

恐怖を感じるほど耐えられないのです。

 

だから、長時間怒りをあらわにした後は

特に穏やかで優しい人です。

 

先ほどのことなんてこだわってもいないので

瞬時にいい人になり切れるのです。

 

それを見た人は

彼のことを

いつまでもこだわらない

さっぱりした怒り方に見えて

メリハリのあるいい人に見えてしまうのです。

 

怒るべき時は

きちんと怒って

でも、普段はそんな人間じゃない。

 

「また今度楽しいお酒でも飲みに行こうよ。」

とか実際にののしっていた人にでさえ

明るく声をかけることすらあります。

 

だからさっぱりした人間に

見えてしまうのです。

 

ですが、自己愛性い人格障害のひとは

こだわっていない

さっぱりした人物なのではなく

自分の先ほどの恐ろしいののしりや

いたぶりを隠していて

なかったことにしているだけなのです。

 

人から嫌われることを

極端に恐れている臆病な性格のために

そんなに急に変わることができるのです。

 

 

ですが、そのことは、

すぐに分かることではなく

何年か一緒にいると

全く反省の色がないことや

自分が悪いということを一切認めないので

おかしい、とわかってくるようになります。

 

そして同じことを何度も何度も繰り返し

やりますので

だんだんとわかってくるのです。

その時に、

自己愛性人格障害のひとには

良心がない、ということが

はっきりわかったのです。

 

気づいた時には

本当に恐ろしく、

彼との将来を夢見て

長い間、頑張ってきた人には

ショックだと思いますが、

今後も一緒にいることは

彼がもし

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

無理なことなのです。

 

できるだけ

自己愛性人格障害の知識を身につけて

できるだけ早く彼から離れたほうが

あなたのためかもしれません。