自己愛性人格障害の人は周りを巻き込んで自分を良く見せるために穏やかに談笑する

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人に

どうしても狙われてしまう人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

あなたは、自己愛性人格障害の人の穏やかな姿に

何も考えずに誤魔化されているのです。

 

 

あなたの恋人やあなたの旦那様から

いいように扱われていると感じているのなら

それはあなたに原因があります。

 

あなたがこれ以上、

相手から好きなように扱われないためには

まずこの原因を取り除く必要があります。

 

その原因は普段、

あなたがいいと思っているようなことや

あなたが善人だと思っていることに

その原因があるのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方のほとんどが

相手の気持ちがわかりすぎるほどの

共感力の持ち主です。

 

自分を犠牲にして

相手のことを思う人ほど

ひどい目に遭っているし、それでいて

自分が悪者になって孤立しています。

 

でも、よく考えたらこれは当然の結末ですよね?

だって、相手に都合よく

自分を大事にしていないからこそ、

悪者になっていても黙っているのです。

 

かといって、それに気づくと

今度は被害者の方が腹が立ってきて

過剰に怒ってしまうので

これもまた周りの人が

ドン引きになってしまう原因になってしまうのです。

 

本当は優しいはずなのに

自分のことしか考えていない人よりも

悪く見られてしまいます。

 

自己愛性人格障害とは

人から嫌われることに極端に怯えているので

自分を良く見せることを常にしています。

 

だからこそ、周りからの印象がとても良いし、

好感度が高くなります。

 

ですが、本当は自分がしたことも

他人のせいにして逃げ回っているので

ひどいことをしていることが

周りの人から見えていないのです。

 

そして被害者になりやすい人は

自分がどう見えるかよりも

相手に尽くす事で自分を認めてもらうことに

必死になっていますから

必死の努力を重ねながら

自己愛性人格障害の人が

自分のせいにしていることにすら気づかないのです。

 

まさか、こんなにも尽くしている私に

ひどいことなんてしないよね?

と思い込んで現実を見ていません。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その場にいられなくなることが多く、

職場では多くの場合、自分から退職することになって

「こんなところにいたくない。

さっさと見切りをつけたほうが正解だわ。」

と消えていきますが、

時間が経てば、

ただ単に忘れ去られた人になるだけで

自己愛性人格障害の人が犯したひどいことは

すべてその人のせいになっていることさえあります。

 

 

こんなことになる前に

自己愛性人格障害の人に気づいて

その人の罪を背負わないようにしたいと

思いませんか?

 

それが、例え好きな人だとしても

あなたはその人が

本当にあなたのことを思ってくれる人なのか、

判断できているでしょうか?

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

周りの人と穏やかに談笑する、という場面を

よく見かけます。

 

だから、Tiaraは穏やかに談笑している人が居ると

その人の周りの人は

自己愛性人格障害の人に

合わせさせられているのではないかと

疑います。

 

もし、合わせさせられているとしても

その周りの人たちは気づかず、

自己愛性人格障害の人の人が

本当に穏やかな心の広い人だと

勘違いしていることが多いです。

 

昨日のブログでも書きましたが、

自己愛性人格障害の人が切羽詰まっていると

なんとしてもよく見せたいと言う思いが強く、

無理矢理、話を長引かせられて、

共感力の高い人たちが

もうそろそろ、他のことがやりたいのに

なんか知らんけど逃れられない、ということ思いから

自分でも気づかない間に自己愛性人格障害の人に縛られて

席を立ちたいのに立てない、という苦しみから

顔が赤くなっていることがあります。

 

そんな場面を見ると、

中心で、穏やかに話している人は

間違いなく自己愛性人格障害です。

 

気づかれないように

人を操作しているのです。

 

その目的はすべて自分をよく見せたいだけです。

 

だから、

見るからに悪そうな自己愛性人格障害の人は

ほとんどいません。

 

ほとんどの場合、

自己愛性人格障害の人は周りの人から見て

好印象なのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

引っ張られそうな時は、

自分はやらなければならないことがあるからと

いつまでも自己愛性人格障害の人に引っ張られず

自分の意思で動くようにしないと

時間をかけて被害者に見立てられ、

やがては理不尽な嫌がらせや

当たられたり、怒られたりと

立場を追いやられることになります。

 

その暖かそうな雰囲気とは真逆に

だんだんと、

理不尽に責め立てられるようになるのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人のイライラを

自分を信じた人に安心してぶつけるためです。

 

自己愛性人格障害の人がいても

自分を守ることはできるのです。

 

穏やかな雰囲気に巻き込まれないよう、

本当に周りの人に気を配れる人かどうか

きちんと判断をして距離を置くようにすることです。。

自己愛性人格障害の人は被害者にとてもこだわっている

こんにちは♡

久しぶりの投稿になってしまいましたが、

あなたはお元気でお過ごしですか?

 

今日は、

自己愛性人格障害の人は

クールに見えて

とても被害者にこだわっている

と言うことについて

お話したいと思います。

 

以前にも、お話ししたと思うのですが、

今年の1月から部署異動になり、

以前一緒に仕事をしていた

自己愛性人格障害の上司に引き抜かれて、

1年ほど離れていた

自己愛性人格障害の上司と

また同じ部署で働いています。

 

まだ、新しい部署にはきたばかりですが、

以前の部署のように

自己愛性人格障害だらけで

緊迫した空気はなく、

専門職の方が多く、若い子も多いので

何となく活気に満ち溢れていて

今のところ、直接関わる人たちに

その上司以外は

自己愛性人格障害の影は見当たりません。

 

自己愛性人格障害の上司とは

離れていたこの1年も、

時々,

会社帰りに

近くを歩いているような気配がしたり、

本当に偶然なのか、

故意になのかは分かりませんが、

偶然居合わせたかのように

気付くとそばにいたりしたことが

何回もありました。

 

特に移動の話がくる少し前から

頻繁に会うようになっていて

Tiaraにこだわっているのかなと

思うような節がありました。

 

Tiaraの方が気がついて、

声をかけてもおかしくないような場所に

自然な感じで立っていたりするのですが

いつも、Officeを出る瞬間から

TiaraはBluetoothで

爆音の音楽を聞いているので

無視をしようが挨拶をされようが

イヤフォンをして

聞こえない状態になっています。

 

明らかに挨拶をしてくれる人はわかるので

「お疲れさまでした。」と

いって通り過ぎますが、

無視をする人もいるので

基本、聞こえても聞こえなくても

いいようにしてあります。

 

 

なので

この上司が近くにいると気づいた時も

Tiaraの方から声をかけることはなく、

気づいていないふりをして

足早にその人の横を

通り過ぎていっていました。

 

傷ついたり、怒っているような

顔を見るときもありましたが

気づいていない、という体裁でいるので

素通りしてもおかしくない、

という気持ちで通り過ぎているので

罪悪感はありません。

 

このメンタルは、

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人にとって

おすすめの方法です。

 

爆音なので音楽の方に気が行きますし

無視されてもまったく傷つきません。

 

 

また声をかけたり、

反応をしてしまうと

また自己愛性人格障害の人に

近づかれてしまうので

反応しない方がいいです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が無視をすることによって

相手が傷つくことで、

高揚感を増しますから

高揚感が持てないと

無視をすることに意味がないのです。

 

それどころか

自分が周りから異様に

価値を持たれることに

こだわっていますので

自分が無視をされると普通の人よりも

傷つくのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいと思いますの

自己愛性人格障害の人が

傷ついていることに

気づかないかもしれませんが、

よくみていると

自己愛性人格障害の人は

非常に弱い事に気がつき始めます。

 

そうするとあなたが

惨めな存在だったわけでは

なかったと気づきますので

気持ちが楽になりますよ?

 

自己愛性人格障害の人はそんな

何でも自分が悪いんだと

自分のせいにしてしまう

責任感の強いあなただからこそ

あなたに嫌がらせをすることで

高揚感を増していますので

あなたが悪いわけではないのです。

 

むしろ

あなたが自己愛性人格障害の人から

無視をされることを

なんとも思っていないことがわかると

自己愛性人格障害の人が傷つきます。

 

だから

あなたに嫌われることが怖くて

あなたにひどいことをできなくなってくるのです。

 

自己愛性人格障害の人に無視をされる事に

いちいち傷付いたり

その意味を考えたりしてはいけません。

 

あなたには

なんの関係もない事なのです。

 

すべてもともと

自己愛性人格障害の人の

心の中にあったもので

あなたが何かしたから、

というわけではないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がしたことで傷つく人に

異様にこだわっています。

 

あなたなんて相手にしてないよ?

というスタンスをとりながら

あなたの様子を伺っています。

 

そこであなたが傷つくところを見て

高揚しているのです。

自己愛性人格障害からの

攻撃に苦しんでいるあなたは

その様子をしっかりと確認してください。

 

それが分かると

あなたは

自分が悪いわけではないことが

明確にわかりますよ?

 

そうやって人を下にみて

自分のほうがマシだと

安心する事を常にしていないと

自己愛性人格障害の人は生きていけないほど

自尊心が低いだけなのです。

 

あなたの責任感の強いところや

自分が悪いと思ってしまうところ、

あなたの

相手のために

自分が犠牲になる性格を知っているからこそ

なんでもあなたのせいにして

あなたを責め立てるのです。

 

ですが、そんなあなたがもし

逃げてしまったら

自己愛性人格障害の人は

必死で追いかけます。

 

 

優しくしたりあなたに話しかけてきたり

あなたに親切にしたりして

自分のことを良い人だと思ってもらうことに

必死になるのです。

 

自分のメンタルをあげてくれる

優しいあなたを

離すことを極度に怖がっているのです。

 

Tiaraが部署移動した件ですが、

Tiara的にも

助かりました。

 

一緒に移動になった人が数人いるのですが

仲の良い人や、いい人ばかりだったことで

決心ができたのですが、

今までの部署にいても

とても仕事はやりにくかったです。

 

 

今までの部署では

ほとんど同期入社の女性が

自己愛性人格障害だったのですが

上司をコントロールすることで

Tiaraになかなか情報が

入ってきずらい状況にありました。

 

ですが、

こだわると

自己愛性人格障害の人を喜ばせてしまい

余計に攻撃を仕掛けてくるので

まったく気にしているそぶりを

見せないようにしながら

Tiaraも

自己愛性人格障害の人以外の人としか交流せず、

独自に仕事を進めていました。

 

そうすることで

自己愛性人格障害の人は

勝手に怖がって

情報を隠しますし、

被害者が仕事が出来るようになったり

周りとうまくいくことを異様に怖がります。

 

だからどうしてもしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のメンタルを

完全に理解していますので

この女性が仲のいい時から

今後どんな行動に出るかが予想できました。

 

どうしてもそういった行動に出てしまうことは

自己愛性人格障害の人本人にも

止めることができませんし、

そうすることでしか

自己愛性人格障害に人は生きていけません。

 

異様に尊大な自分をアピールしまくっているところは

不自然すぎますし、

Tiaraには直接攻撃を仕掛けてこないので

周りの人から見たら

Tiaraとこの女性がうまくいっていないようには

見えなかったようです。

 

 

ですが、他の人には

Tiaraの見ていないところで

たまにする嫌がらせをしていたようで

イライラしている人も多くいました。

 

上司がコントロールされていたので

情報が入ってこないことは

この上司のせいではないことは

Tiaraには分かるのですが

他の人から見ると

この気の弱いことなかれ主義の上司が

悪いように見えていたと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

何もしていないように見えますし、

直接tiaraに何かする事もないので

なにかおかしいなと感じていたものの

その女性が悪いということが

わからない人もいるようでした。

 

もちろんTiaraは

傷付いていたわけでもありませんし、

むしろこの女性には

なにも関心を持っていないとすることで

女性のほうが傷ついて

おとなしくなっていましたが

上司はおとなしいおじさんで

この女性の強い物言いに

精神的に逆らうことができず、

彼女の意思のままに

彼女にしか仕事をふらなくなっていました。

 

自分の意思で無意識のうちに

Tiaraとはあまり話さないほうが

この女性から強くあたられないと

思ってしまっていたので

自分でも気づいていませんでした。

 

おまけにこの女性は

今回Tiaraが引き抜かれた

自己愛性人格障害の上司に

憧れていたので

Tiaraが引き抜かれたことを知った時は

顔がこわばっていました。

 

Tiaraからすれば

他部署に移った上司が

自己愛性人格障害だと知っていたので

ちっともいいことはないのですが、

知らなければ

確かに自己愛性人格障害の上司は

有能で素敵な人に見えます。

 

ただし、彼が怖いことは

会社中に知れ渡ってはいるので

移動先がひどいことになっているのではと

思っていましたが、

彼もまだ移動して

1年も立っていないので

今は惹きつけ行為が多く、

穏やかで優しい話し方をしていました。

 

Tiaraがきたことで

明らかに浮かれていることはわかるのですが

彼が自己愛性人格障害なのは知っていますので

今後の対処次第では

また激化することも考えられます。

 

現にこの半月の間に

彼が庶務の女性に鍵をなくしたと

詰め寄っているところは見たので

弱い人や優しい人には

もうすでに出ているなということは

確認済です。

 

庶務の女性は

「鍵無くしたよね?」と

自己愛性人格障害の上司に

詰め寄られて

「私もらってないです!」と

必死になって言い訳をしていましたが、

Tiaraは知らん顔をして仕事をしていました。

 

おそらくこの女性は

本当に鍵をもらっていないと思います。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の上司は

その一生懸命な庶務の女性を責めると同時に

Tiaraがどんな反応をするか見ていたと思います。

 

Tiaraがこの庶務の女性に対して

軽蔑の眼差しを向ければ

おそらくこの上司は今後も

この庶務の女性のことを

ことあるごとに責め立てると思いますし、

もし、Tiaraが人が責められている所を見て

この上司の味方をするように言えば

今後も自分が苦労をかけられている、

ということを

Tiaraに話してきていたかもしれません。

もしくはTiaraが

責め立てられるところを見て

怖がった素振りを見せれば

今度はTiaraを責め立てるようなことを

するかもしれません。

 

ただ、離れていた間に

Tiaraから避けられていたことは

彼も当然自覚していますし、

誘われてこちらの部署に移動してきたことで

避けれてはいないのかなと

少しうれしい気持ちもあるようですが、

こうやってTiaraの様子を見ながら

少し警戒しながら

徐々にTiaraに近づいてきています。

 

わざわざTiaraの席のところまで来て

「大丈夫?」と優しく声をかけてきたり

「昨日は遅かったみたいだから

夜遅くに仕事が入っている時は

朝はもう少しゆっくりきてもいいんだよ?」など

とても気遣ってくれますが、

これも自分をよく見せたい

自己愛性人格障害の特徴なのです。

 

とにかく今は

Tiaraに気に入ってもらうことに必死ですが、

以前の部署で

怖いところを何度も見ているので

彼が自己愛性人格障害であることは

間違いありません。

 

ただ、Tiaraが反応しないし、

自分に近づいてもこないので

一生懸命Tiaraに媚を売ってきます。

 

自己愛性人格障害の人は

視界に入ってきて

相手から声をかけられるのを

待つことが多いのですが

反応しない人には

気になって媚びを売ってきて

一生懸命いい人アピールをします。

 

ここで信じてしまうと

またとんでもないことになるので

自己愛性人格障害の人は

自分をいいヒトだと思われるために

必死で親切にしてくる、ということを

忘れないようにしましょう。

自己愛性人格障害の育ち方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の育ち方について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

幼い頃に

本当の自分を受け入れてもらえないままに

育ってしまったために

共感力が育たなくなってしまった病気です。

 

例えばモラハラ家庭で育ってしまうと

自分のことよりも

両親が揉めている状況をなんとかしようと

必死で考えているために

自分のことが全く考えられないままに

大きくなってしまった場合、

自己愛性人格障害になるか

その被害者になるかの

どちらかになる可能性が

非常に高いと思います。

 

自分のことは差し置いて

モラハラをする父親から

精神的に虐待される母親を

なんとか助け出そうとするために

自分のことは全く後回しにして

(後回しにしていることにすら

気づいていない場合が多いのですが)

母親をかばおうと必死になったり

母親の辛さを分かってあげようと

母親の話を聞いてあげたり

少しおどけて見せて、

自分が笑わせようとすることで

周りを和んだ雰囲気にさせようと

必死になっている場合、

その子供は被害者体質になりやすいと

思います。

その子供が

周りの環境をなんとかしようとするあまり

自分の傷にはまったく気づいていません。

 

また、母親をかばおうとするあまりに

逆に父親からのターゲットになってしまい、

責められたり、追い詰められたり

または、母親の罪悪感をあおって

父親が、母親を思い通りに操るために

子供にひどいことをしたり

その子供に

母親のいうことを聞くよりも

父親の言うことを聞く方が、

父親が穏やかになると思わせて

父親の思い通りに動くことで

母親へのモラハラに

知らず知らずのうちに

加担してしまっている場合もあります。

 

この場合も子供は、

なんとかしようと必死になっているだけで

父親がひどいことをしている事にも

気づきにくいですし、

自らも母親が悪いと思ってしまう場合も

あります。

 

その場合、その子は高い確率で

自己愛性人格障害に育っていくと思います。

 

 

そうやって育った子供が男の子だった場合

大人になってから、

ある女の子と恋愛関係になった場合

今までは両親の揉め事を必死になって

止めようとすることに

夢中になっていたため

自分が置き去りにされていることにも

蔑ろにされていることにも

気づかなかったかもしれませんが、

恋愛関係におちいった女の子が

自分のことを思ってくれることに

感動を覚えるかもしれません。

 

そして、

今まで自分の話を

聞いてくれなかった両親の代わりに

その女の子に依存していくようになります。

 

初めのうちは二人とも

とても幸せな時を過ごすと思いますが、

やがて恋愛関係が長く続くにつれて

思うようにいかないことも

出てくると思います。

 

そうなった時に

知らず知らずのうちに

自己愛性人格障害に育ってしまった男の子が

今まで

自分の思い通りに動くと思っていた女の子が

自分の事を思わずに勝手に動いた場合、

激しい怒りとなってしまうかもしれません。

 

これは1つの例で男女は逆の場合も

ありますし、

男と男の友情の場合もあるかもしれませんし、

女同士や近所付き合い、

会社での

部下と上司や同僚同士の場合などもあり

もはや性別や人間関係は

関係ないかもしれません。

 

モラハラをするのが母親で

父親の方が

精神的に追い詰められる場合もあるでしょうし

もはや自己愛性人格障害には夫婦や恋愛関係

会社など、性別などまったく関係なく

どこにでも起こりうるものだと

Tiaraは考えます。

 

 

Tiaraも初めて気づいたのが

恋愛関係からだったので

恋愛関係での

自己愛性人格障害と被害者の立場で

ブログを書かせていただきましたが、

色々な相談を聞くにつれてもはや

人間関係はなんだろうと

モラハラ関係は起こりうるものだと

気づいたのです。

 

そして自己愛性人格障害本人も知らない間に

育つ環境の中で

自己愛性人格障害に育ってしまっていますので

気づかないうちに何故か

そのような心境になっていき

自分でも

止めることができなくなっているのです。

 

モラハラは誰にでもやる可能性はありますが

特に一番信頼し合った恋人関係や

絶対に逃げていくことのできない

会社での近い関係の同僚や

部下にもしてしまうし、

相手が悪いと思い込んで

自分がそんなことをしているとは

夢にも思っていないのです。

 

何故自分が一番信頼しているはずの

心許せる存在を

精神的にいたぶり続けて

潰れていくところをみたいと思うのかというと

自尊心が非常に低い病気なので

自分が人から拒否をされることに

普通の人よりも

深く極端に傷つくことが怖いのです。

 

だから、自分がひどいことをすることにより

自分の事を嫌いになってしまわれることに

恐怖を感じていますので

自己愛性人格障害の人が

否定をしたり、無視をしたりして

相手の人がそれで怒ったり、

離れていったりしないか

相手が気づかないレベルから初めて

試してみるのですが、

それで受け入れてくれない人には

怖くてモラハラができません。

 

そういった意味では、

自己愛性人格障害の人は

まったく自分の事を見てもらえない

環境下の中で育っているので

自分の事を考えてくれる恋人や親友に

絶大な信頼を置き、

そして優しい人や自分の事を考えてくれて

言いたいことを我慢してくれるような異性には

安心してその不安な気持ちや虐待の気持ちを

向けることができます。

 

もし、

幼い頃に親から無償の愛をもらい

自分の気持ちを受け止めてもらっていたり

自分の事を考えてくれたり

心配してくれる両親に育ったとしたら

のびのびと自分の感情を表に出すことができて

本当の気持ちをそのままに

受け入れてもらえることができていたなら

共感力を麻痺させることは

なかったと思います。

 

一緒に共感し合い、笑い

苦しみをわかってもらったり

いたわってもらったりしていれば

共感力を使うことは

幸せなことだったでしょう。

 

しかし、

自己愛性人格障害の人は共感力を使うと

辛い状況になるからつかわなかったのです。

 

共感力を使わなければ

母親が辛い思いをしているから

なんとかしたい、と

罪悪感に苦しみ、母親に同情し、

なんとかしたいと必死にあがいても

なんともできない自分に絶望することも

なくなります。

 

それでもモラハラをやめてくれない父親に

勝つことはできないと痛感したはずです。

 

共感力を持つことで絶望していき

やがて共感力を使わない方が楽だと

無意識レベルの中で気づいて

だんだんと

自然に使わなくなっていったのです。

 

自分を無条件に

受け入れてくれる人がいることを

体感的に自然に知ることができた人は

大人になった今、自分自分と自分のことばかり

執拗に見せたがったり、有能に見せたがったり

他の人を潰してまでも

周りの人に価値がある存在として

賞賛されたい、と

異常に強く思うこともありません。

 

Tiaraの周りの

自己愛性人格障害の人をみていると

異常に自分のことばかりを見せつけています。

 

自分の才能を

大袈裟に見せつけているだけでなく

他の人が少しでも目立ちそうになると

全力で潰してきます。

 

もし、その自己愛性人格障害の人の周りに

明るいだとか、友達を作るのがうまそう、とか

まあ普通に人に好かれやすいとか

特に才能があるわけではなくても

普通に魅力的な人がいたとすると

その人がわざわざ

人を惹きつけているわけではないとしても

ちょっと褒められたり、

いいところをみつけられたり

なんなら少し得意なことがあったりすると

必ずと言っていいほど確実に

その人のその魅力が

潰れるようなことをします。

 

例えば、絵がうまい人がいたとします。

 

するとその人をディスるわけでもないのですが

有名な画家が描いた

周りの人が見て驚くような

綺麗な絵を持ってきて

その絵を褒めまくったり、賞賛したりして

騒ぎ立てます。

 

その人の絵をけなしているわけではないので

周りの人は

気づかない人が多いかもしれませんが、

はじめに見せたその人の絵のことは

みんな忘れてしまっています。

 

それを異常に繰り返しているので

いつの間にか周りの人たちは

絵のうまい人のことを気にかけなくなります。

 

そういったやり方を常にしているので

自己愛性人格障害の人以外の魅力的な人からは

みんないつの間にか

興味を無くしてしまっているのです。

 

Tiaraはそれを知っていてみているので

そういった潰し行為をはじめると

すぐに気づきます。

 

そして、黙ってみていると

周りの人が自分以外の魅力的な人に

興味をなくすまで

さきほどのような行為を行い

その人にみんなが興味を無くすと

今度は周りの人に異様に親切にしたり

上から物を言って脅しをかけたり

優しく親切にしてあげているように

繰り返しながら

自然に自分が偉大な人物だと印象付けるような

ものの言い方を繰り返します。

 

聞いている人がいない時や、

誰も見ていないところで親切にすることはなく

必ず周りに人がいる時にわざわざ

いいひとに見えるように

振る舞っています。

 

人と仲良くする時も、

明るく冗談を言う時も必ず、

周りに多くの人がいることが条件で

誰もいないところでは

急にもぬけの殻のようになります。

 

自己愛性人格障害とは

自分の価値に極端に自信がなく

それを必死で隠すために

尊大で有能に振る舞い続ける病気で

その心の中は

生きていくために麻痺させてしまった

共感力がないがために

周りの人が何を考えているかわからないので

必死で有能で魅力的な人物だと振る舞い続けて

それを見て信じた人が自分から

近づいてくることで

安心してその人に近づくことができるのです。

 

そしてその人がいい人であればあるほど

安心して、やがては

自分の中の爆発しそうない怒りと不安を

すこすづつ試し行為を行いながら

用意周到に、大丈夫だと判断しながら

やがてモラハラへと化すのです。

 

その自己愛性人格障害のひとに

繰り返す試し行為の中で何度も

安心感を与えてしまった人は

自分のことはどうでもいい、

自分の痛みに鈍感で

人のことばかり考えてしまうような

被害者体質のひとが

どうしてもターゲットになってしまうのです。

 

だから被害を与える側と

受ける側の人間は決まっていて

必ずその組み合わせで

くっつく仕組みになっています。

 

だからモラハラを受け続けてしまう人は

自分が

モラハラを受け付けない人間に変化しなければ

永遠に

色々な自己愛性人格障害の人に

安心感を持たれてしまい

モラハラを受け続ける運命となって

しまうのでしょう。

自己愛性人格障害の人の愛情表現

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の

愛情表現について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がとても良い人間だと

振る舞う事をやめられません。

 

特にまだあまり慣れていない人や

自分に惹きつけようとしているときは

特に優しいと思います。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害という病気を知ってから

元彼ではないまったく別の人物でも

その行動をみてとても驚きます。

 

やたらと親切だったり

まだ知り合って間もないのに

家に来ようとしたり、

あと女性でも男性でも

触れ方がとても優しいのです。

 

知り合ってから攻撃に変わってくると

ほんとうに怖い人でも

出会って間がないときは

道路で車が来てかばう時に

「危ないよ!」

と引き寄せてくれる時や

寝ていて起こそうと

「時間だよ」

と肩に触れて知らせてくれるとき

本当に触れ方が優しいのです。

 

この人は本当に優しい人なんだな、と

感動してしまうくらい

そっと体に触れて教えてくれるので

心の底から

本当に優しい人、

と言うイメージを抱きますが、

自己愛性人格障害だということも

少し見ただけでわかるのです。

 

自己愛性人格障害という病気を

知らなかったら

普通の人よりも

特別やさしい人なんだと

思ってしまうでしょう。

普通の人の方がむしろ何も感じません。

 

ましてやターゲットにならなかったら

自己愛性人格障害だなんて

わからないでしょう。

 

本当にとても優しい人だと

思ってしまいます。

 

私の目に間違いはない、と思うほど

ソフトで、

相手の事を考えてくれているように

見えるのです。

 

Tiaraは

今まで見た自己愛性人格障害の人の

ターゲットにかならずしも

なるわけではないのですが

でも他の人に

攻撃しているところを見ると

あんなにも優しい人物にみえていた

その人が、

黙っていても

声に出さなくても

相手を下に見て

脅しているようなところを見て

あ、やっぱりこの人も

自己愛性人格障害だったと

納得するのです。

 

自己愛性人格障害の被害とは

一緒にいない時も

あなたの考えをすべて

自己愛性人格障害の人に

支配されてしまいます。

 

それ程までに魅力的な人物に見えるのです。

 

とても優しい人だと思ったり

とても優秀な人だと思ったり

とても頼り甲斐のある人物だと

思う場合もあるのですが

とにかく普通の人よりも

極端に魅力的に見える場合が

多いのです。

 

ですが、相手はあなたのことなんて

これっぽっちも考えていないとしたら

あなたは自分のやりたいことも

やるべきことも

大切なことも

あなたの周りにいる大切な人たちのことも

忘れて、

自己愛性人格障害の人のことを思っていたり

理不尽な嫌がらせになぜ?と

心を支配されていることも

あると思います。

 

あなたの大切な時間が

あなたのことを何も考えていない人に

意味もなく奪われているのです。

 

 

後になってから

自己愛性人格障害だったと気付いて、

すっかり変わってしまい

あなたのそばからいなくなって

まるであなたとのことなんて

なかったかのようにされてしまう

自己愛性人格障害の人に支配されているなんて

本当に馬鹿らしいでしょう?

 

あなたは何をしている時も

好きだったり

または悲しかったり悔しかったり

理不尽な思いをしていたりして

自分がやらなければならないことも

全く手につかないと思います。

 

自己愛性人格障害のひとも

その意思があったりなかったりしますが

あなたを支配していることは

間違いありません。

 

後になって

本当はできた仕事も

本当はもっとたくさん取れた

子供との時間も

本当はもっと

スキルアップできたかもしれない勉強も

友達も両親との時間も

何もかもなくなっているということが

自己愛性人格障害の

ターゲットになってしまった人たちには

十分起こり得るのです。

 

なぜ、あなたにわからないかというと

あなたが彼からの愛情だと

信じたいという気持ちを

もっているからです。

 

自己愛性人格障害という病気を知らないと

自己愛性人格障害の人の

自分をよく見せたいときに起こる行動は

愛情表現のように見えることがあります。

 

優しくこちらをいたわってくれるような

言い方をしてくれたり

気を遣ってくれてるように見える行動も

普通の人は相手の為に行う行為なのですが

自己愛性人格障害の人は

自分が価値のない存在だと思って

自分の存在を恥じているので

それがバレないように

尊大でやさしい人格者のような

ふりをします。

 

それが自己愛性人格障害の人の人柄を

とてもよく見せてくれます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が価値の無い人間だとバレないように

必死でいい人間を演じているのですが

普通の人から見たら

それが単純に人柄がいい人だと

思ってしまいます。

 

その印象が

あなたが彼と一緒にやっていける

と思ってしまう

かなしい誤解になってしまうのですが、

そのことによって

彼があなたを弱い人間だと

判断した瞬間から

あなたに

自分の大きなお腹の中の

苛立ちをぶつけてもいい

安心できる存在になってしまうのです。

 

本当は、自己愛性人格障害の人は

とても臆病で

自分がいつ世間の人たちから

憎まれる存在になってしまうか

不安で怖いので

必死で本当の自分を隠して

いい人間だと世間の人々に思ってもらえるよう

必死で自分の印象を作っているために

本当の自分が

わからなくなってしまっているのです。

 

本当の自分がわからない、というよりは

幼い頃から

必死でいい人間だと思う人物の

真似をし続けているので

本当の自分という物がないのです。

 

そうやって自分を

尊大な人物として作り続けているので

自分の本当の感情が

わからなくなってしまい、

不安で

いつもお腹の中に溜まった怒りを

持ってしまっています。

 

そしてその怒りを

ぶつけても許して流してくれるような

本当に優しい人間を探しているのです。

 

そして本来ならでは

自分をわかってくれるような人を

大切にすると思うのですが

自己愛性人格障害の人は

まったく自分のこと以外は考えられないので

どうしても

あなたに怒りをぶつけてしまうのです。

そしてそんな猪狩をぶつけるような

人間だと思われたくないので

あなたを悪者にすることで

堂々とあなたに当たることが出来るのです。

 

自己愛性人格障害の人が

あんなにも優しいのは

ひどいことをする自分を

世間に気づかれたくなくて

とてもいい人間を演じ続けながら

あなたを悪者にして

正義の鉄剣を仕方なく喰らわす

世間のためにあなたを叩く

正義の味方でい続けるのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人が

有能なとても人柄の良い人物だと

思っていると

彼があなたをなぜ突き放すのか分かりません。

 

そして責任感んの強いあなたは

すべて自分のせいだと思ってしまって

やってもいないことへの罪悪感で

つらくて仕方がなくなってしまうでしょう。

 

自己愛性人格障害とは

そうやってあなたのような

優しい人物が苦しむことを

なんとも思いません。

 

そしてあなたに原因があるかのようないい方をして

あなたを堂々と叩くことが出来るほど

人のことはどうでもいいのです。

 

周りの人も信用してしまいますので

あなたは当然そこに

居場所が無くなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害に気付いたら

出来るだけはやく逃げましょう。

 

自己愛性人格障害の人を好きだといっていると

あなたがさらに悪い人に見えてしまいます。

 

まるで彼には原因がないように見られますから

余計にあなたの方が悪く見えてしまうのです。

 

あなたは何もしていませんよね?

 

むしろ何もしていないのに

ひどいことをしていること思われてしまい

居場所がなくなります。

 

あなたが無駄なことで悩む必要はなく

彼の問題は彼にそっとお返しをしてください。

 

あなたが悲しむ必要は

何もないのです。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害のひとがあなたにこだわっている理由は愛ではない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

不思議な特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分に寄り添ってくれるような人を

どんどん追い詰めていってしまいます。

 

そこで被害者になりやすい人は

どうして誤解されてしまったのだろう、

と心配になり

彼に分かってもらおうと

彼にそんなことはしていないと

必死で分かってもらおうとしてしまいます。

 

話し合いに応じてくれるよう頼んでみたり

または彼と話しあおうと必死になると

さらに状態は悪化してしまいます。

 

これは被害者が

普通の考え方をしていては

自己愛性人格障害の被害は

どんどんひどくなっていって

しまいます。

 

どうしてわかってもらえないの?と

思うかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとに話をしても

関係が良くなることはないのです。

 

なぜなら彼は

あなたを分かろうとして

話し合いをしているのではなく

あなたを追い詰めて

責め立ててあなたの自尊心を

つぶすことによって

そんなあなたの姿を見て

自分のほうが強いと

認識したいだけだからです。

あなたがどれだけ誠心誠意

彼に思いを伝えようとしても

あなたが彼に

分かってもらおうとすればするほど

彼はその思いを分かろうとするどころか

あなたの話を

積極的につぶしていこうと

するだけだからです。

 

むしろ、自己愛性人格障害のひとは

あなたが必死に話せば話すほど

つぶしがいが増すだけです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとに

一生懸命話をしてはいけません。

 

変わりに

できるだけ

彼に話をさせてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がどれだけ立派か

自分がどれだけ仕事ができるか、

自分がどれだけ常識的かを

話し方や態度、表情で表現することより

満足していきます。

 

そしてあなたがどれだけ常識がなく

物分かりが悪くて仕事ができず

何もできない価値のない人間だということを

周りの人が見ているところで言えば言うほど

自己愛性人格障害のひとは高揚するのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

深いことを言っているようで

実はそんなに

深いことを言っているわけではなく

ただ単にあなたを追い詰めたいだけです。

 

だからずっと話していれば

そのうち言うことが

なくなってくるはずです。

 

そうなってくると

自己愛性人格障害のひとの

特徴としては

同じことを何度も言う、

ということを

繰り返していきます。

 

それでもあなたがずっと黙ったまま

あいづちを打っていると

そのうちに

言うことがなくなってくるのです。

 

そのタイミングであなたが原因でない

離席しなければならない理由を作り

行かなければいけないので

と自然にさりげなく

その場を去るようにしてください。

 

もし、そうではなく

あなたの方から

必死になってアピールすると

あなた自身が自ら、

彼に責められる役を

かって出ることになるので

彼はまたあなたをどれだけでも

ののしることができるのです。

 

すると

自己愛性人格障害のひとは

あなたを手放さなくなります。

 

だからあなたが

彼に必死になって分かってもらおうと

してくるような無視や嫌がらせを

無意味にすることにより

あなたの理不尽な思いを奮い立たせるので

あなたは常にストレスがたまった

状態になります。

 

自己愛性人格障害のひとは

これをターゲットだけにして

ほかの周りの人には

とことん優しくしますので

良く思われてしまい

怒られている原因があなたの方に

あるように見られてしまいますが

実はそうではありません。

 

だから自己愛性人格障害のひとから見て

あなたは安心できる存在に

なってはいけないのです。

 

態度が悪い人や本当に強い人

どんな人物かまだ分からない人などには

自己愛性人格障害のひとは

とても優しく親切にします。

 

その理由は

自分が人を潰さないと

生きていけないのだけれど

それがばれてしまうことは

極端に恐れているからなのです。

 

態度が悪い人や本当に強い人

正体の分からない人には

ばれてしまったり怒られてしまったり

または嫌われてしまったり

するかもしれないので

怖くてひどいことはできません。

 

ですが極端に優しい人や弱い人

自己愛性人格障害のひとのことが

好きな人には

精神的に追い詰めても怖くないので

それをすることにより

自分の気分を高めているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでも精神的虐待ができる

というわけではないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされたくなかったら

強い人になればいいのですが

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

そんな簡単に強くなれません。

 

だから無理に強くなるのではなく

攻撃しても効かないような

自己愛性人格障害のひとに

関心を持っていない人になれば

自己愛性人格障害のひとも

いくら嫌がらせをしても

効いているか効いていないか分からないと

周囲の人にばれるリスクをおかしてまで

あなたを責め立てようとは

自然に思わなくなるのです。

 

 

だからいつもTiaraは

自己愛性人格障害のひとに

無関心になってくださいと

言っています。

 

あなたが彼に無関心なら

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

あなたにぶつけても手ごたえがないので

あなたには全く関心を持たなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが恋人だった場合は

彼のことがとても好きだと思うので

そんな簡単に無関心には

なれないと思います。

 

ですが、共感力のまったくない

自己愛性人格障害のひとは

あなたが堪えた顔をしたり

涙を流したり、辛そうな顔をしないと

あなたが堪えているかいないのか

分からないのです。

 

だからしばらくの間は

まだ彼のことが好きだったとしても

表情に出さなければ

彼にはあなたが何を考えているのか

分からなくなります。

 

あなたが

自己愛性人格障害のひとの攻撃に

堪えているかいないか分からなければ

自己愛性人格障害のひとが

おなかの中の怒りをぶつけても

つまらなくなりますので

あなたではなくほかの堪える人に

簡単にターゲットを変えてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

人にこだわっているところは

人のみじめな姿を

見れるか見られないかだけで

彼があなたに分かってもらうために

必死になることなんてないのです。

 

あなたが堪えた態度を彼に見せているうちは

自己愛性人格障害のひとは

あなたを手放さないよう

必死で努力をします。

 

ですがそれは愛ではないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

恋人同士になってしまえば

傷つくのはあなただけです。

 

あなたは多くの時間を

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいることによって

失ってしまいますので

できるだけ早く

自己愛性人格障害のひとから

遠ざかるようにしてください。

自己愛性人格障害のひとと結婚できる人の特徴

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

結婚できる人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとというのは

結婚できない、

というわけではありません。

 

どちらかというと

短いお付き合いを

何度も繰り返す人が多いのですが、

その中にも

結婚している自己愛性人格障害のひと

というのも、数多く存在します。

 

自己愛性人格障害のひとは

必ずトラブルを起こすことに

なるのですが

でも、自己愛性人格障害のひとさえ

その気になれば

相手のひとはほとんど

YESと言ってしまう、

という事実もあります。

 

もともと

自己愛性人格障害のひとは

魅力的な人が多く、

また尊大な魅力を振りまいていますから

どのシーンでも必ず目立ってしまいますし

その魅力に惹かれた人に

近づくこともとてもうまいです。

 

称賛されればされるほど

高揚しますから

自己愛性人格障害の魅力に惹かれた人が

彼を称賛すれば、

自己愛性人格障害のひとは

その人をなかなか離したくなくなります。

 

自己愛性人格障害の被害者になりやすい人は

自己愛性人格障害のひとを

気持ちよくさせているのです。

 

彼よりも能力が低かったり

身分の低い人、

自分に自信のない人だったりが

彼のすることを見て

「すごい!」と称賛することは

自己愛性人格障害のひとにとって

なによりも気持ちの良いものになります。

 

そうやって称賛されることで

本当は自尊心のない不安定な心を

やっと保ち続けることができるのです。

 

また、

自己愛性人格障害のひとは

自分をよく見せてくれる人を

そばに置きたがるので

そうやって自分を称賛してくれる人の他にも

周りのだれもが憧れるような可愛い人や

美しい人をそばに置き

周りの人から優越感を感じる、

という気持ちよさを

求める自己愛性人格障害のひともいます。

 

誰もがうらやむ恋人や奥さんを

持っていながら

家ではその奥さんをののしったり

叱りつけたりすることで

高揚する自己愛性人格障害のひともいて

彼の奥さんになってしまった人は

とても辛い思いを

し続けなければなりません。

 

Tiaraのところには

自己愛性人格障害の彼と

結婚したいという相談を

毎日多く受けるのですが、

あまりお勧めできないのは

そんな未来が見えてしまうからなのです。

 

Tairaも実際、自己愛性人格障害の彼と

結婚したいと思っていましたし

頼りがいがあり、頭のいい彼に

彼についていけば大丈夫、

という強い安心感も持っていました。

 

ですが、今では怖くて

近づくことはできません。

 

自己愛性人格障害の彼には

どうでもいい存在になることが

一番の幸せだと気付いたからです。

 

そのうえでまた普通のひとと

恋愛できるならしたいと思いますが、

1人でいるほうが安心できると

長い間思いすぎていたため

以前よりも恋人が

できにくくなっていると感じます。

 

今になって気づいたことですが、

恋人ができるひと、というのは

無意識に自分も

パートナーを求めている人だと思います。

 

あなたが誰かと一緒にいたい、と

心の中で思っていなければ

恋人ができることはおそらくありません。

 

惹かれあう、ということは一方的ではなく

お互いにそう思いあったときに初めて

惹かれあうものなのです。

 

なぜか自己愛性人格障害の被害に遭った人は

それまで恋人が尽きなかった人でも

そのあとぱったりと

誰ともお付き合いをしないという人が

大勢います。

 

しかも、それまでは

誰かがそばにいないと不安で仕方がない、

と言っていたタイプですら

1人でいることが

平気になる人がとても多いのです。

 

次は絶対に普通のひとと付き合いたい、

と言っている人ですら

心の中で本当にパートナーを求めていないと

なかなか恋人ができることはないのです。

 

自己愛性人格障害の被害とは

被害に遭っているときは

本当に辛くて仕方がありませんが

それを乗り越えるとちょっとのことでは

たいてい動じなくなります。

 

周りの人の心がほとんど

分かるようになるからなのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた方たちも

ほとんどの人が以前よりも

強くなっておられます。

 

どうして自己愛性人格障害のひとが

そういった行動をとるか

手に取るように分かるようになるからです。

 

はっきりとわかるので

不安になったり

動揺したりすることがありませんし、

病気だと分かっているので

恨みに思うことも

嫌うこともショックを

受けることもありません。

 

その代わり好きになることも

嫌いになることもなく

ただ、そういった性質を持つ人

という1つの個性みたいなものだと

納得できるようになるからです。

 

自己愛性人格障害の被害に

苦しむような人は

ある意味、自己愛性人格障害のひとを

変えようとしますが、

自己愛性人格障害のひとに

変わってもらいたい、とか

分かってもらいたい、

と思うからこそ辛いのです。

 

彼らは何も変わりません。

 

分かったようなことを言っていても

ただ物分かりのいい人に

思われたいだけです。

 

あなたを苦しめたいわけでも

何でもなく

ただ、自分を尊大な自分に

見せかけていたいだけなのです。

 

彼らはそうしないと不安になるから

自分の身を守るために

ののしったり罵倒したり

評判を落としたり

眺めたり、親切にしたり

立派なことを言ったり

しているだけなのです。

 

それさえ分かれば、

あなたが自分を責めすぎることは

ありません。

 

荒波を立てることもありませんし、

腹が立つこともなくなるのです。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいたいと

必死で努力を続ければ続けるほど

辛くなります。

 

この理屈を覚えておいて

彼と本当に結婚したいかどうか

考えてみてください。

自己愛性人格障害 結婚

https://tiara-crystal.info/jikoaiseijinkakusyogainokaretonoshiawasehazutootuzukumonodehanai

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn

 

自己愛性人格障害の彼があなたを本気で愛しているように見えるポイント


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

あなたを本気で愛しているかどうかを

見分けるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

自分の魅力を最大限にあなたに見せる能力に

長けています。

 

本当は

自分が素敵に見えることしか

考えていないのに

あなたから見たら

これほど自分のことを

愛してくれる人はいない、

と感じてしまう特徴が

自己愛性人格障害のひとは

たくさん持っています。

 

たとえば、

自己愛性人格障害のひとの特徴として

たくさんのプレゼントをくれる、

というものがありますが

どこかに遊びに行った時の

小さなお土産をはじめ

人の心をつかむ特徴が

その中にもあふれています。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

とてもセンスが良く

プレゼントを吟味する姿にも

愛情がいっぱい溢れているように

感じました。

 

 

誕生日やクリスマスなど、

その何か月も前から

その人が気に入りそうなもの、

もしくは自分が素敵だと思うものをリサーチし

プレゼントを渡すときにも

このプレゼントを選ぶときに

どんなにTiaraのことを思って考えたか、

伝えてくれます。

 

 

Tiaraには子供もいましたので

子供たちが気に入りそうなものを

選んでいるときは

Tiaraも一緒にいることも多かったですし、

Tiaraに

「ねえ、次の彼の誕生日には

こんなものをプレゼントしようと思うんだけど

どうだい?」なんて言われてしまうと

バツイチのTiaraは

とてもうれしくて

胸がいっぱいになってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの家族にも

こんなにも大切に思ってくれている

そう思ってとても幸せを感じていました。

 

Tiaraはバツイチで

年齢もそれなりにいっていますし

彼が初めての彼、というわけでもないので

それなりに経験は積んでいると思います。

 

そんなTiaraを信用させるには

そんなに簡単なことでは

なかったのかもしれません。

 

だからこそ、ちょっと大げさなほど

愛をアピールしていたので

逆に自己愛性人格障害の悪い特徴が出にくく

完全に信用してしまったのかもしれません。

 

歳もTiaraのほうが上ですし、

バツイチシングルの女にとって

騙されることほど

馬鹿らしいものはありませんので

簡単に飛びつくわけはありません。

 

だからこそ、騙されない自信があったので

Tiaraに近づいてくる男のひとは

警戒してみていたのですが

彼には疑う余地がみじんもなかったです。

 

時々される無視や、

機嫌が悪くなることはすべて

理由があるように言われていましたし、

Tiaraのほうが気が利かなかったり、

彼はとても品がいいので

Tiaraにとっては普通のことでも

怒らせてしまったのかな?と思わせるほどの

落ち着きと人の好さをにじませていたので

彼に対して怒ることはまったくなかったです。

 

たまに会社で見せる

ほかのひとに対するディスりや

突然の怒りも

「あいつは納期が決まっているのに

まだやっていないから悪いんだ。」

なんて言われてしまうと

ちょっときついけど

仕事に対して真剣だからこそ

怒ってしまうんだなと思っただけで

怒ることそのものが、

不自然だと思ったことはなかったです。

 

そうやってすべてのものに

きちんと納得できる理由をつけてしまうのが

ものすごくうまいので

全然分からなかったです。

 

彼が激化して

明らかに言っていたことと

違うことをしだしたときに

はじめて強い違和感を感じただけで

それまでは、

もちろんちょこちょこ違和感はありましたが

「ごめんよ!あの時はどうかしていたんだ。

実はこんなことがあって。。。。」

なんて全力で謝られてしまうと

あまりに不自然な怒りでさえも

人間そんなときもあるよな、

と納得してしまうことばかりです。

 

ただ、今考えても

明らかに不自然だったことは

あんなにもTiaraのことを

好きだと言っていたのに

Tiaraの好きなことや

やりたいことの話は

全然聞かなかったことです。

 

もちろんTiaraが勝手に

「こんなことが好きなの。」とか

「こんなことが得意なの。」と

言ったことはありましたが

それに関してはいっさい深く聞こうとせず、

話をそらして

自分の話にもっていってしまうところが

やはり自己愛性人格障害の特徴だったと

思います。

 

本当に好きなら

その子がどんなことに興味を持ち

どんなことをするのが好きなのか

知りたいと思うのが

自然だとは思いませんか?

 

ところが

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが好きなわけではなく

自分が人に好かれることや

興味を持たれることのみにしか

興味がないのです。

 

Tiaraを選んだ理由も

自分の思い通りになりそうだと

思ったからで

Tiaraに興味があったわけでは

なかったのです。

 

Tiaraと付き合ったほかの彼氏はみんな

Tiaraの得意なことは見たがりましたし、

Tiaraが好きだといったことは

一緒にやってみたいと

Tiaraと気持ちを

共有しようとしたところがありました。

 

もちろんTiaraも

自分の大好きな彼のことには

興味津々なので

彼が聞くといった音楽や趣味、

好きなことに関しては

自己愛性人格障害の彼だけでなく

今まで付き合ってきた人

すべてのひとの魅力を

Tiaraが一番良く知っていると自負します。

 

人と付き合うことの楽しさの1つは

その人の魅力を知りたい、

と思うことにあると思います。

 

だからこの人はどんな人なのかな、とか

この人はどんなことが好きなのかなと

興味を持ち

それを1つ1つ知っていくことが

恋愛の1つの楽しみだと思っていました。

 

もちろんその人たちにも

Tiara以外にも彼女はいたと思いますので

その人たちのことも

知りたいと思ったでしょうし

共通の時間を二人で楽しんできたと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力や特技を見せることは

イキイキとしますが

相手のことは特に聞きたがらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から好きになった人の魅力やと特技にでも

一緒にいる時間が長くなり

付き合いが深くなると

強い嫉妬の気持ちを持って

つぶしたくなります。

 

今もいろんな

自己愛性人格障害のひとを見ますが

みんな自分の特技については

得意になって話しますが

人の得意なことや魅力を見ると

急に黙ったり、不機嫌そうな態度になったり

興味なさそうに下を向いたり

どこかに行ってしまったりします。

 

そんな様子を見てTiaraは

ああ、人のことを認められないんだな、

この人はもしかしたら

自己愛性人格障害なのかもしれない、

とどうしても疑ってしまうのです。

 

自分の話の時はいいのですが

人の話に切り替わると

急に不機嫌になるのですぐに分かります。

 

Tiaraはもし今度お付き合いをする人が

できるとしたら

人の魅力を認められる人を

好きになりたいです。

 

そんな人なら

Tiaraの魅力を見ようとしてくれますし

Tiaraもその人を応援しても

応援のしがいがあり、

楽しく一緒に過ごすことができると思います。

 

 

自己愛性人格障害の元彼も

まさかそんなことがあるとは

思いませんでしたので

確かにTiaraの得意なことは

一切しませんでしたが

彼の魅力を見ているだけでも楽しかったので

彼が自己愛性人格障害だと気付くまでは

本当に楽しく過ごしてきたと思います。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

付き合ったことが

すべて無駄だとは思いませんし、

そんな彼と付き合ったからこそ、

世の中にはそんな考えを持つ人々が

ある一定数はいて

そういった人とは

気をつけて付き合わなければいけないことも

知りました。

 

ついでに

今までうまくいかなかった理由までわかり

すっきりとしています。

 

ですが、やはり

自己愛性人格障害のひとは怖いので

彼らを刺激しないように

できるだけ近づかないようにしています。

 

そのおかげで

自分が今までできなかった

潰されてしまっていた出来事を

邪魔されないように用心しながら

守ることができます。

 

今度は邪魔をする人がいるので

自分の情報を見せる人と

見せない人を使い分けることで

とても楽に生きているのです。

 

昔は根性を出して無理なことに時間を費やし

全力で臨んだ後

簡単につぶされて悔しい思いをしたことも

今では、無駄なこともすべて分かるので

そこに力は費やすことなく

全力で逃げています。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害のひとに潰されながら

再スタートを繰り返し

またつぶされて再スタートをして潰され

この年になっても何もできていません。

 

 

だから今後の人生は

少しも無駄にしたくないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに潰されていなければ

今頃もっといろんなことができていたと

思います。

 

現に周りに

自己愛性人格障害のひとのいない環境では

物事がスムーズに進み、

自分が前進していくのが

肌で感じられます。

 

いい友達だと思っていた人の中にも

自己愛性人格障害のひとがいて

今までこっそり潰されていたことも知り

今でそういった友達とも

付き合わないようにしています。

 

 

Tiaraのことを本当に思ってくれて

Tiaraのことを

応援してくれる人たちとだけ交流することは

とても気持ちがいいですし、

疑う余地がありません。

 

Tiaraも安心して

その人たちに愛情を

全力で向けることができます。

 

あなたが感じたちょっとした違和感を

ちょっと立ち止まってよく考えてみると

その人があなたにとって

本当に大切な人なのか分かると思います。

 

あなたが相手を大切にしている分

きちんとあなたもその人から

大切に扱われてしますか?

 

そこを見逃してしまうと

あなたのしてきたことが

無駄になってしまうかもしれません。

 

人生は案外短くて早いですよ?

 

せっかく生まれてきたのに何もできないと

後から後悔することになりますよ?

自己愛性人格障害のひとの行動を見ればある程度、今はなにがしたいのかが判断できる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

相手に情報を極力与えないが

相手の持っている情報は

無邪気に聞き出すことができる

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに情報を与えるとき

自分があなたにそれを本当にしてほしい時は

本当に分かりやすく丁寧に教えてくれます。

 

 

だから、今のTiaraは

自己愛性人格障害のひとが

のような話をするときは

Tiaraにこれをやってほしいんだなと

理解することができます。

 

 

反対に自己愛性人格障害のひとが

あなたに情報を隠すときは

あなたを不安にしたいか

もしくはあなたの知らないところで

あなたが不利になるように

動いているときです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとの

言っていることが

あまりにも端的だったりして

分かりにくい時は少し警戒したほうがいいです。

 

何かあなたの知らないところで

あなたの不利になるような動きをしているか

またはあなたを混乱させて失敗をさせようと

故意に働いているときです。

 

こんな時のアドバイスとして

自己愛性人格障害のひとから話を聞かず

(どうせきちんとした情報は与えてくれませんから)

自己愛性人格障害のひと以外に

人にこっそりと聞いたほうが

あなたのためになります。

 

また、あなたが

ほかの人に聞いていることを

自己愛性人格障害のひとに知られてしまうと

あなたに教えないように

周りの人に働きかけたりしてしまいますから

あなたはできるだけ自分の動きを

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

周りの人にまで働きかけられてしまうと

周囲の人までが

自己愛性人格障害のひとに

都合よく動くようになり

あなたがその場で生きにくくなりますから

できるだけあなたの要領が良いところは

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

まっすぐで正直な人が多いですから

こそこそ動くことがそもそも嫌いです。

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの動きは完全に封じ込めてしまうまで

徹底的にやるので

絶対に勝てないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という病気が

あることを知るまでは

こそこそすることが嫌いでしたから

人と話すときも自分は

間違ったことをしていないと思っていると

ほかのひとにその話を聞かれること

嫌ではありませんでしたし、

自分の行動はむしろ周りの人からも

分かりやすく動いていたほうだと思います。

 

自分を信じてもらおうと

彼には自分の行動は逐一話し

嘘をつかずその通りに行動をして

終わったら必ず彼に連絡を入れていました。

 

まさか彼がそんな病気だとは知らなかったので

Tiaraはきちんとなんでも話していれば

彼もTiaraには何でも話してくれている

と思い込んで

彼のことを完全に信じていたのです。

 

ですが、彼はなんでも報告してくれる方でしたが

彼の言った場所に彼がいたことはありませんでした。

 

彼はTiaraの行動を知っていますから

不安になったり、疑ったりされたことはありません。

 

ですが、Tiaraは彼がなぜ

彼の言った場所にいなかったのか

ずっと疑問に思っていました。

 

ですが、それは、たまたま用があって

出かけたところだったのだ、

と毎回思うようにしていました。

 

 

ですが、後から考えてみると

おかしいことがいっぱいあったのです。

 

 

今でも、彼以外の自己愛性人格障害のひとを

多く見ますが

彼らは不思議と

普段の行動はとても信頼ができます。

 

普通のひとよりも落ち着いていて

弁が立ち、何でもきちんと

話しているように見えますし

たまに冷たい態度や

突然イライラしだすところを

見ることありますが

普段は周りのひととも

温和によくコミニュケーションをとっていて

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

普通にいい人だと思っていたかもしれません。

 

イライラすることも

普通のひとにもよくあることなので

常識の範囲内だと思うでしょう。

 

ただ、Tiaraの今の職場は

初めのマウンティング行為を

Tiaraに見せてしまったので

早くに自己愛性人格障害だと気付くことができ、

Tiaraが警戒してあまりなつかないようにしていたり

近くで誰かが説教を

されているところを見たりしても

びくびくしたりせずに

堂々としてさりげなく席を外すので

Tiaraがだんだんターゲットの対象から外れてきたため

いい人を演じる時間が増えたので

今では自己愛性人格障害のいい面が出ているので

とてもよく周りの人と穏やかに

談笑しているところを見かけます。

 

 

自己愛性人格障害の元彼の

そういった行動もよく見ていたので

彼らと重なり、自己愛性人格障害だということが

とてもよくわかります。

 

Tiaraは自己愛性人格障害を知らなかったので

そんな穏やかな彼を誇らしく思っていましたし

こんな落ち着いた大人な彼についていけば

大丈夫、と

今まで感じたことのないほどの安心感を

自己愛性人格障害の彼に感じていました。

 

そのあと態度が

正反対になっていくということも知らずに。

 

それが、自己愛性人格障害の彼と一緒にいて

幸せだった理由です。

とても信じられる人でした。

 

Tiaraとうまくいかなくなることも

彼のせいではなく

彼の優しさから周りの人のことも

ほっておかないだけ

Tiaraは彼の彼女なんだから

私が分かってあげなきゃ、と

わがままを言ったことは一切ありません。

 

それでも彼が否定してきた利したときも

自分のせいでは?と思っていましたし

彼は純粋だから些細なことでも

傷ついたりするんだ、と

割れ物に触るように気を使い、

結果的に嫌なことも嫌だと

言えないようになっていきました。

 

それでも、ある日、

さすがにこれはおかしい、と思うほど

常識では考えられないようなことをするのです。

 

 

そうなったときは

どんなに優しく近づいてきたとしても

それはもう、あなたは

彼のターゲットになった証拠ですから

分かってくれた、

ともとに戻らないほうがいいでしょう。

 

どんなに穏やかに見えても

よく見ていれば不自然なことが多いことに

あなたも気づくようになるのです。

 

そうなってから彼に戻ると

今度は抜け出せないほどの

ひどいモラハラが待っています。

 

 

あなたは被害者でありながら

加害者にされてしまうのです。

 

 

その時のショックは

相当大きなものになると思いますので

気づいた時点で

少しづつ彼とは心の距離をとるようになり

自己愛性人格障害だから仕方がないと

納得できるようになると

あなたが無駄に傷つくことを

避けることができるのです。

 

 

あなたは傷つけば傷つくほど

うざくなり落ちぶれていきます。

 

常識では考えられないことが次々に起きて

理不尽な態度をとられているのに

あなたがだんだん

わかってもらいにくくなるのです。

 

 

その答えはそんなにひどいことを

恋人にする人がいるはずない、という

社会の間違った常識のせいです。

 

自己愛性人格障害なんている症状があることを

知っている人は少ないのです。

 

あなたが必要以上に

人に分かってもらいたくなってしまうのは

必要以上に理不尽に愛する人から

刃をむけられるためです。

 

せめて誰かに

分かってもらうことができればと

あなたは周りの人に理解されることを

必要以上に求めるように

なってしまうのです。

 

 

あなたのことを

本当に思ってくれる人が

そばにいる自信さえあれば

あなたの心は周りの人に

分かってもらいたいなんて思う必要もなく

安定するのです。

 

 

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人が

そばにいるとき

あなたはそんなに

人に分かってもらうことを求めないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも何をしているか

よくわかっていません。

 

ただ、何でもいいから

とことん周りにいる人を

自分よりも下に落としていないと

気が済まないのです。

 

ただ、それだけのひとに

あなたがなる必要はありません。

 

 

そしてあなたは

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

自己愛性人格障害のひとも

あなたに攻撃をしたいなんて

まったく思わなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとからコントロールされないようにするためには?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

コントロールされないようにするためには?

ということについて

お話しします。

 

 

恋をすると盲目になる、

とよく言いますが

相手のいいところしか見えなくなり

少しくらい嫌なことがあったとしても

すぐに流してしまいます。

 

 

恋愛サイトや本などに書かれている

恋人とうまくいくための方法として

「相手のいいところを見るようにしましょう」

だとか

「自分にも悪いところは必ずあるので

相手の悪いところも

分かってあげられるようにすると

お付き合いが長続きします」

などど書かれていることが多いのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいタイプのひとは

もともと相手の悪いところに関しては

寛大な人が多いです。

 

むしろ、この寛大なところが

極端すぎて

自分がとても辛い目に遭ったり

とてもひどい目にあわされてしまうとしても

我慢してしまうのです。

 

こういった被害に遭いやすいタイプの人が

普通の恋愛本などの言うとおりにしてしまうと

いい恋愛はできないので

自分がその恋愛サイトに当てはまるタイプの

人間かどうかを考えてから

実行するといいと思います。

 

ああいった恋愛サイトや本などは

誰にでも当てはまるものではないのです。

 

もともと

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

嫌と言えないことが多く

幼いころから

自分でも知らないうちに

モラハラのターゲットにされていることが

多いです。

 

だからあなたが知らない間に

自分が全く身に覚えのないようなことで

評判を

落とされている可能性があります。

 

そしてそれを自分のせいだと

まじめに考えすぎてしまうため

あなたのいいところを利用して

あなたをおとしめて

自分がいい思いをしている人に

気付けないでいます。

 

そして自己愛性人格障害のひとの特徴として

周りの人を自分の思い通りに

コントロールすることができる力により

あなたが悪く思われていることが多く

そのような経験を何度も積むうちに

あなた自身の自分に対しての自信がなくなってしまい

なんでも自分が悪いと考える悪い癖がついています。

その癖がついているために

さらに利用しやすくなっているあなたは

自己愛性人格障害のひとの都合に

めちゃめちゃ合ってしまっているので

結果、自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい性格になってしまっているのです。

 

あなたに足りないものは

なんでもうのみにしてしまい

よく考えずに

あなたが悪いと反省してしまうことにあるのですが

自分が何もしていないことに気付けない人は

そもそも相手を疑う能力に欠けているのです。

 

人間はあなたが信じた人間だけではなく

そういう素直な人間を利用する

ずるがしこい人間がいることも

良く理解したうえで

あなたが本当に悪いのかを

見つめなおす必要があります。

 

それができなければ

あなたは何度も何度も

自己愛性人格障害のひとに

狙われるようになって

何をしても努力が報われず

どんどん落ちぶれていくのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

あなたを潰すことによって

自尊心をどんどんあげていきますので

あなたを悪者にすることによって

自己愛性人格障害のひとが

他人を潰すことによって

そのポジションが空き

自己愛性人格障害のひとが

生きやすくなってしまうのです。

 

あなたはあなたを大切に扱ってくれない人のために

潰される必要はありません。

 

彼に少しでも自己愛性人格障害の

疑いが見えたときは

あなたは自分の身と心を守るために

彼からできるだけ自然に離れることを

お勧めします。

 

どうしても

すぐに離れることができない場合は

あなたが無関心になることにより

自己愛性人格障害のひとからの攻撃を受けないようにし

また自分の攻撃が通用しない人には

自分のしていることがばれてしまわないか

不安になるので

自己愛性人格障害のひとのターゲットから少しづつ

外れていき、やがては

自己愛性人格障害のひとから

あなたには

何もしたくなくなるということを目指しましょう。